人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Jetson Xavier NX搭載で最大6ARMコア利用可能!最大21TOPSの能力を誇るNVIDIAの世界最小AIスーパーコンピューター「Jetson Xavier NX」

2020.08.21

NVIDIAの最新高性能プロセッサー搭載製品を世界でいち早く製品化!

サーバーレベルのコンピューターパワーに匹敵する最大21TOPS(21兆オペレーション/秒、消費電力15W)の能力を誇る世界最小のAIスーパーコンピューター「NVIDIA Jetson Xavier NX」を紹介したい。

最適化された放熱と電源のソリューション

NVIDIAの公式仕様及び比較によると、Jetson Xavier NXはJetson Nanoよりもおよそ3倍の消費電力となるため、熱による問題を防ぐために従来とは異なる熱設計が必要になる。

またこの高い消費電力を考慮した電源設計も必要だ。AAEON Technology Inc.のJetson Xavier NX搭載ファンレスAIエッジコンピューターシリーズは、既にこれらの課題が考慮された設計となっているため、新たなハードウェア設計をする必要はなく、そのまま使うことができる。

高い性能とコストパフォーマンス

AAEON Technology Inc.のJetson Xavier NX搭載AIエッジコンピューターシリーズは、以下のように高性能かつコストパフォーマンスが非常に高い、ポテンシャルを持っている。

 最大6 ARMコアが利用可能

Jetson Xavier NXは最大6個のARMコアが利用でき、電力やコア数の調整により様々なパフォーマンスモードが存在する。Mode 2の6アクティブコア/15W消費電力時では、NVIDIA公式FE16ベンチマークにおいて、Jetson TX2と比較して約5倍のパフォーマンスを発揮。NVIDIAは、この動作モードを管理するためのGUIを提供する。

GLmarkベンチマーク性能

GLmarkベンチマークにおいて、高価格モデルのJetson AGX Xavierは7,000ポイントに対し、Jetson Xavier NXは開発途中のイメージながら4,200ポイントのスコアを出した。公式リリース後に最適化されたイメージでは、より高いスコアをJetson AGX Xavierよりもかなり安価に提供することができる。

高いGPU性能

GPU負荷試験において、Jetson Xavier NXは最適化されていない開発中のOSながら、16チャネルを60FPSで同時実行することができた。

またGeForce GTX1050 Tiを最低動作要件とするゲームアプリケーションの実行テストでは、30~40FPSのフレームレートでスムーズに動作する。

高温環境でも安定した動作

Jetson Xavier NXに最適化された放熱設計により、高い温度環境下でも熱によるCPU/GPUのスロットリングを抑制し、信頼性の高いパフォーマンスを実現する。

現在、V-net AAEONにて取り扱い中。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。