人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

8割の人が「コロナマウントを取られたことがある」調査でわかった実例、年齢別傾向、生の声

2020.08.10

「仕事が休めずにマウント。学校が休校になり仕事を休まざるを得なくなった時に休みが取れずに結局退職を余儀なくされました。

それを知人へ話したところ、知人の会社では休みも取れるし休んだ分の補償も出るので給与も減らない。最高の会社に勤められて良かった、あなたは気の毒ねといわれました」32歳女性

新型コロナウイルス蔓延によって様々な環境変化が日常生活、仕事の現場などで起きている。人それぞれその環境変化は多種多様だ。その中で自分と他人の環境を比較した発言が「コロナマウント」になることもある。

そこでLip Popはコロナマウントの実例まで詳細にヒアリングし、実態調査を行った。

「コロナマウント」を取られたことがある人は約8割

コロナマウントを取られたことが一度もないと答えた方は約2割にとどまり、約8割の方がコロナマウントを取られたことがあるということが判明した。

もっと詳しく年齢別に見てみると、20代の方の9割がコロナマウントを取られたことがあると判明した。

年齢が上がるにつれてコロナマウントを取られにくくなり、50代ではコロナマウントを取られたことがある割合は6割まで減少した。

コロナマウントの事例としては、出社する必要がある人・出社しなくていい人の間でのマウント、収入変化によるマウントなどの例が目立つ。

今回は一部の生のコメントをそのまま一部抜粋して紹介しよう。

【調査結果】よくコロナマウントを取られる方(一部抜粋)

27歳男性:会社に行かずテレワークしてる自慢をよくされます。やれ通勤時間が減って家でゆっくり寝れるだの、やれ仕事をさぼってゲームしてるだのうんざりです。それに伴って運動不足自慢も多いです。昼間に1時間くらい仕事をしているふりをして散歩している、といった自慢が多いですね。自分もテレワーク自体は可能なのですが、やはり職場で働いている方が集中できるし、感染しないように時間差出勤等を行っているのでマウントを取られるとイラっとします。

【調査結果】たまにコロナマウントを取られる方(一部抜粋)

27歳女性:完全リモートワークに関するマウントをとられました。私は週2日リモートワークとなったものの週3日は会社に出勤しなければなりません。そのことを知っている友人から、「まだ完全リモートにならないの?古い体制の会社で本当に困るね。私は在宅になったおかげで家族と関わる機会も増えて本当によかった。」と言われました。こちらは嫌々電車に乗って通勤しているのにと本当に嫌な気持ちになりました。

46歳女性:給料に関してマウント取られました。我が家は自営なので収入としては不安定です。「自営の人って大変よね。うちはお給料だけは心配ないなら良かったかなあ。」と、言われました。確かに自営は現在、不安定な時期となってしまいましたが、そのような人に向かって言う事ではないと感じ、傷つきました。悔しさでいっぱいになりました。

【調査結果】コロナマウントを取られたことがほとんどない方(一部抜粋)

43歳男性:収入が減って、生活保障の話をしていた時のこと。同業の相手が「税金を使って乞食みたいなことするのか」「もともと潰れるような人間に保証すること無いだろ」。そう言ってカラ笑いをしていました。コロナ前の受注分が好調だったようで、相手自身はマウントを取っていることに気づいていない様子でした。どうも、他の人にも同様の言動をしているようなのです。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。