人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

中小企業経営者に聞いたコロナ対策への課題ランキング、3位テレワーク用のシステム導入、2位業務計画の見直し、1位は?

2020.07.29

中小企業が「新型コロナウィルス」の対策を講じるで浮き彫りになった課題

今、新型コロナウイルスの脅威は終息するどころかさらに拡大しており、中小や零細企業の中には、倒産や事業停止に陥るといったケースも出始めている。対策を講じる上で課題に直面した企業は多いだろう。

日本シャルフが従業員100名以下の中小企業経営者を対象に、「コロナ対策を行うにあたって、どのような点が課題でしたか?」と質問したところ、

『マスクや消毒用アルコールの不足(59.0%)』という回答が最も多く、次いで『業務計画の見直し(18.2%)』『テレワーク用のシステム導入(13.8%)』『労務管理(7.8%)』と続いた。

次に「どうやって解決しましたか?」と質問したところ、なんと最も多かったのが『解決できていない(36.6%)』という回答だった。

以降、『テレワーク用のシステム導入(29.3%)』『追加融資(9.8%)』『労務管理システムの導入(9.8%)』『社労士への相談(8.5%)』と続いた。

今回の新型コロナウイルスの感染拡大を機に、想定外の事態に備えてテレワーク用のシステムを導入した企業、労務管理システムを導入した企業、プロの専門家である社労士に相談した企業も少なくないようだ。

各社それぞれ新型コロナウイルス対策や対応に追われていると思うが、この状況をピンチで終わらせることなく、業務のあり方や労務管理について見直す良いチャンスと言えるかもしれない。

今後またいつ訪れるか分からない不測の事態に備えて、国や自治体からの支援を最大限活用し、この機会にテレワーク用のシステムや労務管理システムなどの導入を検討してみてはいかがだろう。

「新型コロナウイルスへの対策」に関する調査

調査期間:2020年3月27日(金)~ 2020年3月30日(月)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,023人

調査対象:従業員100名以下の中小企業経営者

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。