人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

映画や舞台のチケット購入もお得になるって知ってた?チケット優待が受けられる「エポスカード」のメリット

2020.08.19

丸井グループが発行している「エポスカード」は、日本全国の店舗との提携により様々な優待を受けることができるカードであるが、映画や舞台・ライブなどのチケットを購入する際にもお得な優待を受けることができる。そこで今回は、エポスカードのチケット優待についてわかりやすくご紹介していく。

【参考】街でおトク|クレジットカードはエポスカード

エポトクプラザとは

「エポトクプラザ」は、エポスカード会員限定の優待サイトであり、このサイトでは映画やミュージカル、演劇などの舞台、コンサート、ライブ、お笑い、歌舞伎、イベントなどのさまざまなチケットを購入する際に優待を受けることができる。

【参考】エポスカードのご優待|エポトクプラザ

一般、先行販売より早く販売される場合も

エポトクプラザは各種チケットを購入する際のちょっとした穴場としても知られている。

・一般、先行販売よりも早くチケット販売が開始される場合もある
・定価よりも安くチケットを入手できる場合あり
・取り扱いジャンルが幅広い
・会員限定貸し切り公演やバックステージツアーなどのスペシャル特典も

エポスカードは独自のチケット枠を持っているため、通常では手に入りにくいチケットを入手できる可能性があるのも、大きな魅力だろう。

お得に座席確保! 宝塚好きな人には魅力的

こちらも人気が高いため、席の確保が難しい公演も多い宝塚。エポトクプラザでは、宝塚の取り扱いが多いため、宝塚好きな人にとってはそれだけでも魅力的なカードといえるだろう。ちなみにエポトクプラザでの宝塚のチケット取り扱いは、ネット申込限定の先着順となっている。

※新型コロナウイルス感染拡大の影響で公演スケジュールの急な変更や中止が行われる場合があります。詳細は各主催者の公式サイトをご確認ください。

エポスカード優待で映画鑑賞

エポスカードには映画館の割引優待や特典もついている。「映画が安く観られる!」と思った人も多いと思うが、映画館によって割引額や特典内容が異なる。適応される劇場はマルイに入っている映画館というわけではなく、予約の仕方も通常チケットと異なるので注意が必要だ。

【参考】映画館|検索結果|エポトクプラザ

※新型コロナウイルス感染拡大の影響で上演スケジュールの急な変更や中止が行われる場合があります。詳細は各主催者の公式サイトをご確認ください。

ユナイテッド・シネマ/シネプレックスの場合

全国のユナイテッド・シネマとシネプレックスでは、大人通常1800円の映画チケットを、エポトクプラザから共通映画鑑賞券を購入すると、いつでも1300円となる。また、中学生以下の方の場合は通常1000円の共通映画鑑賞券が800円になる。

ただし、優待価格でのチケットの購入は、エポトクプラザで購入した場合に限り、上記の優待は当日一般価格のみが対象。IMAXデジタルシアターならびに4DX、3D作品を鑑賞する場合は、劇場窓口で上記優待価格との差額を支払う。

【参考】ユナイテッド・シネマ/シネプレックスのご優待|エポトクプラザ

エポスカード提示で割り引きを受けられる映画館も

上記で説明したように、基本的にはエポトクプラザで購入した場合に限り、割引が適用されるが、一部例外も存在する。神奈川県川崎市の「チネチッタ」、千葉県柏市の「キネマ旬報シアター」、「吉祥寺オデヲン」など一部の映画館では、エポスカードを受付に提示すれば割引優待が受けることができる。

【参考】チネチッタのご優待|エポトクプラザ

キネマ旬報シアターのご優待|エポトクプラザ

吉祥寺オデヲンのご優待|エポトクプラザ

通常カードは年会費無料なので持っておくと便利

エポスカードの通常カードは年会費無料であるだけでなく、18歳以上であれば専業主婦やパート・アルバイト、高校生を除く学生の方でも申し込むことができる。その一方で、多くのチケット優待を受けられるため、コンサートやイベントなどに行く機会が多い方なら、持っておくと便利なカードになるかもしれない。

※データは2020年7月下旬時点での編集部調べ。
※本記事はカードの利用を推奨する目的はありません。あくまで自己責任にてお願いします。

文/praia

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。