人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍中に新規発行されたクレジットカードTOP3、3位三井住友カード、2位イオンカード、1位は?

2020.07.21

コロナ禍により、オンラインショッピングが旺盛になり、キャッシュレス決済の中でもクレジットカードの発行や利用か著しく進んだ。その背景や、みんなの利用用途などをチェックしておこう。最後には、クレジットカード利用のお得情報も紹介する。

コロナ禍でキャッシュレス利用が6割増加

キャッシュレスラボが2020年5月1日~2020年5月6日に、キャッシュレス決済を利用している全国20~50代の男女200名を対象に実施した「コロナ禍のキャッシュレス事情」についての調査結果によれば、「コロナ前後で、キャッシュレス決済の利用は増えましたか、減りましたか?」という問いに対して、「増えた」と回答したのは59%にも上った。

「コロナ前後で、キャッシュレス決済のどのような利用が増えましたか?」という問いの答えについては、次のランキング結果に。

1位 実店舗での日用品の買い物(スーパー、コンビニ、ドラッグストアなど) 31%
2位 ネットでの日用品の買い物 25%
3位 飲食店の利用 16%
4位 交通費、旅行 10%
5位 宅配サービスの利用 7%
6位 動画配信サービス 6%
7位 教育関連(本、オンライン教材など) 5%

オフライン・オンラインともに日用品の利用が多いが、飲食店の利用も見られた。

では、なぜキャッシュレスの利用が増えたのだろうか? その理由を聞いたところ、接触感染リスクを抑える目的の「現金を持ち歩かなくてよい」「お会計がスピーディ」「現金のやり取りによる接触リスクを避けられる」「現金取引で発生する手数料がかからない(ATM引き出しなど)」を合わせて64%となったことから、多くのケースでコロナ感染拡大がキャッシュレス化を促したといえる。

クレジットカードの新規発行した理由トップは「ポイントが貯まるため」

クレジットカードに絞ってみると、コロナ禍においても大いに利用、発行が活発になったようだ。

株式会社GVの「まねーぶ」が実施したコロナ禍中の2020年2月~6月におけるクレジットカードの新規発行および解約退会状況について実態調査によれば、コロナ禍中にクレジットカードを「新規発行した」人は252人で、「解約退会した」人は176人となった。

コロナ禍中に新規発行されたクレジットカードランキングを見てみると、「楽天カード」が104人と断トツトップ。2位以下は「イオンカード」32人、「三井住友カード」23人、「dカード」23人、「Yahoo! JAPANカード」15人と続いた。

新規発行した理由は、「ポイントが貯まるため」が175人でトップ、次いで「入会金・年会費が無料、または安いため」が133人、3位は「付与ポイントが使いやすいため」で89人となった。入会のハードルが低く、年会費やポイント利用のお得さが引きとなっているようだ。

またコロナ禍中に、メインで使うクレジットカードを変えた人は27.0%となり、ここでも「楽天カード」が154人で断トツトップ。次いで「Yahoo! JAPANカード」(52人)、「イオンカード」(47人)となった。

メインで使う理由として上位3項目は、「ポイント(マイル)が貯まりやすい」「買い物(特定の店)で使うのに便利」、「スマホ決済と組合せ利用しやすい」。利用時に付与されるポイントが重視される内容となっていた。

コロナ禍はよりお得な買い物をオンラインメインで行えるクレジットカードに注目が集まったようだ。

クレジットカード利用でお得になる期間限定情報

コロナ禍はまだまだ続いている。クレジットカード利用でより得を得ることがポイントとなりそうだ。各社が企画している期間限定のお得情報を紹介しよう。

1.アメリカン・エキスプレスカード/30%キャッシュバックキャンペーン

【参考】かまわぬ 代官山店の店内表示

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、厳しい状況にある中小店舗への支援の一環として、「SHOP SMALL」(以下、ショップスモール)の取り組みをスタートした。今後2億米ドル(約210億円)以上の投資を行い、日本を含む世界10カ国以上で中小店舗における消費を促す。

その取り組みの一環として、国内の中小店舗約10万店において、アメリカン・エキスプレスのカード会員を対象にした30%のキャッシュバックキャンペーンを実施する。

キャンペーン参加の加盟店で、アメリカン・エキスプレスのカード会員が事前に登録したAmexのカードで支払いをすると、カード利用明細書上で30%のキャッシュバックが受けられる(一部対象外のカードあり)。キャッシュバック上限額は、合計5,000円。

アメリカン・エキスプレスが2020年5月28日~6月3日に行った調査では、事業継続に必要な水準に回復するまで、私の店は営業を続けられないと思うと答えた中小事業者が4割いることが分かった。また、店がコロナ禍から回復するための最も重要な支援者として「地元の常連客」と回答する人が35%と最も多かった。当キャンペーンに参加している店舗の中には、コロナ以前は外国人観光客のお客さんが多かったものの、現在は地元のお客さんが目立つようになってきている店舗もあり、当キャンペーンに期待をしているそうだ。

対象加盟店は、飲食からショッピング、サービスなどさまざまな店舗がある。飲食店を救う意味でも、時にお得に贅沢をしてみるのもよさそうだ。

事前登録期間/キャンペーン期間:2020年7月3日(金)~9月24日(木)

対象加盟店リスト一覧
キャンペーンサイト

2.ローソンPontaカード/ショッピングリボでPontaポイント1,000ポイントプレゼント

キャンペーン期間中にエントリーし、ローソンPontaカードでショッピングリボ(リボ宣言・リボ払い・リボ変更)を合計1,500円(税込)以上利用した人の中から、抽選で100名にPontaポイント1,000ポイントがプレゼントされる。

対象カードはJMBローソンPontaカードVisa、ローソンPontaカードVisa、ローソンPontaカード ハウス。

該当のカードを持っているなら、ぜひエントリーしてポイントをゲットしておこう。

エントリー期間:2020年7月13日(月)~8月31日(月)

キャンペーンサイト

3.au PAY カード/au PAY 生活応援企画 飲食デリバリーキャンペーン

期間中、対象加盟店においてau PAY カード(旧au WALLET クレジットカード)、au PAY プリペイドカード(旧au WALLET プリペイドカード)、auかんたん決済(au PAY カード支払い/au PAY 残高支払い)で、支払いをすると、200円(税込)ごとに20ポイント(10%)のPontaポイントを加算する。

対象加盟店は現在のところ、飲食デリバリーの出前館とピザハットがあり、順次追加予定。在宅勤務中の食事も、少しでもお得に利用することができそうだ。

キャンペーン期間:2020年6月15日(月)0:00~9月13日(日)23:59

キャンペーンサイト

このコロナ禍において、クレジットカードを少しでもお得に利用しようという人々の動きがみられる。ぜひ手持ちのクレジットカードをお得に利用できる方法を調べてみよう。場合によっては新たにお得なカードを契約してみるのもいいかもしれない。

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。