人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

−20℃~5℃まで1℃単位で温度を調節できるのが便利なハイアール「262ℓ冷凍冷蔵庫JR-NF262A」

2020.08.16

ハイアールの「262L冷凍冷蔵庫(JR-NF262A)」は、-20℃~5℃まで1℃単位で温度調節が可能な変温室「セレクトゾーン」を搭載し、クラス最大127Lの大容量冷凍室を実現する。食材を多めにストックしておきたい家庭には最適だろう。

1℃単位の温度調節や、最大127Lの大容量冷凍室を搭載したハイアールの冷蔵庫

最大の特徴は、-20℃~5℃まで1℃単位で温度調節が可能な34Lの変温室「セレクトゾーン」。冷凍から冷蔵まで、34Lのスペースを、自分のライフスタイルに合わせて自由に活用することができる。

たとえば、「ソフト冷凍」(-8℃)なら食材を柔らかい状態で冷凍するので下準備が不要。解凍を待たず、すぐに調理に取り掛かることができる。

肉や魚は切る・はがすことが簡単にでき、作り置きのソースやシチューも容器のまま保存し、必要な分だけを簡単にすくうことができるので、調理の時短にも役立つ。

その他にも、チーズやヨーグルトなど発酵が進みやすい食品を凍らせることなく保存できる「チルド」(0℃近辺)や包丁で切れる状態で肉や魚を新鮮に保存する「パーシャル」(-3℃近辺)、一般冷蔵室のスペースを増やすことができる「野菜(冷蔵)」(2℃~5℃)としても使用可能だ。

もう一つの特徴は、「セレクトゾーン」を「冷凍」(-18℃)に設定することで実現する、127Lの大容量冷凍室。買い物カゴ3.8個分の食品を収納できるので、料理の作り置きやまとめ買いにも便利。また、整理整頓しやすい「区っ切り棚冷凍室」を搭載。

仕切り棚を設け、クリアバスケットにすることで、見やすさ・探しやすさ、そして、取り出しやすさにこだわった。

冷蔵室にも「高さ調節可能トレイ」や2Lペットボトルが5本入るドア内側の「すっきりポケット」が付いているなど、ユーザーが使いやすい仕様に。ふたり暮らしビギナーや忙しい共働き世帯など、幅広いご家庭の様々なくらしにフィットする商品といえる。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。