人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

夫の不倫発覚後も離婚をしなかった女性は63%。離婚を踏みとどまった大きな理由とは?

2020.07.25

コロナ期間中も絶えないスポーツ選手や芸能人の不倫スキャンダル。不倫発覚後、離婚するのか、再構築を目指すのか、夫婦によって意見が分かれるところだろうが、実際に夫に不倫された経験のある世の女性たちはどのような決断をしているのだろうか?

そこで今回、総合探偵社株式会社MRによる、夫に不倫された経験のある女性30〜60歳192名を対象にした、不倫後の決断についてのアンケート調査が実施されたので、その結果を紹介していきたい。

不倫発覚後、離婚を踏みとどまった理由1位は「子供がいたから」、離婚した理由1位は「配偶者への愛情が失われたから」

アンケートの結果、63.0%の方が「離婚しなかった」と回答し、再構築を選んだことがわかった。(Q1 参照)。

「離婚しなかった」理由として、「配偶者への愛情が残っていた」と回答した人は28.9%に留まり、再構築を選んだ7割は、夫への愛情がないまま、子供への影響や経済的困難を理由にやむをえず婚姻関係を継続していることがわかった(Q3 参照)。

再び不倫をさせないために行っていることについて「何も行っていない・無回答」の回答が37.2%存在し、夫への期待が失われていることが示唆された(Q4 参照)。

以上の結果から、一見前向きに見える「再構築」を選んだ場合も、その内7割はやむを得ず再構築を選んでいることが示唆された。表面上の結果や印象だけで当事者の苦悩は計り知れないことが示唆された。

詳細な回答は以下より。

<調査概要>
調査方法 :事前調査を経てのアンケート回収方式
調査対象 :不倫された経験のある女性20〜60歳
回答数 :192名
調査時期 :2020年6月
調査協力 :株式会社マーケティングアプリケーションズ

出典元:株式会社MR

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。