人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ファッション・アパレル業界の転職理由ランキング、3位他の業種や職種にチャレンジしたい、2位金銭面、1位は?

2020.07.24

「転職理由」は働く人々が企業に求める条件とも言える。

今回紹介したいのは「ファッション・アパレル業界の転職理由ランキング」。ファッション・アパレル業界の転職希望者は、働く企業に何を求めているのだろう。

ファッション・アパレル業界ではライフイベントに合わせた働き方を求める個人が多い

2019年の1年間に転職を希望した人の転職理由は、1位「スキルアップ・キャリアアップしたい」(22.7%)、2位「金銭面(年収が低い・賞与が出ない)」(20.0%)、3位「他の業種や職種にチャレンジしたい」(13.5%)。

スキルアップや、キャリアプランの実現を転職理由に挙げる転職希望者が多く、将来を見据えて転職する傾向が強いことが明らかとなった。

さらに、店舗で働く販売職が就業人口の多くを占めるファッション業界ならではの、6位「休日が少ない・ワークライフバランスを大切にしたい」、8位「シフト制などではなく、週休二日・土日休みを希望する」といった働き方に関する転職理由もランクインした。

金銭面を理由に転職を考える人の割合が最も高い結果に

転職理由の上位5位の内訳を職種別でみると、ほぼ全ての職種で「スキルアップ・キャリアアップしたい」が1位という結果になった。

特に「プレス・販促・VMD」では、4割近くの転職者がスキルアップ・キャリアアップを転職理由に挙げている。具体的には、WebマーケティングやECサイトの運営など、デジタル領域へのスキルアップを希望する声が転職者から多く聞かれる。

一方、「店長・販売」は、「金銭面(年収が低い・賞与が出ない)」を理由に転職をする割合が22.5%と最も高く、7職種のなかで唯一「スキルアップ・キャリアアップしたい」の割合を上回った。要因として、「店長・販売」は、他の職種と比較して年収が低い傾向にあり、労働条件の改善を求め転職を希望する人が多いことが挙げられる。

金銭面を重視する割合は、年齢が低いほど高くなる結果に

転職理由の上位5位の内訳を年齢別でみると、いずれの年代でも「スキルアップ・キャリアアップしたい」が上位を占め、20代・30代は、他の業種や職種への転職にも積極的な様子がうかがえる結果となった。

また、条件面にこだわって転職を決意するケースが多いのも若年層の特徴で、年代と反比例して金銭面を重視する傾向が見られた。

50代では、「今の職場では自分のキャリアを実現できない」の割合が高く、長年ブランドに携わっていたからこそ、さらにキャリアアップをしたいと考える人が多いことが想定される。

調査概要
2019年1月~12月の間に、「クリーデンス」に登録したビジネスパーソンのデータをもとに算出

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。