2020.07.30

まるで生きものみたいで癒やされる…しっぽがいい感じに動くクッション型セラピーロボット「Petit Qoobo」

こいつの名前は「Petit Qoobo」。しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」の新しい仲間だ。

小さなしっぽが動く。ロボット「Petit Qoobo」

ただ小さくなっただけではない。

Qooboと同じ様に撫でるとしっぽを振って応えてくれるのはもちろん、周囲の音や声に反応してしっぽを振ったり、驚いたり。そっと抱き寄せると、トクトクと鼓動を感じたり。どこか幼くて元気なPetit Qooboが、あなたの毎日にもっと寄り添い、癒しを届けてくれる。

「疲れて家に帰った時、癒やしの存在が家にいてくれたら…」というユカイ工学のデザイナーの想いをきっかけに、犬や猫のように癒やしを与えてくれるロボットをつくろうと、動物の「しっぽ」に着目し、Qoobo(クーボ)開発プロジェクトが2017年にスタート。

実際のしっぽを研究し、その動きを再現する機構やプログラムの開発を行い、膝に乗せたり抱き上げたりするときにちょうどいい重さやサイズ感、撫でたいいかn時の気持ちのいい手触りにこだわった。

2018年11月に誕生したQooboは、日本だけでなく、アメリカ、韓国、香港、台湾で約1年で累計販売数1.5万匹を突破。賃貸物件でペットが飼えない方、動物アレルギーの方、シニアの家族がいる人など、癒しを求める多くの方の元に迎えられた。

Petit Qooboは、そんなQooboユーザーの「ちっちゃいQooboがいたら、いつでもどこでも一緒にいたい」という声をきっかけに、“連れて歩きやすいサイズ感”、そして、まるで小動物のような動きや存在感を目指して開発をスタートした。

カラーバリエーションは、柔らかい色合いのマロン(茶)、 ブラン(白) 、グリ(灰) 、ノワール(黒) の4色。詳細についてはQooboの公式HPをチェックしてみよう。

関連情報/https://qoobo.info/

構成/ino.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

最新号

2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

おすすめ

ページトップへ
×
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース