人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

クーペのように流麗なボディスタイルを採用したフォルクスワーゲンの新クロスオーバーSUV「T-Roc」

2020.07.21

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、フォルクスワーゲンの新たなクロスオーバーSUV である 新型「T-Roc(ティーロック)」を、全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで発売。

キャッチコピーは「All My T-Roc」。普段使いはもちろん、長距離ドライブなどのあらゆるニーズに きちんと応える「T-Roc」の特徴を表している。

グレードは 4 種類。全国希望小売価格は、 ¥3,849,000(税込)〜¥4,539,000(同)となる。

新型「T-Roc」は、クーペのように流麗なボディスタイルを有したスタイリッシュなデザインを特徴として おり、フォルクスワーゲンの生産モジュール“MQB”の採用による、日本の道路環境に最適なボディサイズと、コンパクトなサイズながら広い室内空間を実現している。

パワートレインは 2.0 TDI エンジンを 採用し、上級モデル譲りの先進安全装備を全グレード標準装備。

力強いデザインや見晴らしの良さ といった SUV の魅力に、街中での取り回しの良さやスポーティな走りといったハッチバックの魅力が 合わさったクロスオーバーSUV だ。

日本国内の SUV マーケットは、日本の道路環境にマッチした比較的コンパクトなサイズの SUV が販売 全体の約 75%(VGJ 調べ)を占めている。

さらに、普段使いを重視した街乗りニーズの高まりにつれ て、より乗用車的なデザインや走行性能を有した SUV モデルが次々と導入されており、SUV マーケット 全体の人気を押し上げている。

VGJ は、「Tiguan(ティグアン)」、「T-Cross(ティークロス)」に加えて、 今回新型「T-Roc」を導入することで、多様化する SUV マーケットのニーズに対応。

新型「T-Roc」のデザインは、「Tiguan」から受け継がれた、新しいフォルクスワーゲンの SUV の DNA を表現しており、ダイナミックで都会的なスタイルを取り込んでいる。

LED デイタイムランニングライト が組み込まれたフロントフェイスバンパーは、ヘッドライトと一体感のあるラジエーターグリルにより ワイドさが強調されている。

また、大型エアインテークとアンダーボディガード、リヤディフューザーによりSUV らしい力強さもアピールしている。

サイドはクロームトリムで強調されたロングルーフが 流麗なシルエットとなり、スタイリッシュなデザインを実現。

魅力を高める全 9 色のボディカラーとフォルクスワーゲン SUV 初採用の 2 トーンカラー

「T-Roc」はフォルクスワーゲンのSUVとして初となる2トーンカラーを採用。全9色の多彩な ボディカラーに合わせ、グレードに応じてブラックまたはホワイトのルーフカラーを組み合わせることが 可能だ。

また、「T-Roc TDI Style Design Package」では、ボディカラーがターメリックイエローメタリック もしくはラヴェンナブルーメタリックを選んだ場合、インテリアもボディカラー同色系のイエローもしくはブルーにカラーコーディネートされている。

日本の道路環境にマッチするボディサイズと広々とした室内空間を両立

フォルクスワーゲンループの生産モジュール「 MQB 」 ( ド イ ツ 語 の 頭 文 字 か ら MQB=ModularerQuerbaukasten)による堅牢かつ設計自由度の高いシャシを用いた新型「T-Roc」の 全長・全幅は、4,240mm、1,825mmとフォルクスワーゲンのハッチバックモデル「Golf(ゴルフ)」に近い ボディサイズであり、「Golf」同様に取り回しがしやすくなっている。

また、コンパクトなボディサイズで ありながら、広々とした居住性とクラストップレベルの445lの荷室を有している。

さらに、後席の シートバックを倒せば最大1,290lという広大な空間になるなど高い実用性も持ち合わせている。

長距離ドライブにも最適な 2.0 TDI エンジンで優れた燃費性能を実現

新型「T-Roc」に採用されている 2.0 TDI エンジンは、最高出力 110kW(150PS)、最大トルク 340Nm を発揮し、7 速 DSG を組み合わせることで、クルージングでは低い回転数を保ち燃費を向上させ、 アクセルを踏み込めばどこからでも力強い加速でドライバーの疲労を軽減させながら安全で快適な長距離ドライブを可能としている。

また、実際の使用環境を想定した WLTC モード燃費値で 18.6km/l と経済性にも優れている。

上級モデル譲りの先進安全装備を標準採用

新型「T-Roc」は、MQB の採用により、先行車を完全停止状態まで自動追従して走行するアダプティブ クルーズコントロール"ACC" (全車速追従機能付)、プリクラッシュブレーキシステム"Front Assist" (歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)などの上級モデル譲りの先進安全装備を 全車標準装備。

さらに、ナビゲーション機能やオーディオシステムに加え、コネクテッドカー としての機能を有する Volkswagen 純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”や、画面全体に ナビゲーションマップを表示することができるデジタルメータークラスター“Active Info Display”などの 快適装備も全グレード標準装備とし、高い安全性や快適性を実現している。

関連情報:https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。