人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自宅のネット環境が不安定…Wi-Fi環境を改善する時に見直すべきポイントと悩み解消アイテム8選

2020.08.17

バッファロー『AirStation connect WTR-M2133HS/E2S』

 テレワークを経験して、自宅のネットワーク環境に不満を感じた人も少なくないはず。実際にテレワークを実践した企業が社員に実施している調査でも、通信状況の悪さからコミュニケーションに不都合を感じたという声が多く寄せられている。そこで、この機会に、光回線やプロバイダーとともに見直したいのが、宅内のWi-Fiだ。

 最新のWi-Fi規格は「Wi-Fi6」と呼ばれるIEEE 802.11ax。規格の理論値では最大9608Mbpsで、すでに発売中のルーターも、4804Mbpsを実現するなど超高速。ただし「Wi-Fi6対応機器がすべて、この速度をサポートしているわけではない」とテクニカルライターの山口真弘さんは話す。

「手持ちのスマホやPCが対応していなければ、コスト高になるだけ。Wi-Fiルーターは同じ規格に対応する製品でも、世代を重ねればそれだけ性能が上がって筐体は小さくなり、価格が下がることもよくあります。まずは設置場所の見直したり中継器などで状況を改善できるか試してみましょう。買い替える際もまずは手持ちの機器の対応状況を確認することをおすすめします」

おすすめの中継器

コンセント直差し

アイ・オー・データ機器『WN-AC1167EXP』

アイ・オー・データ機器『WN-AC1167EXP』6600円

ほかのコンセントをふさがない小型設計。11ac規格に対応し、理論値で867Mbpsの高速通信を実現する。ワンボタンでつながるWPS対応。

据え置きもできる!

バッファロー『AirStation WEX-1166DHP2』

バッファロー『AirStation WEX-1166DHP2』8300円

コンセント直差しと据え置きのどちらでも使える。中継時には2.4GHzと5GHzの異なる周波数帯を中継可能。速度が落ちず快適に通信できる。

おすすめのメッシュWi-Fi

親機1台+子機2台

バッファロー『AirStation connect WTR-M2133HS/E2S』

バッファロー『AirStation connect WTR-M2133HS/E2S』オープン価格(実勢価格約4万3950円)

簡単にメッシュ環境を構築できる、親機と子機2台のセット。ネットワークを守るセキュリティーサービスもバンドルされていて安心だ。

親子兼用2台

NETGEAR『Orbi RBK50-200JPS』

NETGEAR『Orbi RBK50-200JPS』オープン価格(実勢価格約3万3000円)

スマホの専用アプリを使って、接続機器の管理やペアレンタルコントロールも可能だ。インテリアになじむオーバルなフォルムも特徴だ。

おすすめの80MHz対応モデル

スマホとの相性がいい

バッファロー『AirStation WSR-1800AX4-BK』

バッファロー『AirStation WSR-1800AX4-BK』オープン価格(実勢価格約9790円)

コスパに優れたエントリーモデル。5GHz 2本、2.4GHz 2本のアンテナを内蔵。スマホのバッテリー消費を抑える便利な機能も搭載している。

初期設定がラク

 アイ・オー・データ機器『WN-DAX1800GR』

アイ・オー・データ機器『WN-DAX1800GR』オープン価格(実勢価格約9650円)

上下・左右・奥行き360度全方向に電波が放出されるよう最適化されたアンテナを内蔵。つながる回線を自動的に判別する機能も備える。

おすすめの160MHz対応モデル

本体カラーが新鮮

バッファロー『AirStation WSR-5400AX6-CG』

バッファロー『AirStation WSR-5400AX6-CG』オープン価格(実勢価格約1万8000円)

大容量のデータを送信できる5GHzや160MHzに対応。Wi-Fiルーターでは珍しく2つのカラーから選べるのもポイントだ。

高機能で高コスパ

NETGEAR『Nighthawk AX4 RAX40-100JPS』

NETGEAR『Nighthawk AX4 RAX40-100JPS』オープン価格(実勢価格約1万7000円)

160MHzに対応し、最大2976Mbpsの通信が可能。アプリで簡単にセットアップできるのも便利だ。HDDがつながるUSB端子を備える。

取材・文/太田百合子

 現在発売中のDIME最新号の大特集は「家ナカ オフィス改造計画」。夏休みの間にやっておきたい、家の中のプチ改造や整理・収納などのハウツーを実例を交えながら、徹底解説。また「食材宅配サービス徹底検証」「通勤で使える最新自転車カタログ」など、今、知りたい企画が盛りだくさん。また、もれなく付いてくる特別付録が話題。スマホを使って、肉眼で見えないものがはっきりと見える……そんな魔法のようなアイテム「90倍スマホ顕微鏡」は夏の自由研究にピッタリのスグレモノ。ぜひ、お近くの書店、オンライン書店でお買い求めください。

■関連情報
https://dime.jp/genre/946849/


<ご購入はコチラ>
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B08C7KRMKJ/
楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/16379536/
7net https://7net.omni7.jp/detail/1220288214
※電子版には付録は同梱されません。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。