人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍の影響で苦境に立たされるエンタメ業界。アーティストの2人に1人が「活動を諦めようと思っている」

2020.07.27

新型コロナの影響で苦境に立たされるエンタメ業界。ライブやイベントの中止が相次ぎ、自己発信の場が限定的にならざるを得ない今、アーティストたちは何を思うのだろうか?

そこで今回、2020年6月13日から15日の期間、10-40代のアーティスト・200名(音楽系58名、美術系73名、文芸系53名、演劇映画系16名)を対象にした意識調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

アーティストとしての収入が減った人の割合は……

アーティストとしての活動に、コロナウイルスの影響があったと答えた人は80.5%だった。苦しさを感じた影響として、「イベントの延期・中止」が69.6%、「収入の減少」が42.9%、「練習場所の制限」が40.4%と様々な理由から苦しい影響を受けていることがわかった。

収入を得ていたアーティストのうち、コロナウイルスの影響によって74.2%が「収入は減った」と回答。さらにそのうち、アーティスト活動のみで生計を立てていたアーティストの40%は「副業を始めた」と回答。アーティスト活動に集中できない厳しい現状が明らかになった。

コロナで制作意欲が減退したアーティストも……

コロナウイルスの影響を受けて、36%は制作意欲が弱まったと回答。アーティストとして、既に活動を諦めようと思っている人は48%にも上ることが明らかに。

アーティストの77%が支援を受けておらず、61%が「支援を十分に受ける機会がなかった」と回答。どのような支援があるとよいかという問いに対しては、ライブ会場・作品公開場所の提供や、経済的支援・給付金などを求める声が上がっていた。

<調査概要>
調査名:「コロナウイルスと制作に対しての意識調査」
期間 :2020年6月13日(土)~15日(月)
方法 :インターネットリサーチ
対象 :全国のアーティストとして活動をしている人200名 (音楽系58名、美術系73名、文芸系53名、演劇映画系16名)

出典元:アンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパン株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。