人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ネットで話題のあの作品も!読めばきっと癒される人気のネコ漫画11選

2020.08.11

近年の猫ブームや『今日の猫村さん』のドラマ(松重豊主演)化により、注目が集まっている猫漫画。猫が登場する漫画には、その絵のかわいさはもちろん、全体的にどこか癒される雰囲気があるのが特徴だ。最近ではネットで話題となった猫漫画が書籍化されるケースも多い。

そこで本記事では、今チェックしておきたいおすすめ猫漫画を紹介する。猫好きの方はもちろん、漫画好きの方もハマること間違いなし。

【目次】

雑誌に掲載された猫漫画

Twitterやブログで話題になった猫漫画

シュールさがたまらない猫漫画

雑誌に掲載された猫漫画

はじめに、雑誌に掲載された猫漫画の一部を紹介する。気になる漫画があったら、関連グッズやLINEスタンプもチェックしてみよう。

おじさまと猫

おじさまと猫

桜井海の『おじさまと猫』は、Twitterで連載している猫漫画。2019年から月刊少年ガンガンに誌面連載され、単行本は5巻まで発売されている。中年男性がペットショップで売れ残っていた猫(エキゾチッキショートヘアのふくまる)と生活を始める物語。アニメ風のPVや関連グッズも話題になっている人気作品。

出典 公式サイト|おじさまと猫

 

アマゾンでの購入はこちらから

チーズスイートホーム

チーズスイートホーム

こなみかなたの『チーズスイートホーム』は、2004年から2015年までモーニングで連載されていた猫漫画。全12巻の単行本は、世界23か国で発売されている。主人公は子猫のチー。母猫と2匹の兄弟と暮らしていたが、チーは散歩中に家族とはぐれてしまう。公園で倒れてしまったチーを、幼稚園児のヨウヘイは自宅に連れて帰るも、彼の住むマンションはペット禁止。家族でチーの存在を隠していたが、ある時、遠方に引き取られることになってしまい......。

出典 公式サイト|チーズスイートホーム

 

アマゾンでの購入はこちらから

What's Michael?

小林まことの『What's Michael?』は、1984年から89年にモーニングに連載されていた猫漫画。全8巻の単行本が発売されたのち、2003年に全話オールカラーの9巻が発売され話題を呼んだ。主人公は踊るトラ猫マイケル。飼い猫や野良猫など、毎回違い設定で登場する読み切り作品だ。コミカルでかわいらしいマイケルと、リアルな猫の描写が高く評価されている。昔の猫漫画の代表作。

出典 公式サイト|What's Michael?

 

アマゾンでの購入はこちらから

木曜日のフルット

木曜日のフルット

石黒正数の『木曜日のフルット』は、2009年から週刊少年チャンピオンで連載されている猫漫画。主な登場人物は、"半ノラネコ"のフルットとその"半飼い主"の鯨井早菜で、猫社会と人間社会のゆる〜い日常を、わずか2ページのショートギャグスタイルで描く。ギャンブル好きな半飼い主の鯨井の日常は、独特な世界観を持っており、読むほどにクセになると話題だ。

出典 公式サイト|木曜日のフルット

 

アマゾンでの購入はこちらから

Twitterやブログで話題になった猫漫画

ここでは、Twitterやブログ上で公開され話題になった猫漫画を紹介する。ネット上でも読むことはできるが、お気に入りの作品は全巻コミックを揃えてみては。

俺、つしま

数ある猫漫画の中で、「とにかく猫の描写がリアル!」と絶賛される「俺、つしま」。何気ない猫のしぐさや細かな毛色の表現が抜群の画力で描かれる猫漫画の根底にあるのは、溢れんばかりの猫愛。読み進めていくうちに猫への愛情がふくらんでいく。実話をベースに展開される猫愛あふれるストーリーは読む人の心を癒しまくり! すでに第2巻も発売中。

 

アマゾンでの購入はこちらから

鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!

鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!

『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』は、Twitterで公開されている猫漫画。鴻池剛と飼猫ぽんたとの日常を描いており、"あるある要素"がふんだんに盛り込まれている点も人気の理由。ぽんたの行動はもちろん、それに対する作者のリアクションにも思わず笑ってしまうはず。猫を飼うことの大変さと同時に、猫を飼わないと体験できない特別なことに気づかせてくれる作品。

出典 公式サイト|鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!

 

アマゾンでの購入はこちらから

夜廻り猫

夜廻り猫

深谷かほるの『夜廻り猫』は、Twitterで2015年から連載されている猫漫画。8コマで構成されており、"夜廻り猫"の遠藤平蔵が涙の匂いを辿って現れ、人間や他の生き物に寄り添い話を聞いてくれる物語だ。同じような悩みを持っている人に癒しを与えてくれる人情味溢れた作品。「泣く子はいねが〜、泣いている子はいねが〜」で始まるのも特徴的。単行本は6巻まで発売されている。

出典 公式サイト|夜廻り猫

 

アマゾンでの購入はこちらから

悪のボスと猫。

悪のボスと猫。

ボマーンの『悪のボスと猫。』は、Twitterで300万レビューという驚異の数字を記録したギャグ漫画。絵に描いたような悪の組織のボスが、かわいい猫たちとの触れ合い無邪気な姿を見せる。強面なのに猫に優しいそのギャップが面白い。基本的にセリフはなく、1〜2ページほどで話すが完結するためサクサクと読める。コミックは2巻発売中

出典 公式サイト|悪のボスと猫。

 

アマゾンでの購入はこちらから

うちの猫がまた変なことしてる。

うちの猫がまた変なことしてる。

卵山玉子の『うちの猫がまた変なことしてる。』は、アメーバブログ猫ランキング1位を記録した猫漫画。実際の写真を随所に盛り込みながら、2匹の猫(トンちゃん・シノさん)との日常をエッセイ的に描いている。書籍化されているが、Web上には未発表のエピソードも掲載。爪切りや掃除など猫を飼うと直面する問題についても触れられており、面白い・かわいいだけでなく、実用的な側面も。

出典 公式サイト|うちの猫がまた変なことしてる。

 

アマゾンでの購入はこちらから

シュールさがたまらない猫漫画

最後に、シュールな雰囲気がたまらない猫漫画を紹介する。それぞれの作品の、絵のタッチや作品内の雰囲気の違いを楽しもう。

今日の猫村さん

今日の猫村さん

ほしよりこの『今日の猫村さん』は、2003年からWEB上で連載されている猫漫画。「Webから火がつき書籍化」の流れを作ったことでも有名な作品だ。家政婦の猫村さんは、"犬神家"に奉公しながら、生き別れになった"坊ちゃん"を探すストーリー。二足歩行で人間と同じように会話するものの、猫であることはわきまえている振る舞いがシュールでかわいい。鉛筆により描かれるタッチも独特の世界観を演出している。

出典 公式サイト|今日の猫村さん

 

アマゾンでの購入はこちらから

新井理恵劇場 猫山さん

新井理恵劇場 猫山さん

新井理恵の『新井理恵劇場 猫山さん』は、"キャットギャグ"満載の猫漫画。性別不明、人なのか猫なのかもわからない猫山さんが、時には霊能者、時にはアイドル、時には魔法少女などで神出鬼没に登場する。猫村さんよりももっと人間よりの体型で、リアルな動きがシュールで面白い。単発で終わる予定だったが、読者からの反響が大きく現在3巻まで単行本が発売されている。

出典 公式サイト|新井理恵劇場 猫山さん

 

アマゾンでの購入はこちらから

おかゆネコ

おかゆネコ

吉田戦車の『おかゆネコ』は、2013年から16年にビッグコミックスピリッツで連載された猫漫画。一人暮らしのサラリーマン菊川八郎のもとに、人間の言葉を理解する猫ツブがやってくる。菊川八郎の食生活の乱れを心配して、ツブ(猫舌)がおかゆを作ってくれるストーリー。単行本は全7巻発売されており、登場するおかゆの多種多様。中には、栄養面を気にしすぎて味がおろそかになった名(迷)おかゆも。

出典 公式サイト|おかゆネコ

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

 

文/oki

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。