人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

サッカー、野球、バスケ、テニス、ダンス...いつ読んでも熱い気持ちになれるおすすめスポーツ漫画12選

2020.07.24

努力や挫折、仲間との絆、試合中の熱い駆け引きなど多くの要素が詰まったスポーツ漫画。主人公たちが一つの目標に向かってひたむきに打ち込む姿や、少しずつ成長していく様子からは、日常生活に活かせることも多く含まれている。お気に入りのスポーツ漫画を、"人生のバイブル"にしている人も少なくないだろう。本記事では、熱い気持ちになれるおすすめの作品を紹介する。

【目次】

2020年はこれがくるかも!最新スポーツ漫画

「名言」が印象的なスポーツ漫画

一度は読んでおきたい不朽の名作

2020年はこれがくるかも!最新スポーツ漫画

はじめに、これからますます注目を集めるであろう連載中のスポーツ漫画を紹介する。どちらの作品も読者からの評価が高く、今後より一層話題になること間違いなし。まだ読んだことのない人は、ぜひチェックしてみてほしい。

ワンダンス 珈琲

ワンダンス 珈琲

『ワンダンス』は、アフタヌーンで連載中のスポーツ漫画。高校のダンス部を舞台に、主人公とヒロインの青春を描いた作品だ。自己表現の苦手な高校生 小谷は、人目も気にせずダンスで思い切り自分を表現するクラスメイト 湾田の姿に目を奪われ、次第に彼女に興味を持っていく。彼女と一緒に踊りたいと思うようになった小谷は、苦手だったダンスに挑戦することを決意するのだった。ダンスの躍動感やリズムを巧みに表現した作中の描写にも注目。

出典 公式サイト|ワンダンス 珈琲

 

アマゾンでの購入はこちらから

アオアシ 小林有吾

アオアシ 小林有吾

ビッグコミックスピリッツにて連載中の小林有吾の『アオアシ』は、Jリーグのユースにスポットを当てた珍しい作品。2020年、第65回小学館漫画賞一般部門を受賞している。愛媛の弱小サッカー部でプレイしていた青井葦人(あおいあしと)は、その類いまれな才能を見出したユースチームの監督、福田に見いだされユースに入団する。それまで自己流でサッカーをやってきた葦人が、一つひとつ戦術や技を身に着け、成長していく過程を描く。

出典 公式サイト|アオアシ 小林有吾

 

アマゾンでの購入はこちらから

「名言」が印象的なスポーツ漫画

ライバルと本気でぶつかり、挫折し、成長していくスポーツ漫画の登場人物たち。そんな彼らが口にするセリフの数々は、社会に出てからも役に立つような「名言」になることもしばしば。ここでは、そんな名言が登場するおすすめの作品を紹介する。

ハイキュー!! 古舘春一

ハイキュー!! 古舘春一

『ハイキュー!!』は、週刊少年ジャンプにて連載され、2020年に完結予定のバレーボール漫画。自身もバレーボール経験のある古舘春一による作品だ。バレーボール選手としては圧倒的な低身長の主人公 日向翔陽が、常人離れしたスピードや身体のバネを武器に、相棒である天才セッター 影山を始めとする仲間たちと共に、全国大会を目指していくというストーリー。影山の「俺が居ればお前は最強だ!」は二人の絆を感じさせる名セリフだ。

出典 公式サイト|ハイキュー!! 古舘春一

 

アマゾンでの購入はこちらから

弱虫ペダル 渡辺航

弱虫ペダル 渡辺航

自転車競技を題材にした、渡辺航の『弱虫ペダル』は週刊少年チャンピオンで連載されている作品。舞台やアニメ、実写映画化など、さまざまなメディアミックス展開が行われている。ひょんなことから自転車競技部に入部したオタク少年 小野田坂道は、先輩である巻島の指導により、小学生の時から自転車で秋葉原に通い続けるうちに身についていた"クライマー"としての能力を開花させていく。個性豊かなキャラ達のセリフは、覚えやすくマネしたくなるものばかり。

アマゾンでの購入はこちらから

ROOKIES 森田まさのり

ROOKIES 森田まさのり

森田まさのりの『ROOKIES』は、過去の不祥事が原因で荒れ果ててしまった野球部の不良たちを更生すべく、新任教師の川藤が奮闘し甲子園を目指していくストーリー。実写ドラマ化、映画化もされどちらも人気を博した。国語教師である川藤が放つ、熱血で前向きなセリフの数々は印象に残るものが多く、特に「夢にときめけ 明日にきらめけ!」は作中でも何度も登場する代表的な名セリフ。

アマゾンでの購入はこちらから

テニスの王子様 許斐剛

テニスの王子様 許斐剛

許斐剛の『テニスの王子様』は根強いファンの多い作品。現在、続編である『新テニスの王子様』がジャンプスクエアにて連載中だ。天才テニスプレーヤーである中学生 越前リョーマを中心に、数多くの魅力的キャラクターが登場し、アニメや舞台をはじめ、キャラクターソングや乙女ゲーム化など、多くのメディアミックスが行われている。人間離れした奇想天外な技の描写が多く、それに伴い作中にも多くの印象的な名(迷?)言が満載。

出典 公式サイト|テニスの王子様 許斐剛

 

アマゾンでの購入はこちらから

MAJOR 満田拓也

MAJOR 満田拓也

野球漫画の中でも著名な作品の一つ『MAJOR』は満田拓也の漫画。現在は続編の『MAJOR 2nd』が週刊少年サンデーで連載中だ。幼くしてプロ野球選手である父を失った主人公茂野吾郎が、自身もプロ野球選手を目指して成長していく様を、幼稚園時代から順番に追っていくストーリー。「できるかできないかじゃねぇ!男ならやるかやらねぇかのどっちかしかねぇだろ!!」という吾郎のセリフは、多くの人の共感を呼んだ名言。

出典 公式サイト|MAJOR 満田拓也

 

アマゾンでの購入はこちらから

一度は読んでおきたい不朽の名作

たくさんの人に愛される名作スポーツ漫画は、日本のみならず海外にも影響を与えた作品も多く、年齢や時代を超えて今もなお読者を魅了し続けている。今現役で活躍しているプロアスリートにも、これらの漫画の愛読者が多く存在していることでも有名だ。

キャプテン翼 高橋陽一

キャプテン翼 高橋陽一

言わずと知れたサッカー漫画の金字塔、高橋陽一の『キャプテン翼』。「ボールが友達」の主人公、大空翼をはじめとする少年達がサッカーを通して仲間と成長していく。連載開始からサッカーブームを巻き起こし、海外の代表選手たちの多くがファンであることを公言するなど、世界中に計り知れない影響を与えている。派生作品を含めた巻数は100冊を突破し、今もなお大きな広がりを見せる。

出典 公式サイト|キャプテン翼 高橋陽一

 

アマゾンでの購入はこちらから

はじめの一歩 森川ジョージ

はじめの一歩 森川ジョージ

1989年の連載開始から31年に渡り週刊少年マガジンで連載が続く「はじめの一歩」。森川ジョージによる、ボクシング漫画の代表とも言うべき作品だ。いじめられっ子の幕之内一歩がボクシングと出会い、プロボクサーとして、人間として成長していく姿を描いている。登場人物の多くに実在する選手の姿が投影されており、一歩だけでなく仲間やライバル達の戦いも詳細に描写しているのが大きな特徴の一つ。

出典 公式サイト|はじめの一歩 森川ジョージ

 

アマゾンでの購入はこちらから

キャプテン ちばあきお

キャプテン ちばあきお

『キャプテン』は70年代に連載されていた、ちばあきおの野球漫画。当時のスポーツ漫画の多くに見られるような、卓越した才能を持った人物や非現実的な技はほとんど登場せず、等身大のキャラクターが悩み、苦しみながらも地道な努力を積み重ねて少しずつ成長していく様を描写している。最初の主人公である谷口が卒業した後に、代々のキャプテンを主人公にして連載した点など、リアリティのあるストーリーが多くの共感を呼んだ。

アマゾンでの購入はこちらから

シュート! 大島司

シュート! 大島司

大島司の『シュート!!』は、週刊少年マガジンで1990年から13年間に渡って連載されていたサッカー漫画。アニメ化の他、SMAP主演で映画化もされた。伝説の先輩 久保に憧れて同じ高校に進学した田仲俊彦を中心に、技巧や戦術よりも人間性の表現に重きを置いた描写が特徴的。作中にはしばしば「裏主人公」とも言うべき人物が登場し、彼らを中心に描かれる展開もさらに本作品に深みを持たせる要因の一つ。

アマゾンでの購入はこちらから

SLAM DUNK 井上雄彦

高校バスケットボール界を舞台に、初心者・桜木花道の無謀とも思える数々の挑戦と、飛躍的な成長を描いた『SLAM DUNK』。作者井上雄彦の代表作であり、バスケットボールの普及の一因を担った名作だ。人気絶頂の中で唐突に迎えた最終回や、物語の続きを連想させるような展開も相まって、未だに続編を熱望するファンも多い。作中のキャラクターのセリフには名言も多く、未だに多くの世代から支持を得ている不朽の名作。

出典 公式サイト|SLAM DUNK 井上雄彦

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

 

文/oki

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。