人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスパーソンが抱えるストレスの要因、3位は上司との人間関係、2位は仕事内容、では1位は?

2020.08.05

新型コロナウィルス感染拡大で不安な状況が続く中、ビジネスパーソンは効率化だけでなく「ストレス」のケアにも重点を置く必要がある。今、多くのビジネスパーソンは何に対してストレスを感じているのか。

今回チューリッヒ生命が全国1,000人のビジネスパーソンを対象にストレス原因のほか、「働き方」に関する制度の導入とそれに伴うストレス、残業時間、有給休暇の取得などについて調査した結果、ストレスの要因第1位は「収入(経済面)」だった。

ビジネスパーソンのストレスの要因第1位は「収入(経済面)」

働き方改革による残業時間の減少や、新型コロナウイルス感染症の影響により収入(経済面)への不安が募ったことがわかる。過去3年間の調査結果と比較すると、「上司との人間関係」は4年連続、「仕事の内容」は3年連続でTOP5に入る結果になり、これらが多くのビジネスパーソンの悩みになっていることがわかった。

また、新型コロナウイルス感染症の発生前から、「フレックス」や「在宅勤務」、「再雇用」などの制度を導入していた企業は約3割に留まった。導入された制度に対するストレスとしては「社内スケジュールが調整しづらいこと」や「収入が減ったこと」、「隠れ残業や仕事の持ち帰りがあること」などが挙げられた。

一方、制度に対してストレスを感じていないという方も多く、年代別の結果では最もストレスを感じていないのは50代であることがわかっている。

さらに今回の調査では、62.9%の方が「希望通りに有給休暇を取得することができた」と回答した。しかし、100%取得をした人の割合は全体の23.8%に留まった。2019年4月より有給休暇の5日間の取得が義務化されましたが、29.6%の人が取得日数5日未満という結果になった。

調査概要

1.     調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施

2.     調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の20歳~59歳の有職者を対象に実施

3.     有効回答数1,000人(20代・30代・40代・50代、男女:各125人)

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。