人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大人の新しい社交場!?東京・竹芝にオープンした商業施設「アトレ竹芝」の気になる中身

2020.08.19

アトレは、2020年6月17日(水)に一部先行開業した「アトレ竹芝」をグランドオープンした。(一部店舗8月23日、9月1日オープン)※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、当初予定の2020年7月14日(火)から変更。

先行開業しているタワー棟に加え、今回新たにシアター棟が開業。シアター棟は、都心のコミュニティを作り出す新しい時代の社交場として「成熟した感度をもつ大人」の好奇心を「体験・体感」を通して満たすことのできる施設だ。

新たな時代の出会いを作るコミュニティスペースや大自然をテーマとした子供のためのエンターテイメント施設など6店舗と併せて、タワー棟に老舗フレンチレストランがオープン。

8月23日(日)には、シアター棟に日本初のソーシャルエンターテイメントを体験できるミュージアムと子供専用フォトスタジオの2店舗。9月1日(火)には、タワー棟に心身の美と健康をサポートする医療モール、ネイルサロンなどがオープンする。

《OPEN店舗》

【Digital Park LUXY(デジタル パーク ラグジィ)】

・新業態/アトレ初出店 株式会社コーエーテクモウェーブ(シアター棟)

「Digital Park LUXY」は、多種のお酒やドリンクを楽しみながら遊べるエンターテイメント施設。リアリティ溢れるクレー射撃やアーチェリーなど、新感覚のデジタルスポーツシミュレーションを用意し、ラグジュアリーな時間を提供。気軽に楽しめるBarも併設している。

【CULAFUL(キュラフル)】

・新業態/アトレ初出店 株式会社トランジットジェネラルオフィス(シアター棟)

大自然をテーマとした、感性を育み新たな好奇心が芽生える子供のためのエンターテインメント施設、URBAN・KIDS・ADVENTURE「CULAFUL」。CULAFULは、キッズパーク・キッズルーム・カフェの3つのエリアで構成されている。

キッズパークは、自然の中に解き放たれたような遊び場と、パノラマ投影された映像を通して、都心では味わうことのできない大自然を疑似体験することができる。

キッズルームは、大人が自由に施設を楽しめるよう、一時お預かり機能を備えた。誰でも利用可能なカフェでは、自然をモチーフにした子供も大人もピクニック気分を楽しめるメニューを用意。

スペシャルキッズメニューとして、星付きフレンチレストラン『Sincere(シンシア)』の石井真介シェフが監修するキッズプレートとデザートセットも登場。様々なイベントに合わせてパーティープランの利用も可能だ。

また、定期的に、子供たちの好奇心や創造性をかきたてる食とアートを掛け合わせたワークショップを開催する。

【SHAKOBA(シャコウバ)】

・新業態/アトレ初出店 株式会社リビタ(シアター棟)

「SHAKOBA」は、住む・働く・旅するなど、くらし・生活をリノベーションし、これまで様々なコミュニティを生み出してきたリビタが、令和時代の“社交場”を目指してオープンするコミュニティスペース。

様々な用途で利用できるホールやレンタルスペースを中心に、日本独自のエンターテイメント文化であるカラオケやスナック、気軽に楽しめるフード&ドリンクをコミュニケーションを円滑にするツールと位置づけ、ひとりでもみんなでも楽しい時間を過ごすことができる場をつくった。

日常がちょっと特別になる、新たな”SHAKO(社交)”が生まれる場づくりに挑戦する。(カラオケ機材協力:JOYSOUND)
※新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2020年9月末までをソフトオープン期間と位置づけ、法人向けに営業。営業中は誰でも内覧可能だが、レンタルスペースの一般への貸し出しは2020年10月からを予定(変更の可能性あり)。

【ユースシアタージャパン】

・株式会社YTJ(シアター棟)

国際社会における日本の存在感を維持するため、文化発信の担い手となる若者を育成していきたいという想いから、2005年に「文化の発信」「人材の育成」を掲げ、ユースシアタージャパンを設立した。

一つの劇団活動にとどまらず、主体的に自らの考え・想いを表現し伝えるための発信力・表現力を身につける。そしてその力を源に、国際社会で活躍できる若者を育成し、教育全体に対して良い影響を与える事も団体の目標としているという。

そのような活動の中で、日本から世界に向けて発信できるコンテンツやパフォーマンスの制作、表現に関する交流ができるプラットフォームをつくり、社会に貢献することを目指す。※YTJ劇団員専用のスタジオ。

【パッパガッロ】

・新業態/アトレ初出店 株式会社ミキインターナショナル(シアター棟)

1985年にオープンし、イタリア料理ブームの火付け役とも言われた『パッパガッロ』が進化して戻ってきた。当時の人気メニューベスト5はそのまま。イタリア製石窯で焼き上げたミラノ協会認定・薄焼きピザもオススメ。

また、イタリア直送チーズや自家製パスタ、イタリアのワイナリーから直送&ソムリエが厳選したワインも楽しめる。窓辺からはハーバーの眺めも愉しめ、天気の良い日にはテラス席でも食事できる。

【タリーズコーヒー】

・タリーズコーヒージャパン株式会社(シアター棟)

シアトル発祥のスペシャルティコーヒーショップ。世界各国より厳選した豆を使い、国内で焙煎。エスプレッソはオーダーが入ってから一杯一杯丁寧に手動のマシンで抽出し、すべての工程において最高の品質を追求。

ドリンクメニューは約30種類用意しており、シロップやホイップ、アイスなどのトッピングも可能。コーヒーに良く合うフードメニューも充実。モーニング・ランチ・スイーツプレートと時間帯ごとのセットメニューも人気。

【SUD Restaurant / TERAKOYA(スッド レストラン / テラコヤ)】

・新業態/アトレ初出店 株式会社寺子屋(タワー棟)

1954年創業のフレンチレストランTERAKOYAが、海と緑を前にしたこのWATERS takeshibaで新たな提案。

SUD Restaurantの料理は、エグゼクティブシェフ間(はざま)が考える『Innovative/イノヴェーティヴ』・『Natural/ナチュラル』・『Traditional/トラディショナル』の3つのセグメントから構成される。

これらを組み合わせたガストロノミックなコースと、それぞれの持つキャラクターが際立つアラカルトを用意。

テラスで飲む一杯のシャンパーニュから、居心地の良いバーラウンジまで…ゲストのニーズに合わせた複数の”ZONE“からなるファイン・ダイニングだ。

SUDの使い方は利用者次第…さまざまな用途に利用可能。店内には、シェフとの友情により生まれた、プラントハンター西畠清順氏による創作庭や世界的デザイナー澄川伸一氏、有田の名工寺内信二氏の器など、随所にこだわりがちりばめられている。

《第Ⅱ期 8月23日(日)OPEN店舗》

【ダイアログ・ミュージアム「対話の森」】

・日本初出店 一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ(シアター棟)

見えないからこそ、みえるもの。聞こえないからこそ、聴こえるもの。老いるからこそ、学べること。世代やハンディキャップ、文化や宗教、民族など、世の中を分断しているたくさんのものを体験(出会い)と対話によってつなぎ、ダイバーシティを楽しみながら体感するミュージアム。

開業時には、2つのプログラムを開催。静けさの中で聴覚障害者とともに表情やボディランゲージでコミュニケーションを楽しむ「ダイアログ・イン・サイレンス」、そして真っ暗闇のエンターテイメントとして知られ、22万人以上が体験した「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」を「ダイアログ・イン・ザ・ライト」として期間限定アレンジ。

暗闇の会場に明かりを灯し初公開。視覚障害者とともに「旅」をしながら私達に眠る五感と、人と出会い対話することの楽しさや豊かさを再発見する、withコロナの今だからこそ社会に必要なソーシャルエンターテイメントだ。

【ラヴィ・アンファン】

・アトレ初出店 株式会社レック(シアター棟)

「ラヴィ・アンファン」は、株式会社レックが展開するブライダルフォト事業「ラヴィ・ファクトリー」がプロデュースする子ども専用フォトスタジオ。「いつかの私たちへ今日を届ける」Photo is Letterをコンセプトに、未来へ進んでいく子供達に向けての贈り物として、家族に寄り添いながら撮影。

スタジオは、ナチュラル空間のパティオ、窓から差し込む光を有効に活用できるメゾン、秘密の小部屋を備えるプレイング・ルーム、フランスの屋根裏部屋をイメージしたアンティーク・ルームと4つの世界観があり、撮影内容に応じてシチュエーションを変える事で、子供の表情が豊かになり思い出深い写真を残せる。

デジタルカメラの普及に伴い「街の写真館」が少なくなってきている今だからこそ、ブライダル撮影で培ったノウハウを子ども専用スタジオに活かして、大切な記念日を彩る新たな価値を提供する。

《第Ⅱ期 9月1日(火)OPEN店舗》

【SPANAIL(スパネイル)】 株式会社ノンストレス(タワー棟)

SPANAILは、首都圏を中心に展開しているネイルサロン「ネイルクイック」の姉妹店。ネイル専門店として、爪の健康を考え、商品に含まれる成分にこだわって、爪と肌にやさしいジェルネイルや良質なケア商品を選んでいる。

緑と水辺を臨む開放的な空間の中で、小さな爪の先に一緒に向き合い「ゆびさきの、そのさきへ。」ささやかな幸せを感じてもらえるようなサービスを提供。

【竹芝水辺のクリニック】(タワー棟)

竹芝水辺のクリニックは、かかりつけ医として幅広い“一般内科”と専門診療である“腎臓内科”を合わせ持ったクリニック。内科全般の色々な症状で悩んでいる人、高血圧・糖尿病などの生活習慣病を持っている人、健康診断でコレステロール・中性脂肪・尿酸などの異常を指摘され2次検査を希望される人など、気軽に相談できる。

腎臓内科では、知識と経験を持った専門医に、診療所の気軽さで受診することが可能。蛋白尿やクレアチニンが高く腎臓病が疑われた人、まずは相談を。

患者さんの話を丁寧に聞き、診察や検査で得られた結果の意味・現在の病状・今後予想される病態などを説明。そして、一人一人の病状や暮らしに合った治療法を提案。

当院では院内感染にも配慮し、Web予約やオンライン診療も導入。各種健康診断や予防接種は電話にて予約できる。

【フォーシーズンズ 美容皮膚科クリニック】(タワー棟)

フォーシーズンズという名前には、保湿力が低下する「春」、紫外線の気になる「夏」、自律神経が乱れやすい「秋」、乾燥の気になる「冬」も、患者さまが四季を通じて笑顔で歩けるようになって欲しいという想いを込めている。

当クリニックではカウンセリングで患者と気持ちを一体化し、患者に寄り添い、悩みの原因に合わせたオーダーメイド治療を行っている。

さらに最新の再生医療により、「トータルデザイン」×「細胞の時計の針を戻す」=悩みの根本から治療することで、四季を通じて笑顔になれる、満足のいく結果を生み出せるよう尽力。

【ファーマライズ薬局】(タワー棟)

ファーマライズ薬局は、従来の“調剤薬局”のイメージにとらわれない、新時代のファーマシー・ショップ。一般用医薬品はもちろん、アロマやサプリメントなど、生活を豊かにするグッズを多数取り扱っているので、処方せんがあってもなくても、気軽に立ち寄れる。

アロマの効能や薬とサプリの飲み合わせなどの相談も、専門の薬剤師が対応するので安心。地域のヘルシーライフ・サポーターとして、利用者の健康維持、予防医療を手伝う。

【オリーブ歯科・矯正歯科】(タワー棟)

オリーブ歯科は、2005年11月にオリーブ歯科・矯正歯科としてスタート。オリーブは「平和のシンボル」とされ、「あらゆる効能を持つ長寿の秘薬」として重宝されてきた植物。

すべての患者が、一生を通じて健康で楽しい食生活を送ることができるように手伝いできればと考え、命名した。

これまで積み上げた患者からの信頼・治療実績は、経験値を増やしたことで得た多くの症例で次の治療に活かす技術習得になっている。

この技術共有を行うことで、オリーブ歯科・矯正歯科のドクターは他を圧倒する知識と技術を持っているという。積み上げた知識、積み上げた技術で職人として歯科治療に臨み、アートと呼べる仕上がりの美しさを提供。

《第Ⅱ期 9月上旬OPEN店舗》

【BANK30(バンクサーティー)】

・新業態/アトレ初出店 AFT株式会社(シアター棟)

「BANK30」はアーバンラグジュアリーをテーマに、異なる3つのエリア「CLUB BANK30」、「BANK30 BAR&KITCHEN」、「BANK30 THE ROOM」から構成され、上質なお酒と食事、洗練されたアートパフォーマンスとDJセレクトによる音楽を、自然と都市の魅力を兼ね備えたウォーターフロントのロケーションで楽しめる。

都心にいながらリゾートを味わえる特別な場所。「BANK30」は東京のベイエリアの新たな遊びを演出。開業時は新型コロナウイルスの影響からソフトオープンとして、「BANK30 BAR&KITCHEN」のみ営業開始。年内に順次各スペースもオープン。

【HADO(ハドー)】(シアター棟)

・AR技術を駆使した新世代テクノスポーツスタジアムを期間限定オープン

HADOとは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、AR(拡張現実)技術を使ったスポーツ。エナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦。
参考動画リンク:https://youtu.be/TjbtH_MxDQI
<開催概要>
・場所:シアター棟 1階 ポップアップスペース
・期間:8/7(金)〜8/30(日) 11時〜20時

■「アトレ竹芝」施設概要

施設名:アトレ竹芝
所在地:
・タワー棟 東京都港区海岸1丁目10番30号
・シアター棟 東京都港区海岸1丁目10番45号
営業時間:11:00~22:00 ※一部店舗により異なる
階数:タワー・シアター棟 各エリア1~3階
店舗面積:約7,800㎡
アクセス:
浜松町駅(JR・モノレール)北口 徒歩約6分
大門駅(地下鉄大江戸線・浅草線)B1出口 徒歩約7分
竹芝駅(ゆりかもめ) 徒歩約3分
URL:https://www.atre-takeshiba.jp

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。