人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ジオン推しの聖地となるか!?体験型レストランに生まれ変わった「GUNDAM Café TOKYO BRAND CORE」

2020.08.14

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

ガンダムの世界観に浸れる仕掛けが随所に

2010年にオープンしたガンダムカフェ1号店「ガンダムカフェ秋葉原」が、店舗面積を約4倍拡張して「GUNDAM Café TOKYO BRAND CORE」として新生オープンした。同店のリニューアルは初となる。

ガンダムの世界観をイメージした近未来的な空間で、レストランエリア、Zeon’s Diner TOKYO、グッズショップ、fortuneLatte Cafeの4つのエリアで構成されている。改装前のガンダムメニューを楽しむカフェから、映像や最新技術を組み合わせて、より世界観に浸れるスポットに変身した。

〇レストランエリア

宇宙戦艦内の食堂をイメージしたレストラン。全長約18mのマルチモニターを宇宙戦艦の窓に見立て、宇宙の景色を眺めながら食事が楽しめる、五感でガンダムの世界が体験できるエリア。艦橋から見えるモビルスーツやスペースコロニーなど迫力のある映像は、GUNDAM Caféだけでしか見られない、一部に新作映像も含まれる約60分の特別編。ガンダム作品の名場面、主題歌特集などガンダムの世界をより深く楽しめる映像となっている。

提供するメニューはガンダムの世界観や、劇中に登場した料理、キャラクターやモビルスーツをモチーフにしたメニュー、キャラクターのエピソードを深掘りしたメニューなど。キャラクターたちが食べていた艦内食をイメージしたパイロットランチ、石窯を使用したピッツァ、老舗の「手作りパン 峰屋」から毎朝届けられているバンズを使用した、牛肉100%のハンバーガーなど、味への追求も本格的。キャラクターをイメージしたオリジナルドリンク、デザートも多数。

ガンダムの人気キャラクターが客に語り掛けながら、実際にコースメニューをふるまう約90分間の新感覚ディナーショー「G DIMENSIONS EX DINNER SHOW」も実施。アクター店員のナビゲーションのもと、客もストーリーの一員となり、ここでしか体験できない 映像とリアルがリンクするストーリーが進行する。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」「機動戦士ガンダム SEED」の2種類のプログラムを用意。各プログラムではシャアとガルマ、キラとアスランなど人気キャラクターが登場し、彼らが考案したメニューが提供される。キャラクターたちの素顔や日常が垣間見えるオリジナルストーリーで、新規セリフ収録で楽しめる。今後は「機動戦士ガンダム00」も予定されている。

〇Zeon’s Diner TOKYO

ガンダム×食×インタラクティブプロジェクションの体験型エンターテインメントエリア。

<あまり公に知られてはいないが、入店が将校のみに限られた特別な場所がある。その名は「Zeon’s Diner TOKYO」。店内ではジオン公国軍の勝利を確信した「勝利の宴」が開催されていた。>

という設定のジオン公国軍の世界に入り込む体験型ダイナー。中央にあるのがインタラクティブプロジェクションによる「戦闘シミュレーション」。注文した料理やドリンクからモビルスーツが出撃し、食事をしながらオートで行われる戦闘シミュレーションが展開。コースターや皿など大きさによって出てくるモビルスーツが変わり、大きな皿だと大型のモビルスーツが出現するとのこと。途中、連邦軍のモビルスーツが攻撃をしかけてくる場面があり、その時はテーブル全体が一致団結して迎撃を開始する。テーブル面積を最大限に活用し、出現するモビルスーツのアクションをさまざまな視点で楽しめるエンターテインメントだ。

もうひとつが、ギレン総帥からのミッションをAR 機能を用いてクリアする AR ミッションシート。「Zeon’s Diner TOKYO」で提供される料理にARマーカーがのせられており、ARマーカーを席にある端末で読み取ると料理がモチーフになった映像が流れる。ミッションをクリアするとザビ家の勲章ピンバッジを会計の時にプレゼントされる。

食事はジオン公国軍の「勝利の宴」を彩るメニューで、「ザビ家料理」や、実力で肉の量が決まる「階級料理」と、とことんジオン公国軍の世界観を再現。写真は「ア・バオア・クー」をモチーフにしたタパス盛り「宇宙要塞」(2200円・税込以下同)。

インタラクティブプロジェクションのテーブルに飾られている、ギレン総帥が酒を傾けている肖像画は、安彦良和氏による描き下ろし作品。ギレンが手にしている酒は「我が道」(アルコール、ノンアルの2タイプ各660円)で、同じ酒を注文することもできる。

“あの男”がいるバーカウンターで、劇中のシーンを再現できるメモリアルコーナーも設置。ドリンクメニュー「あの日の一杯」(アルコール、ノンアルの2タイプ各660円・専用グラス付き1430円)を片手に、“あの男”と「坊やだからさ」と語りながら記念写真を。

〇グッズショップ

GUNDAM Café 限定商品は100点ほど、全体では360点の商品が並ぶ。オリジナルのグッズ、日本各地の名産品やご当地メーカーとコラボしたフードコレクション、伝統工芸とガンダムが融合したディスカバリーGと3つのゾーンで構成されている。

ガンダム×お菓子のホームラン王のコラボ「ナボナロングライフ」(チョコレート・バニラ各702円)、ガンダムカフェ福岡店オープンの際にコラボしたチロリアンのTOKYO限定デザイン「GUNDAMチロリアン」(チョコレート・抹茶各1404円)、ザビ家もご贔屓の神戸風月堂ゴーフル「ガンダムミニゴーフル ザビ家御用達」(648円)といった菓子の老舗から、Twitterでバズった「キリマルラーメン」(ガンダム・シャアザク・グフ・アッガイ・ドム各324円)、唐辛子、具付のり、ご飯だれなどフードコレクションは幅広いラインナップ。

また、時節柄おすすめなのが「ハッカ油 サイド3のかおり」(1296円)。北見ハッカとのコラボ商品で、マスクにかけると清涼感がありリフレッシュできる。北見ハッカ油のスプレータイプは品薄状態なので、GUNDAM Caféは穴場かも。

〇fortuneLatte Cafe

テイクアウトドリンクを提供する「fortuneLatte Cafe」では、新感覚のプリントラテを提供。専用タブレットでベースとなるドリンクとプリントラテのテーマを選択。ミニゲームや質問への回答などを行うことによりランダムに絵柄が決定し、その場でドリンクにプリントしてくれる。372パターンあり、どの絵柄が出るのかその日のお楽しみ。

その他、街歩きに便利なGUNDAM Café オリジナルデザインのクリアボトル付きドリンク(1320円~1430円)、GUNDAM Café の起源となる看板メニュー「ジャブローコーヒー」(ホット・アイス各378円)を販売する。

【AJの読み】ジオン推しにとっては聖地となりそう?

レストランエリアでは、ガンダムの世界に浸りきれるマルチモニターで展開される映像は必見。食事することを忘れてしまうような迫力がある。Zeon’s Diner TOKYOは、ここまでジオン推しでいいのか?というくらい、室内の設えからメニュー、演出にいたるまでジオン公国軍の世界! しかし、“あの男”のスーツはホストか?と思うほど、真っ白だったなぁ(笑)。

現在は、コロナ感染対策のため、当分の間はfortuneLatte Cafe以外は事前予約制となっている。来店の際は必ずオフィシャルサイトで確認を。また、レストラン、Zeon’s Diner TOKYOで食事をする際はガンダムカフェオリジナルフェイスシールドを客に渡し着用してもらう。退店時に返却するが、希望者には300円で持ち帰りができる。

文/阿部純子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。