小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

5G対応モデルも!ソニーがSIMフリースマホ「Xperia 1 II」「Xperia 1」「Xperia 5」3機種を投入

2020.08.18

コンパクトな4G対応SIMフリースマートフォン「Xperia 5」

 「Xperia 5」は2019年9月にグローバル向けに発表され、国内向けにはNTTドコモ、au、ソフトバンク向けに供給されたフラッグシップラインのモデル。同年2月発表されたXperia 1の高性能をひと回りコンパクトなボディに凝縮し、幅68mmの持ちやすいサイズを実現している。

Xperiaシリーズのフラッグシップラインのコンパクトモデル「Xperia 5(J9260)」。ブルー、グレー、ブラック、レッドの2色展開。価格:6万9000円(税別)、発売:2020年8月28日

 今回、オープン市場向けに発売される「Xperia 5(J9260)」は、NTTドコモ、au、ソフトバンク向けに供給されたものと基本仕様が共通となっている。縦横比21:9の約6.1インチのフルHD+/HDR対応有機ELディスプレイを搭載し、迫力のある映像コンテンツを楽しんだり、画面を分割表示して、複数のアプリを同時に利用できるようにしている。

 カメラは高い評価を得たXperia 1の望遠、標準、超広角のトリプルレンズカメラを継承し、背面の上部左側に搭載し、デジタルカメラのαシリーズで培った瞳AFをはじめ、最大10fpsのAF/AE追従高速連写、夜景にも強い高感度撮影などの撮影機能も搭載される。

 チップセットは米Qualcomm製Snapdragon 855を搭載する。メモリーとストレージはRAM 6GB、ROM 128GBの構成で、ストレージはNTTドコモ/au/ソフトバンク向けよりも増やされている。SIMカードは2枚のnanoSIMカードを装着可能なデュアルSIMに対応するが、2枚目のnanoSIMカードはmicroSDメモリーカードとの排他利用になる。ネットワークは4G LTE/3G/GSMに対応し、4Gについては国内各社のバンドに対応する。

 本体には3140mAhの大容量バッテリーを内蔵し、IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防塵に対応し、指紋認証センサーも備える。おサイフケータイには対応しているが、NTTドコモ/au/ソフトバンク向けと違い、フルセグ/ワンセグには対応していない。ボディカラーはブラック、グレー、ブルー、レッドがラインアップされている。本体には3.5mmオーディオジャックを備えていないため、パッケージには3.5mmイヤホン変換ケーブルが同梱される。

「Xperia 5」のスペック一覧

ソニーストア限定で補償サービス「Xperia ケアプラン」を提供

 今回発売される3機種は、いずれもソニーストアや一部の量販店、Eコマースを通じて販売される。

 これらの販路の内、ソニーストアでは交換サービスや修理サービスが利用できる「Xperia ケアプラン」という補償サービスが提供される。各携帯電話会社で販売される端末は、各社の補償サービスに加入し、交換や修理などの補償サービスを受けられるが、オープン市場向けに販売される端末は、こうした補償サービスを提供するものが少なく、修理などが高額になってしまうケースが多い。

 ソニーによると、昨年発売した「Xperia 1 Professional Edition」を購入したユーザーを対象にしたアンケートでも2年以上の長期保証や紛失時の金銭補償などを重視する声が多かったため、今回のサービスを提供することに至ったという。

 料金は月払いが500円、年払いが5000円で、Xperia購入時にいっしょに申し込む必要があり、My Sony IDに登録したクレジットカードから支払う。Xperia ケアプランのみを単独で申し込むことはできない。

 Xperia ケアプランの交換サービスは、故障や水濡れ、全損などのトラブルが起きた時、端末を同等機種と有償で交換できる。負担金はXperia 1 IIが1万円(税別)、Xperia 1とXperia 5が7000円(税別)で、利用回数は年2回までに制限されている。

 Xperia ケアプランの修理サービスは、故障や水濡れ、全損などのトラブルが起きた時、端末の修理を受けられるもの。修理時の負担金は上限額が5000円(税別)に設定され、利用回数の制限がないため、何度でも修理が受けることができる。

ソニーストアで提供される「Xperia ケアプラン」では、端末の故障や水濡れ、全損などのトラブルが起きたいとき、有償で端末の交換や修理が受けられる

取材・文/法林岳之

Web媒体や雑誌などを中心に、スマートフォンや携帯電話、パソコンなど、デジタル関連製品のレビュー記事、ビギナー向けの解説記事などを執筆。解説書などの著書も多数。携帯業界のご意見番。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。