人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マイクロソフトのサブスクリプション型サービス「Microsoft 365 Personal」ユーザー限定!Officeの超使える機能3選

2020.07.22

映画、音楽、動画サイトと、時代はサブスクリプション(定額制)が人気を博している中、2020年4月にマイクロソフトがサブスクリプション型サービスの「Microsoft 365 Personal」の提供を開始した。

Microsoft 365 Personal はパーソナルという名の通り、一般のユーザーに向けたサービスだ。しかし、コンテンツの充実度は一般法人向けに引けを取らないほど充実している。

・常に最新版のOfficeアプリ
・1TBの大容量ストレージ
・Windows, Mac ともにインストールの台数無制限(5台までの同時使用可能)
・機能制限なしのモバイルアプリ(iOS, Android対応)
・従来よりも高度なセキュリティ(OneDrive用)
・無料のテクニカルサポート

価格は毎月と毎年で選択できる。月は1,284円(税込)、年であれば12,984円(税込)。

従来の買い切り型のOfficeアプリ「Office Professional 2019」が65,784円(税込)であることを考えると、コストパフォーマンスは絶大だろう。

Microsoft 365 Personalの価値は上記のコンテンツだけにとどまらない。多くのユーザーが愛用しているであろうOfficeにも、Microsoft 365 Personalユーザー限定の機能が多くある。その中でも魅力的な機能を3つ紹介していこう。

Microsoft Editor を使えば文章構成の心配は無用

AIを駆使したサービス「Microsoft Editor」は、スペルチェックや文章構成などを自動的に修正してくれる。利用範囲も広く、拡張機能を使えばGoogle Chrome上でも利用可能だ。Microsoft Editor自体はすべてのユーザーが使用可能だが、Microsoft 365 Personalユーザーはより質の高い機能を利用することができる。

このように、適切でない単語やワードがあれば自動的に検知して訂正をしてくれる仕組みだ。検知には2~3秒かかるため、使用する場合は意識する必要がある。

PowerPoint がスピーチの練習に付き合ってくれる?

基本的な機能の他に、Microsoft 365 Personalユーザーには「Presenter Coach」が利用可能になる。

Presenter Coachとは、AIを利用したサービスのことであり、我々に向けてプレゼンが上達するためのヒントやコツを伝授してくれる。具体的な機能で言えば「モノトーンピッチ」と「スピーチ洗練機能」だ。モノトーンピッチはユーザーがプレゼンを行う声のトーンを聞き、フィードバックを行ってくれる。場合によっては他のバリエーションを提案してくれることもある。スピーチ洗練機能は、文字通りスピーチの文章構成やより良いいい回しを提案してくれる。

無料プレビュー版であれば全ユーザーが利用可能だが、実際に使うことができるのはMicrosoft 365 Personalユーザーだけとなる。

※現時点(2020年7月現在)では英語のみの対応で、日本語には対応されていない。今後に期待だ。

Skypeは60分通話無料!Termsと併用して効率的な生活を送れること間違いなし

現在は、コロナウイルスの影響によって自宅にいる時間が増えた人も多いだろう。SkypeはMicrosoft 365 Personalユーザーに限り、月60分の国際電話が無料で利用可能となる。これにより世界中の友達と気軽に連絡を取り合うことが可能だ。

また、以前までは法人のみ利用可能であった「Microsoft Teams」を併用して、友達同士でのチャット、共有カレンダー、今後の予定作成などを行ってもよいだろう。Termsは基本機能に限り無料で利用可能。

仕事だけでなく、プライベートもカバーした「日常のハブ」となり得る Microsoft 365 Personal。以前より仕事とプライベートの境界線が曖昧になりがちな今にこそ、是非試してほしいサービスだ。

関連情報
・Microsoft 365 について
https://news.microsoft.com/ja-jp/2020/03/31/200331-introducing-new-microsoft-365-personal-family-subscriptions/

・Microsoft 365 Personal の購入
https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/p/microsoft-365-personal/cfq7ttc0k5bc?activetab=pivot%3aoverviewtab

取材・文/ババタクト

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。