人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型コロナの影響で住宅ローン返済中の人の4割が「すでに返済が苦しくなっている」

2020.08.06

住宅ローン返済がすでに苦しい世帯は約40%

現在、日本の住宅ローン貸出残高は約950万件(国土交通省調べ)。6世帯に1世帯は住宅ローンを返済している計算になる。

そんな中MFSは「新型コロナウイルスによる住宅ローン返済への影響」の調査を実施。現在住宅ローンを返済中の家庭で「新型コロナウイルスの影響により、住宅ローンの返済が苦しくなっている」と回答した人は39.6%にのぼり、「今後苦しくなりそう」と回答した方も28.4%存在した。

一方、住宅ローン借り換えなどの返済軽減を検討している方はそのうち2割ほどしかおらず、8割近い回答者が住宅ローン返済について不安を抱えたまま何もしていない状況が浮き彫りになった。

住宅ローンの返済が「とても苦しくなっている」「やや苦しくなっている」「今後苦しくなりそう」と回答した方のうち、実際に解決方法を検討または実行した方は22.6%しかおらず、残りの77.4%は手つかずのままであることが分かっている。

検討・実行した人のなかで最も多かった解決方法は、「金融機関への返済猶予についての相談」(7.6%)、次いで「住宅ローンの借り換え(変動金利へ)」(6.7%)だった。

一方、新型コロナウイルスの収束には「1年以上かかる」と考えている人が34.0%と最も多く、「半年~1年かかる」と考える方も16.1%いた。

収束までの長期化を予想する方が半数いるにも関わらず、住宅ローン返済の解決方法は考えていない、という問題が浮き彫りになる結果となった。

アンケート調査概要

対象:現在ご家庭で住宅ローン返済中の男女483名
(男性267名、女性216名、30代:140名、40代:140名、50代:140名、60代:63名)

インターネット調査
期間:2020年4月17日~2020年4月18日

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。