人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

高精度カメラで発熱者を検出!感染対策で注目される「AIサーマルカメラ」2機種がアイリスオーヤマから発売

2020.08.03

高精度カメラで発熱者を検出する「AIサーマルカメラ」

従来の体温計測は、検温者一人に対して体温計で計測する必要があり、測定するための測定行為が不可欠だった。 
アイリスオーヤマの「AIサーマルカメラシリーズ」は、離れた場所からでもカメラの前を通過することで、わずか1秒以内に±0.5度の高精度で体温計測し発熱者を検出する。

新型コロナウイルスの感染症問題の長期化と感染者増大を未然に防ぐ水際対策として、温度測定精度の高いサーマルカメラを用い、非接触で発熱者を検出することで施設内感染や集団感染を未然に防ぐことができる。

今回は最大20名同時に体温測定できる「ドーム型AIサーマルカメラ」と、軽量で容易に持ち運びできる「ハンディ型AIサーマルカメラ」の2機種を紹介しよう。

最大20人まで同時測定可能

ドーム型AIサーマルカメラはAIアルゴリズムを搭載したことで、大勢の人が往来する場所や施設等でも、瞬時に顔認識し最大20名まで同時に体温計測できる。また、人の額を焦点にして温度測定するため、手元に温かい飲み物等を持っていても高い精度で体温を測定する。

ハンディ型でどこでも計測可能

ハンディ型AIサーマルカメラは、本体を手で持つハンディタイプとして計測でき、場所を選ばずいつでも使用できる。充電式で最大8時間の連続使用が可能だ。 本体に挿入するSDカードに、スクリーンショットデータを保存できるため、保存した記録をいつでも確認することができる。また別売の三脚を使用することで場所を選ばず設置・計測できます。移動式なので、検温場所の変更などにも柔軟に対応可能。

あらかじめ設定した以上の温度を検知した場合には画像アラートと音声アラートにより、即座に監視者に通知できる。

公共交通施設やイベント会場などの人が多く集まる場所、病院など感染リスクが高い場所、オフィスなど入場セキュリティ確認が必要な場所など、設置場所は多岐にわたる。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。