人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マイボトルを持ち込めるテイクアウト専門コーヒーショップ「THERMOS COFFEE TO GO」の他のお店にはない魅力とは?

2020.07.24

ビジネスパーソンの仕事のお供に飲み物は欠かせない。魔法びんでおなじみのTHERMOS(サーモス)が、マイボトル持ち込み型のテイクアウト専門コーヒーショップ『THERMOS COFFEE TO GO』を2020年6月29日に西新橋スクエアに、7月10日に大手町のOOTEMORIにグランドオープンした。

長時間保温してもおいしく飲めるように、約2年間かけて試行錯誤を繰り返してたどり着いたコーヒーの味わいの秘訣や、お得なサブスクサービスなど気になる魅力がたくさん。

OOTEMORI店の内覧会で、その気になる味を体験したのでご紹介したい。

『THERMOS COFFEE TO GO』ってどんなコーヒーショップ?

はじめに、『THERMOS COFFEE TO GO』の3つの特長をお伝えしたい。

1.温度がキープできるマイボトルの持ち込みを推奨

店名の通り店内に座席はなく、マイボトルの使用を推奨する。有料(50円)でテイクアウト用カップ(※)も用意しているが、繰り返し使えるマイボトルの使用によりゴミを削減し、環境に配慮した飲用スタイルを提案する。

(※)環境に優しい素材を使用し、カップ1つにつき20円が世界自然保護基金の自然保護活動のために使われる。

2.おいしさが長持ちするこだわりのコーヒー豆を丁寧にハンドドリップ

コーヒーは、時間が経つと風味や香りがどんどん劣化してしまう。長時間マイボトルに入れてもおいしさが続くように、豆の選定・焙煎方法・挽き方・淹れ方の細部に至るまで徹底的にこだわっている。

さらに、豆ひと粒ひと粒のおいしさ、個性を最大限に引き出すため、マシンではなく専任スタッフが約10分かけて丁寧に抽出する。抽出後は複数のタンクに移し替えるため、接客時はスムーズにコーヒーを提供することが可能だ。

3.注文は量り売りで飲み切れる量だけ

ドリンクは全て200mlからの注文で、それ以上は100ml単位で量り売りとなるため、飲みたい量だけ無駄なく購入できる。また毎日の通勤のお供に、お得なサブスクサービスも提供する(詳細は後述)。

気になるドリンクメニューは?

白を基調とした明るい内装はさわやかな朝にピッタリ。床に描かれた動線も分かりやすい

「すっきり」または「コク」を楽しむ基本の2種類のオリジナルブレンド

出典:https://www.thermos.jp/coffeetogo/

(1)フローラル:花のような華やかな香りと甘酸っぱさを感じる、やさしい後味(Hotのみ)。
(2)バタリー:香ばしくバターのようなまったりとしたコク、キレ味の良い苦味(Hot、Ice)

ほかにも、ブレンドせず単一生産国のコーヒー豆を使用した「シングルオリジン」も定期的に内容を変えながら2~3種類用意している。つまり、毎日4~5種類のコーヒーの中から好みの味を選ぶことができるのだ。

さらに、注目したいのは長時間おいしさを保てるコーヒーのこだわりだ。

できあがったオリジナルブレンドは、香りとコクを最大限に引き出すために、一般的な豆の分量よりも約1.5倍のコーヒー豆を贅沢に使用している。また、雑味をおさえるためにコーヒー豆を超・粗挽きにしていることも特徴だ。そして、ゆっくりと丁寧に抽出することで、うまみ成分を存分に引き出しているのだ。

さらに、オレンジジュースや抹茶ミルクなど、コーヒー以外のメニューも取り揃えている。

3時間おいしさを保つ、毎日飲んでも飽きのこないコーヒーの味わいとは

実際にコーヒーを試飲してみた。フローラルは酸味がありフレッシュ感たっぷりで、朝に飲みたくなる味わい。バタリーはまろやかで深いコクを感じ、後味がとても長い。ランチの後や午後の時間帯に飲みたくなる味わいだ。いずれも苦味は穏やかで飲みやすい。

また、店内ではコーヒーに最適なサーモスのオリジナルタンブラーを、数量限定で販売している。このタンブラーにコーヒーを入れて帰宅し、少しずつ飲んでみたところ、3時間経っても湯気が立ちあがるほど熱さが保たれ、味の劣化も感じなかったので大変驚いた。

360ml入る真空断熱構造のタンブラーで、保温・保冷が可能。税込3300円

香りを楽しめる広口で口当たりが良い。手になじむ形状で洗いやすいのも特徴だ。

オープンキャンペーン実施中!サブスクリプション(定額)サービスはさらにお得!

『THERMOS COFFEE TO GO』では全店共通でサブスクサービスも利用できる。1日1回の利用で月額税込3500円をはじめ、計4種類のプランを展開する。オリジナルブレンドを1杯(300ml)450円で換算すると、月に8回以上利用すればサブスクの方がお得になる。1日に何度も利用できるプランも魅力的だ。

西新橋、大手町が通勤動線上の方にはお得なサブスクをおすすめしたい。

OOTEMORIは大手町駅に直結し、店舗がある地下2階にはレストランフロアがあるため、出勤前に、ランチ後に、帰宅時に1杯など、様々な使い方ができるだろう。8月末まではサブスク半額キャンペーンも実施しているので、詳しくは公式サイトで確認して欲しい。

『THERMOS COFFEE TO GO』は、コーヒーの本格的な味わいを追求しながらも、ゴミとなるプラスチックをできるだけ使用しない環境に配慮したコーヒーショップだ。7月1日からレジ袋が有料化したこともあり、これからはマイボトル持参も当たり前になる時代になるのではないだろうか。コーヒーを飲みながら、楽しんでエコに取り組んでいきたいものだ。

※当記事に掲載している商品情報などは、記事公開時のものとなります。
※新型コロナウイルス感染拡大予防への対策や取り組みとして、両店舗では定期的な消毒やマイボトルに直接触れない(手袋着用)などを実施している(詳細は公式サイトに記載)。

【店舗概要】
・西新橋スクエア
東京都港区西新橋1丁目3番1号西新橋スクエア1階
営業時間:月-金 7時~19時の平日のみ

・OOTEMORI
東京都千代田区大手町1丁目5番5号大手町タワー地下2階
営業時間:月-金 7時~19時、土日祝 11時~18時

【『THERMOS COFFEE TO GO』公式サイト】
https://www.thermos.jp/coffeetogo/

【取材協力】
サーモス株式会社

取材・文/Mami
(一社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。