人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

バーチャルライドに、大坂なおみとバーチャルテニスも!夏休みに行きたい日産の体験型エンタメ施設「ニッサン パビリオン」

2020.08.13

「ニッサン パビリオン」レポートPart.1(新型クロスオーバーEV「アリア」紹介編)はこちら!
https://dime.jp/genre/965171/

日産自動車が、8月1日より10月23日までの期間限定で、体験型エンターテインメント施設「ニッサン パビリオン」を、横浜みなとみらい21地区にオープン。

この施設は、日産の電動化・自動運転化など、「ニッサン インテリジェント モビリティ」が描く未来のモビリティ社会を、さまざまなコンテンツを通じて、より多くの方に体験してもらいたいと企画されたもの。

そして、いよいよオープンした敷地面積約1万平方メートルからなる「ニッサン パビリオン」は、日産自動車と横浜市で締結した連携協定の一環として、横浜市や地域企業・団体等との連携、協力のもと開設したのだとか。

ということで、前回に引き続き、その様子をレポート!

未来を、遊ぶ。「THE THEATER」

パビリオンのいちばん奥にあるのが、新感覚のゲームに参加しながら、先進技術を体感できる「THE THEATER(ザ シアター)」。

映画館を想像させる幅32m×高さ6mの4Kプロジェクション大型スクリーンと、ソニーのハプティクス技術(触覚提示技術)によって振動する床、さらにコントローラーが設置されたシートなど、迫力の空間でクルマの先進技術を応用した3つのコンテンツを楽しめる。

■ARIYA SHOW(アリア ショー)

実車の『アリア』がスクリーン中央に登場し、流れる風景の映像とリンクすることで、まるで本当に街を走り抜けているような臨場感あふれる映像を味わえる。さらに中央の床が回転することにより、あらゆる角度から『アリア』の姿をチェックできるのも、このシアターの醍醐味。

■FORMULA E THE RIDE(フォーミュラE ザ ライド)

フォーミュラEシリーズに参戦している日産らしく、まるで本物のマシンでレースに参加しているかのように世界の都市を駆け巡るバーチャルライドアトラクション。座席下の床が振動したり、手元のコントローラーでコースを選んだりと、よりリアルなバーチャル体験が可能だ。

■NAOMI BEATS(ナオミ ビーツ)

なんと!日産ブランドアンバサダーの大坂なおみ選手とバーチャルでテニスの対戦ができるアトラクション(事前予約制)。

とはいえ、大坂なおみ選手の200km/hのサーブを打ち返すなんて一般人には不可能なため、見えないものを可視化する日産の新技術「I2V(アイツーヴイ)」を駆使し、ボールの行き先を予測。そのナビゲーションに従えば、テニスの初心者でも白熱のラリーが繰り広げられるのだ。

未来を、観る。「THE LIFE」

家族や恋人をテーマに、「プロパイロット」をはじめとした先進運転支援技術が可能にする未来を描いた2本のショートムービーを上映する「THE LIFE (ザ ライフ)」。上映される空間では、ストーリーの展開に合わせて照明の色が変化し、鑑賞する者をより深く作品に引き込んでくれる効果も。

■『ハンズフリーラブ』

『ジャッジ!』『帝一の國』『恋は雨上がりのように』などを手掛けた映画監督・永井聡氏がおくる、約10分の少し未来のラブストーリー。

■『コネクティッド・ファミリー』

大ヒットアニメ『君の名は。』をはじめ、多くの新海誠監督作品を手掛けたプロデューサー・伊藤耕一郎氏による、クルマがつなぐ未来の家族物語。(約6分半のアニメ作品)

未来を、歩く。「THE CITY」

日産が目指す、交通事故の無い社会。そして、クルマと街がより便利につながる社会。その双方の実現に必要なセンシング技術やクルマからエネルギーや情報が行き渡る様子をモチーフに、デジタルインスタレーション作品に仕上げた「THE CITY(ザ シティ)」。実際に作品とコミュニケーションしながら楽しめる。

■ROOM1 事故のない交通社会

真っ暗な部屋の天井から赤い無数のレーザー光が降り注ぎ、その中を歩くとセンサーが検知し、レーザー光が人をよけて移動。そんな、衝突を回避するセンシング技術を、特殊なレーザーで疑似体験できる。

■ROOM2 活性化する街

クルマと人、街が、相互に強く結びつく未来をイメージして、クルマを起点にエネルギーや情報が行き渡る様子を、美しい光の柱で表現。クリスタルのクルマのオブジェに手をかざすと、テーマによって光が変化する演出も。

未来を、味わう。「NISSAN CHAYA CAFE」

そして、パビリオンのセンターに位置するのが「NISSAN CHAYA CAFE (ニッサン チャヤ カフェ)」。このカフェでは、横浜ビールと共同開発した「日産オリジナルビール」やキリンビールとコラボしたオリジナルビアカクテルなど豊富なドリンク類を用意。(テイクアウトドリンクも提供)

さらに、地元神奈川の食材を使ったサラダ、パスタ、サンドイッチ、弁当、スイーツなど、地産地消にこだわって開発したオリジナルメニューを提供している。(価格帯:400円〜1,800円)

そして、日産の運転支援技術「プロパイロット2.0」を応用した無人給仕ロボット「プロパイロットウエイター」にも注目。これは、人間の代わりにワゴン型のロボットが、来客者やテーブルの位置を検知し、ぶつからないように素早く料理を運んでくれるというもの。

さらに、パナソニックと共同開発した、お皿のICチップに反応してエネルギー情報がアニメーションでテーブル天板に流れる「インタラクティブテーブル」も画期的。テーブルに置かれた料理のカロリーだけでなく、それを電力に変換して、電気自動車でどれだけの距離を走れるのかアニメーションで表示。

また、このテーブルでは、置くだけでスマホを充電できるワイヤレス充電の機能も完備。食事だけでなく、目でも楽しめるハイテク体験が可能なカフェなのだ。

なお、カフェの屋根には太陽光パネルが設置されており、そこで発電した再生可能エネルギーを『リーフ』に蓄電。カフェの電力はその電力によって賄われるゼロエミッションのオフグリッドカフェとなっているそうだ。

さて、「ニッサン パビリオン」は、いかがだっただろうか?クルマ好きであれば、新型クロスオーバーEVの『アリア』をいち早くチェックできるだけでも、訪れる価値が充分あるのではないだろうか。

しかも、左ハンドル仕様の『GT-R NISMO』や日産のフォーミュラEのマシンまでお目にかかれるのでたまらない。

さらに、子供と一緒に楽しめるコンテンツもたくさんあるので、親子で出かけるというのもいいかも知れない。

【ニッサン パビリオン概要】
オープン期間:2020年8月1日(土)〜10月23日(金)
営業時間:平日11:00〜19:00、土日祝10:00〜19:00
住所:220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい6-2-1
料金:無料
休館日:不定期
※新型コロナウイルス感染症の対策として、開催にあたっては神奈川県のガイドラインに沿って十分な安全対策を講じています。また、混雑を避けるために一時的に入場制限を行う場合があります。オープン期間は、情勢を鑑みて変更する可能性もあります。

■関連情報
http://www.nissan.co.jp/BRAND/PAVILION/

取材・文・撮影/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)
クルマは走らせてナンボ!をモットーに、どんな仕事にも愛車で駆けまわる日々。クルマのほかにもグルメや家電、ファッション情報、また小学館Men’s Beautyでは、男性に向けた美容・健康法、化粧品情報なども発信。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。