人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ハイエンドモデル顔負けの高性能CPU搭載!打倒iPhone SEを成し遂げるのは「LG style3」なのか?

2020.07.20

LGエレクトロニクスという韓国のメーカーをご存じだろうか。テレビやAV機器、パソコンの周辺機器など様々な製品を開発しているメーカーなのだが、2020年6月25日にそんなLGから新たに「LG style3」というスマホが発売となった。4万円台で購入可能なミドルレンジスマホながら、かなり使い勝手が良く、高性能を搭載しているとのことなので、早速試してみた。

「LG style3」の使用感はいかに!?

では、実際にLG style3を使用し、その使用感を紹介していこう。

「LG style3」のサイズや重量は?

本体サイズは高さ約152×幅約72×厚さ約8.7mmとなっており、握った感覚としてはやや分厚い印象。しかし、重量がわずか約160gしかないので、操作中にストレスを感じたり、手首や指先が痛くなったりはしなかった。本体背面には指紋認証センサーも搭載されているので、ロックの解除も快適に行えた。また、ディスプレイは約6.1インチの有機ELで、解像度が3120×1440とかなり高い。そのため、動画の視聴はもちろん、Webサイトの閲覧やゲームの画面も、美しく楽しめた。

背面はシンプルな設計。丸い部分は指紋認証センサーとなっている

有機ELディスプレイのため、斜めから画面を覗き込んでも明るく見える

ハイエンド顔負けの処理性能?

スマホの処理性能を決めるCPUは、ハイエンドモデル顔負けの仕様となった。LG style3に搭載されているCPUは「Snapdragon845」。数字が大きいほど高性能なSnapdragonは、ミドルレンジスマホに搭載されるものだと600番台から700番台のものを搭載するのが通例。最新のモデルが「Snapdragon865」である点を鑑みても、かなり高性能なCPUを搭載したといえる。

肝心の動きもさすがといえるもので、スマホの起動からホーム画面のスクロール、アプリの起動などキビキビと動く。レスポンスも早く、動画視聴なども固まることなく動いた。

メモリ4GB、ストレージ64GB

同時に作業できるスペースの広さを示すメモリは4GB、データの保存量を示すストレージは64GBとなっており、ミドルレンジスマホとして標準的な仕様。画像や動画をたくさん保存したいという人は、無料のクラウドサービスなどに随時データを移行したり、外部SDカードを挿入する必要があるかもしれないが、標準的な使い方であれば問題はないだろう。

試しに、7個程度のアプリを起動した状態でWeb検索、ゲームの起動を行ってみたが、さすがにこれは少しもたついてしまう印象もあった。動作の重いゲームなどを動かしたい場合は、バックグラウンドで動作しているアプリを停止したり、キャッシュを削除すれば問題ないだろう。

とにかく頑丈! 防水・防塵機能もしっかり搭載

LG style3は、米国務総省が規定したMIL規格という頑丈さを表す規格に対応している。また、防水・防塵性能もIP68と比較的高く、故障の心配は少なく済みそうだ。今回試した端末はメーカーから借り入れたものなので、投げたり落としたりという実験を行っていないのはご容赦いただきたい。

約4820万画素/約500万画素のデュアルカメラ搭載

背面カメラには約4820万画素レンズと、約500万画素レンズのデュアルカメラを搭載。インカメラは約810万画素のシングルレンズとなっている。写真の機能は豊富で、通常撮影のほかにポートレート撮影、AIカメラ撮影、マニュアルカメラモード、ナイトビューやパノラマ撮影にも対応している。

写真撮影に関しても、シャッターのレスポンスが早く、瞬時に撮影ができたのが嬉しいポイントだった。また、ディスプレイの性能も相まってか画質も良く、上下スワイプで動画と写真の切り替えができる機能も便利に感じた。詳しい画質に関しては下図を参考にしていただきたい。

全体的に発色の良い写真の撮影が可能

自動で背景をぼかしてくれる

バッテリーは約3500mAhを搭載

バッテリーの容量は約3500mAhと、こちらもミドルレンジスマホとして標準的な容量となっている。試しに、充電100%の状態から、Bluetoothに接続しながら動画の視聴を30分行ってみたところ、バッテリー残量は95%もあった。一日外出する際でも、ゲームを長時間するなどの利用法でない限りは問題ないだろう。

しっかりとバランスよく響かせるスピーカー

本体下部にスピーカーを内蔵。充電コネクタはUSB Type-Cとなっている

LG style3は、本体下部にスピーカーを搭載。HP上は特別記載のある項目でもないことから、スペシャルなものではないと思っていたが、クラシック、洋楽、邦楽、ジャズなど様々な音楽を聴いてみたところ、低音から高音まで欠けたり割れたりといったことはなく、しっかりと細部まで聴こえた。よほどの高音質スピーカーを求めている人でなければ、十分に満足できる音質なのではないだろうか。

ドコモから6月25日に発売開始

そんなLG style3はドコモから6月25日に発売が開始したばかり。価格は一括支払いで4万1976円と、搭載されているCPUや堅牢性を考えるとかなり安いといえるだろう。スマホにそこまでお金を出したくないけど、それなりの性能は欲しいという買い物上手なあなたにぴったりの端末だ。

詳しいスペックはこちら

最後に、LG Style3の詳しいスペックを記載しておく。すでに紹介した内容と被る部分もあるが、確認いただきたい。

OS:Android 10
CPU:Snapdragon845(2.8GHz+1.7GHz オクタコア)
サイズ:高さ約152×幅約72×厚さ約8.7mm
質量:約160g
バッテリー:約3500mAh
ディスプレイ:約6.1インチ 有機EL QHD+(3,120×1,440)
メモリ/ストレージ:4GB/64GB
外部メモリ/microSDXC(最大1TB)
カメラ有効画素数(外側):約4,820万画素(f1.8)/約500万画素(f2.2)
カメラ有効画素数(内側):約810万画素(f1.9)
その他:防水・防塵IP68、おサイフケータイ対応、指紋認証対応、イヤホンジャック有

取材・文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。