小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

甘すぎずシンプルすぎないのが最大の魅力!仕事でも使いやすいユニセックスな「フローティングライフ」の文房具

2020.07.31

■連載/文具ソムリエール菅 未里の「誘惑文具」

Q:手帳などで予定を管理したいのですが、女性向けの手帳は可愛さを前面に出しているものが多く、仕事では使いにくいです。仕事でも使えるものはありますか?

A:近年、女性を意識した可愛らしい手帳が増えてきましたね。いいことだとは思うのですが、お書きになっている通り、仕事では使いにくい方がいるのも確かです。しかし、実用一辺倒ではもったいない。

そんな方には、私は「フローティングライフ」の文房具を薦めることにしています。

デザイナーさんがほぼ一人で運営されているこのブランドは、予定を管理する「プランナー」を多く出しているのですが、何よりもデザインに特徴があります。それは、洗練されたユニセックスなデザインで、かつ「甘すぎない」ことです。

可愛らしい、甘いデザインの文房具はたくさんあるのですが、そういう商品は仕事では使いにくいことがあるという問題があります。しかし、フローティングライフなら大丈夫です。

また、フローティングライフの個性的なところは、欧米に多い日めくり(週めくり)方式のプランナーが多いことでもあります。日本のプランナーはノートのように綴じられていることが多いのですが、以下の写真のデイリープランナー(奥)やTODOリスト(手前)のように、使ったものは切り離す形式なのです。必要な分だけを手元に置けるのがメリットです。

なら海外ブランドのプランナーを買えばいいのでは、という声もありそうですが、海外製品は高価になりがちですし、紙質が良くないこともあります。また、派手なデザインが多いので、国内ブランドとはまた違う意味で、仕事では使いにくいのです。

その点、フローティングライフは紙質も、価格も、そしてデザインもまったく問題ありません。見落とされがちなニッチをしっかりと満たしてくれるブランドです。

文/菅未里
構成/佐藤喬
撮影/篠田麦也

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。