人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型コロナ感染予防策で困っていることTOP3、3位抗菌・除菌グッズを何度も買い替える手間、2位出費、1位は?

2020.08.14

新型コロナウイルスの感染拡大によって高まる感染予防への意識。コロナ禍以前に比べて、「抗菌・除菌グッズを買うようになった」「換気を頻繁にするようになった」など、具体的な対策を講じるようになった人は多いに違いない。

そんなウイルス対策に関する意識調査がこのほど、7月1日(水)~ 2020年7月2日(木)の期間、有限会社サプライズにより、全国の一般男女1,120人を対象として実施されたので、その結果を紹介していきたい。

新型コロナの影響!?8割以上が「感染対策をしないと不安」と回答

はじめに「新型コロナウイルス感染拡大前に比べて、予防や除菌・抗菌についての意識は強くなりましたか?」と質問したところ、8割以上が『強くなった(47.1%)』『やや強くなった(38.1%)』と予防や除菌・抗菌についての意識が強くなったと回答した。

次に、「感染予防対策をしないと不安に感じることがありますか?」と質問したところ、8割以上が『不安に感じる(36.2%)』『少し不安に感じる(46.2%)』と不安に感じていることがわかった。やはり不安に感じている人が大多数のようだ。

さらに、「新型コロナウイルスの感染拡大後に新しく対策をしたことはありますか?」と質問したところ、『除菌・抗菌スプレーの使用(39.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『定期的に換気をする(31.3%)』『除菌・抗菌シートの使用(17.7%)』『空気清浄機の設置(4.4%)』となった。

具体的に講じている対策を尋ねると、以下のような回答が寄せられた。

・体温を計る。体調の変化を意識し、無理をしない(20代/女性/北海道)
・食料品の買い物を週一回にする(20代/男性/熊本県)
・トイレ、玄関、台所、洗面台、リビング全てにアルコール消毒設置(20代/女性/愛知県)
・外から帰宅したらすぐお風呂に入る(30代/女性/鹿児島県)

感染予防対策での弊害とは?

「抗菌・除菌・感染予防グッズなどに使うお金は増えましたか?」と質問したところ、6割以上が『かなり増えた(22.4%)』『増えた(43.9%)』と回答した。

そこで、どのくらい増えたか聞いたところ、『~5,000円程度(64.2%)』『5,000~10,000円程度(25.8%)』と回答した方が多いことがわかった。

続いて、「緊急事態宣言発令中に除菌・予防グッズで買うのに困ったものは何ですか?」と質問したところ、『除菌スプレー(36.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『除菌シート(21.8%)』『除菌ジェル(16.8%)』『持ち運び用除菌スプレー(8.6%)』となった。

また、「感染予防対策で困ったことは何ですか?(上位3つ選択)」と質問したところ、『除菌グッズが売り切れていることが多いこと(74.1%)』と回答した方が最も多く、以降、『出費がかかる(62.7%)』『何度も買い替える必要があること(52.3%)』『アルコール消毒などで手が荒れてしまうこと(49.8%)』『家庭用と持ち運び用の両方を買わないといけないこと(36.1%)』『ゴミの処分が大変(18.7%)』と続いた。

感染予防グッズが品切れの状態が続いたり、購入するための出費が増えたりと感染予防対策をするにあたって不満に感じている人が多いことがわかった。

最後に、「これからも感染対策を継続していきますか?」と質問したところ、9割以上が『引き続き対策していく(57.0%)』『少し緩めつつ対策していく(36.2%)』と感染対策を継続していくことがわかった。

<調査概要:「家庭でのウイルス対策」に関する調査>
【調査期間】2020年7月1日(水)~ 2020年7月2日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,120人
【調査対象】全国の一般男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

出典元:有限会社サプライズ

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。