人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

子供にスマホを持たせるならいつから?気を付けたいポイントと機能制限の設定方法

2020.08.24

位置情報が確認できたり、LINEなどのアプリを利用して簡単に連絡が取れたりと、子供に持たせておくと何かと便利なスマホですが、友人間のトラブルの原因となったり、勉学をおろそかにしてしまわないかと不安もあって、なかなか購入に至らないという親御さんも多いのではないでしょうか。

そんな親御さんのために、子供にスマホを初めて持たせる際の注意点や、おすすめの運用法について紹介していきます。子供の安全を守るために、ぜひ参考にしてください。

子供にスマホを持たせるメリット/デメリット

まずは、子供にスマホを持たせることで生じるメリット/デメリットについて紹介していきましょう。

子供にスマホを持たせるメリット

スマホの基本的な機能ですが、電話やメールだけでなく、LINEなどを使用して簡単に連絡が取れるのはメリットでしょう。また、ほとんどのスマホにはGPS機能がついているので、子供のスマホの位置情報を親のスマホから確認できるように設定しておけば、いつでも子供がどこにいるのか確認できるようになります。ただし、Androidスマホの場合は、子供のGPS情報を登録するのに、別途アプリが必要なので、注意が必要です。

「学校からまっすぐ帰ってきているだろうか」
「ちゃんと塾で勉強しているだろうか」

といった心配も、スマホを持たせることで解決してしまうのは大きなメリットといえるのではないでしょうか。習い事をしている子供も多く、帰りの時間が遅い子供たちとも、連絡手段が確保できるのはありがたいですよね。

また、インターネット全盛期である“今”と“これから”を生きていく子供たちに、早いうちから「ネットリテラシー」を身につけさせられるというポイントもあります。「わからないことがあれば調べる」「ネットでこれをしていい、これをしてはいけない」といった、現代を生きる上での常識を早いうちから体験できるのも、大切なことかもしれません。

子供にスマホを持たせるデメリット

ご存じの通り、スマホはゲームや動画視聴をだれでも簡単に楽しめる便利なツールです。自制心の弱い子供がもしスマホにはまりすぎてしまうと、勉学をおろそかにしてしまったり、家族との時間をないがしろにしてしまうといったリスクはあるでしょう。

また、夜遅くまで動画を見たり、友人とやり取りしていて生活リズムが乱れてしまう可能性もあります。これにより、学校の時間に眠くなってしまったり、体に疲労がたまってしまったりしては、子供のためになっているとはいい難くなってしまいます。

最も恐れるべきは、友人間やSNSでのトラブルかもしれません。「○○君を明日から無視しちゃおう」なんてLINEを友人としていたり、はたまたその対象にされてしまったりと、いじめなどの問題を助長してしまうリスクは計り知れないでしょう。友人間だけでなく、SNSで知り合った他人と会うことも比較的簡単にできてしまいます。最悪の場合、何かしらの事件や事故に巻き込まれてしまうかもしれません。

また、スマホゲームの中には課金コンテンツが存在するものもあります。過度に使用させないために、クレジットカードの登録はせず、利用するとしてもお小遣いからにするなど、、ルールを設ける必要があるでしょう。

子供にスマホを持たせるときに気を付けるポイントは?

では、子供にスマホを持たせるときに親が気を付けなければならないポイントには、どういったことがあるでしょうか。

【子供にスマホを持たせる際のポイント】利用する上でのルールを決めよう

スマホを購入する前に、子供と話し合って、スマホを使う上でのルールを決めましょう。決めるべき項目は「1日○○分まで」とか、「ゲームに課金はしない」、「人を傷つけるような発信はしない」など、できるだけ細かく決めたほうがいいかもしれませんね。

【子供にスマホを持たせる際のポイント】機能制限を設定しよう

スマホの機種や、契約している会社によってできる範囲は様々ですが、中にはアプリごとに起動時間を制限したり、アプリや動画のダウンロードを制限できるものがあります。もちろん、有害と思われるインターネットサイトをブロックしたりもできますよ。

【子供にスマホを持たせる際のポイント】ルールを守れなかったら……

スマホを購入する前に決めたルールを守れない場合も考えられるでしょう。また、機能制限はものによっては子供が自分で制限を解除できるものもあります。そういった約束事を破ってしまった場合、多少かわいそうではありますが、一定期間スマホを没収するといった制約も必要でしょう。正しい使い方をしないと、いずれ使えなくなってしまうという大事な規則を、早いうちから教えられるの、リテラシーを育むという観点からみてもいいことかもしれませんね。

子供のスマホデビューはいつから?

子供にスマホを持たせるのは、大体何歳ごろからがいいのでしょうか。もちろん、明確に正解があるわけではないのですが、以下のようなデータがあるようです。

小学生のスマホ所有率は約40%?

2019年に行われた「東京都青少年・治安対策本部」の調査によると、小学生のスマホ所有率は約40%とのことです。半数を下回るのであれば、「スマホを持ってないから仲間外れにされる」といった心配もなさそうですね。中学生になると、所有率は一気に89.2%まで上がります。中学1年生から3年生までを含めた数字ですが、進学とともにスマホを与える家庭も多いのではないでしょうか。

家庭における青少年の携帯電話・スマートフォン 等の利用に関する調査結果報告書(概要版)

もし仮に小学生のうちから、塾や帰りが遅くなってしまう習い事をさせるというのであれば、そのタイミングで位置情報を確認するためにスマホを持たせるのもありでしょう。しかし、そういった予定もないのであれば、無理にスマホを持たせる必要もないのかもしれません。進学のタイミングで、適切なルールとともにスマホを持たせるのがベターなのではないでしょうか。

※データは2020年7月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤 文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。