人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍の世界中でVisaのタッチ決済による交通機関の運賃支払いが増加

2020.07.24

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が多くの人、コミュニティー、産業に甚大な影響を及ぼしている。

公共交通機関も例外ではなく、通勤者の在宅勤務が本格化する一方で、社会で必要不可欠な働き手である「エッセンシャルワーカー」による交通機関の利用は続いている。

世界各地で活動再開が様々な段階にあり、経済の回復に向け交通機関の担う役割は重要。

COVID-19の流行発生前、地下鉄、鉄道、バスなどの交通機関は多くの人が日々利用する重要な移動手段だった。

現在、乗客数は増加しつつあるが、まだ流行前の水準には回復しておらず、世界中の都市や交通機関が、移動手段の安全性、信頼性、効率性を模索している。

米国では半数近くの人が「公共交通機関の利用には、COVID-19による高い健康リスクがある」と述べており、交通各社は、利便性に加え顧客の安全性と信頼の構築という新たな課題を克服できるかどうかに成功が左右されると認識している。

Visaタッチ決済による運賃支払いが世界で回復傾向

生活に欠かせないシステムである交通機関は、利用客の安全性や信頼を確保するため、マスク着用の徹底や24時間の消毒体制、非接触型タッチ決済の導入など、懸念や不安を払拭する様々な変更の取り組みに投資している。

タッチ決済は今やスピーディーな支払いのために持っていると便利なものというだけではなく、安全確保のために欠かせないものとなった。

これにより乗客は、乗車券の購入やカードチャージのために列に並び端末にタッチしたり、わざわざ財布を取り出して現金で支払ったりする必要がなくなった。

オープンループの非接触型決済により、タッチ決済対応のカードやモバイル機器をリーダー端末にタッチするだけで乗車することができる。

これが長期的なニーズとなると認識する世界中の都市では、交通機関にタッチ決済を導入する取り組みが進んでいる。

運賃のタッチ決済は、4月に全世界で最低に落ち込み、現在も流行前の水準には回復していないが、この2ヶ月で上昇傾向にあり、6月末までに187%増の回復となった。

現在Visaは世界各地で500件以上の交通機関プロジェクトを進めており、流行が蔓延する中、数々の都市でタッチ決済ソリューションの導入を支援してきた。

ブリュッセル、ブラチスラヴァ、ブカレスト、香港、サントドミンゴ、トリノでプロジェクトが稼働しており、その他のプロジェクトも急速に展開している。

ブリュッセルの交通会社STIB/MIVBは、メトロ全体(地下鉄、トラム、バス)にタッチ決済端末を導入し、車内での支払いが可能となったことを最近発表した。

4月以降、ヨーロッパにおけるVisaの対面取引の7割以上がタッチ決済テクノロジーによるもの。

米国では、Monterey Salinas Transit(MST)がカリフォルニア州で初めてタッチ決済ソリューションを導入することをCaltrans、Cybersource、MST、Visaが発表した。

これによりMSTの乗客の日々の利用が便利になるだけでなく、California Integrated Travel Projectの一環としてカリフォルニア州全域の何百もの交通機関で一貫した決済の展開が可能となるソリューションを構築。

このような新たな状況に対応するため、VisaはCubic Transportation Systemsとのパートナーシップを拡大した。

Visaが国際的に展開する信頼性の高いネットワークとCubicのインテリジェントな交通ソリューションのインテグレーターとしての専門性を組み合わせ、世界中の顧客の移動体験を向上させている。

両社はロンドン、マイアミ、ニューヨーク、シドニー、バンクーバーなどの都市で、タッチ決済で鉄道やバスに簡単に乗車できるオープン決済ソリューションを立ち上げている。

パートナーシップの拡大により、VisaとCubicは世界のさらに多くの人にオープン決済テクノロジーとモビリティーソリューションを提供する。

Cubicの端末およびバックオフィスソリューションが Visa Readyを取得したことで、同社はVisaのグローバルな Mass Transit Transactionモデルにより、迅速かつ容易にタッチ決済ソリューションを大規模に展開することが可能となる。

交通機関はCubicのようなVisa Readyパートナーと協業してVisa Ready対応ソリューションを設計、開発、展開することで、新たなタッチ決済プロジェクトの開始を検討している都市にとって重要な要件である市場投入までの時間を短縮することが可能。

Visa Ready for Transitの全世界のパートナー数は、2019年10月の100社から現在150社に拡大している。

Visaの国際決済管理基盤Cybersourceを通して、Cubicは柔軟で拡張性が高く安全な、交通系のコンプライアンスを満たすプロセシングソリューションや、付加価値の高いサービスを利用することができる。

VisaとCubicは共同で研究開発や革新プロジェクトを推進し、都市交通の未来を実現。

交通会社はより柔軟で公正で回復力のあるシステムの構築に投資しており、タッチ決済はこの取り組みの中核となる。

都市の長期的な公衆衛生は再び動き出す世界にかかっており、タッチ決済はその実現に向けた手段の一つとなるだろう。

関連情報:https://usa.visa.com/visa-everywhere/blog/bdp/2020/07/14/transit-riders-are-1594762921880.html

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。