人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本は何位?2019年のTOEIC L & Rの国別平均スコアTOP3、3位レバノン、2位ドイツ、1位は?

2020.07.26

日本人は「英語が苦手」とよく言われる。では、実際のところ、英語のコミュニケーション能力テスト「TOEIC Listening & Reading Test」(TOEIC L&R)の国別平均スコアで見た時に、日本は世界でどの位置につけているのだろうか?

そこで今回、2019年(1月~12月)の世界における「TOEIC L&R」受験者スコアと受験者が回答したアンケート結果を紹介していきたい。

■TOEIC L&R国別平均スコア(2019年) ※年間の総受験者数が500名以上の国のみを掲載

■主な結果
※アンケート回答者は、アジア地域の割合が高く、質問によって回答率が一定ではないことをご留意いただきたい。

(1)TOEIC L&R受験者の特徴
● 英語学習において最も重視する能力として、23%が「リスニングとスピーキング」を選択
● 日常生活において英語を使用する割合については、43%が「1~10%」と回答
● 最も使用する英語の技能としては、19%が「リスニング」を、32%が「リーディング」を選択
● TOEIC L&Rの受験経験については、40%が「3回以上」と回答
● 受験目的として最も多かった回答は、31%が「英語学習のため」、24%が「就職活動のため」

(2)国・地域別平均スコア
● 地域別の平均スコアは高い順に、ヨーロッパ→アフリカ→南米→北米(含メキシコ)→アジア
● 日本の平均スコアは523点

上記の内容以外にも、リスニング・リーディングセクション別の平均スコアや属性別の平均スコアを掲載したレポート「2019 Report on Test Takers Worldwide : TOEIC Listening & Reading Test」が公式サイトに掲載されている。

https://www.iibc-global.org/library/default/iibc/press/2020/p150/pdf/Worldwide2019.pdf

出典元:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。