人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

明暗差の大きい環境でも像ズレなし!キヤノンの4K/120P撮影対応デジタルシネマカメラ「EOS C300 Mark III」

2020.08.02

デジタルシネマカメラ“EOS C300 Mark III”

キヤノンの「EOS C300 Mark III」は、映像制作や放送用コンテンツ制作など、さまざまな撮影現場で好評を得ているEOS C300 Mark II(2015年9月発売)の後継機種だ。

従来機種から基本性能を刷新するとともに、上位機種「EOS C500 Mark II」(2019年12月発売)と同じく、ユーザーが撮影現場に応じて自由にカスタマイズできるモジュールデザインを採用し、幅広い映像コンテンツの制作に対応している。

プロの映像制作に応える多彩な映像表現

1つの画素出力に対して異なるゲインで出力することで低ノイズのHDR動画を生成する新開発の4Kスーパー35mmのCMOSセンサー「DGOセンサー」により、明暗差の大きい環境でも、像ズレがなく、豊かな階調を持つ4K/60Pの高画質な映像を撮影することができる。

また高速処理が可能な映像処理プラットフォーム「DIGIC DV 7」を搭載し、スロー再生時でも滑らかな映像表現ができる4K/120Pのハイフレームレート記録に対応するなど、プロの映像制作に応える多彩な映像表現を実現する。

さまざまな撮影スタイルに対応できる優れた拡張性

「EOS C500 Mark II」同様にユーザーが撮影現場に応じて自由にカスタマイズできるモジュールデザインを採用しており、小型軽量を生かしたドローン撮影から、拡張ユニット(別売り)を装着した複数台のカメラによる撮影まで、さまざまな撮影に対応。

またマウントキット(別売り)により、ユーザー自身でEFマウントから、EFシネマロックマウントやPLマウントに交換できる。

4K/HDR映像の制作をサポートする2つのビデオフォーマット

映像の情報量を維持しながらデータサイズを軽くできる「Cinema RAW Light」を採用し、外部レコーダーを使用せずにRAWデータを本体内部に記録できる。

さらに、動画データを圧縮し効率的に記録する「XF-AVC」にも対応し、編集作業の効率化をサポート。またCFexpress Type BカードとUHS-II規格のSDカードを使用できる。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。