人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

羽田空港に開業した大型複合施設「羽田イノベーションシティ」が自動運転開発の一大拠点に

2020.08.20

自動車業界に100年に1度の大変革をもたらすといわれている「CASE」(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)について、三井住友DSアセットマネジメントがマーケットレポートを公開したので紹介しよう。

大型複合施設「羽田イノベーションシティ」が開業

東京湾岸エリアにおける公道での実証実験の国家戦略プロジェクトにはトヨタ自動車や日産自動車などの完成車や部品企業、大学などの企業・機関が参加して、自動運転バスなどの実証実験が始まっている。

こうした中、羽田空港の旧ターミナル跡地に7月3日、研究開発と飲食店などの大型複合施設「羽田イノベーションシティ」が開業した。

鹿島や大和ハウス工業などが出資する「羽田みらい開発」が運営。今回開業した分に加えて2棟のビルを建設しており、2022年の全面開業を目指している。今後更に集積が進み、羽田空港周辺が自動運転の新たな拠点になると注目されている。

自動運転企業の拠点に

「羽田イノベーションシティ」はデンソーのほか、全国の信用金庫、中小企業も参加し、自動運転技術に関する研究施設として新たな事業を生み出す拠点として期待されている。

デンソーは、2018年にトヨタ自動車、アイシン精機と自動運転向けのソフトウエア会社を東京に設立して研究開発を進めてきたが、同所を自動運転等の研究開発を行なう新たな拠点とする。

同所は自動運転の企画・開発を行うオフィスに加え、試作品の車両への搭載等を行う車両整備棟と、実車評価用のテストコースを備えている。

これにより東京エリアにおいて、研究開発から実車実証までを一貫して進められる体制を構築し、今後の開発を加速させる方針という。

大手と中小企業の連携拡大に期待

自動運転の開発といえば、センサーや半導体が連想されるが、それ以外にも多様な基本技術が必要となる。『羽田』周辺には大田区のモノづくり企業が多数集結。

また「羽田イノベーションシティ」内には地元の中小企業を支援する施設がもうけられ、大手と中小企業の連携が期待されている。

『羽田』周辺には特区効果、アクセスの良さ、中小企業との連携などのメリットがあり、自動運転開発の一大拠点となることが期待される。
※個別銘柄に言及しているが、当該銘柄を推奨するものではない。

関連情報:https://www.smd-am.co.jp/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。