人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

計算速度は2位に2倍以上の差!世界ランキングで4冠を獲得した驚異のスパコン「富岳」とは?

2020.07.19

スパコンとは、スーパーコンピュータの略。その時代の一般的なコンピュータと比べて、ずば抜けた計算・情報処理機能を搭載した最新鋭の超高性能コンピュータを指す。

このほど、令和2年現在におけるスパコンのトレンドをまとめた、三井住友DSアセットマネジメントによるレポートを紹介していきたい。

【ポイント1】『富岳』が4部門で世界一に

スパコンはその時代の一般的なコンピュータでは解くことが困難な大規模で高度な科学技術計算を高速に行うことができ、主に研究機関や企業などで使われている。

『富岳』は、高速コンピューターに関する国際専門家会議が今年6月に発表したランキングの最新版で、計算速度のほか、実際のシミュレーションやAIの計算性能を測る指標など、計4部門で首位となった。計算速度は2位の米IBMの「Summit(サミット)」に2倍以上の差をつけている。

【ポイント2】使いやすさを重視

前回首位をとった「京」はCPU(中央演算処理装置)や基本ソフト(OS)の仕様から「使い勝手が悪い」との声が聞かれた。『富岳』はこの反省を生かし、使いやすさや多様なアプリケーションに対応できることなどを重視して開発された。

富士通が設計・開発した高性能の専用のCPUを15万個以上そろえ、使いやすさに加えて、効率よく通信するネットワークで結んで最適に制御して大量の計算を瞬時にできるようにした。

『富岳』が最初に取り組んだテーマが、新型コロナウイルス対策であり、どうやったら感染が防げるかといったシミュレーションを行った。また京都大学では、『富岳』を用い、新型コロナウイルスの治療薬の候補となる物質を数十種類発見したと発表した。

【今後の展開】『富岳』の活用により産業競争力などの底上げを期待

『富岳』は2011年に首位だった「京」が1年かかる計算を数日でできる計算能力をもつ。『富岳』が取り組んだ使いやすさの改善により、期待される用途先は創薬や遺伝子分析、地震や気候変動など多岐にわたる。海外に対して優位性のあるスパコン『富岳』を最大限活用して、産業競争力の向上や防災機能の底上げなどにつなげていくことが期待される。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。