人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhone SEを超えるカメラ性能を搭載!「Galaxy A41」はミドルレンジスマホの覇権を握る端末となるか⁉︎

2020.07.25

世界的に人気のある「Galaxy」といえば、ハイエンドモデルの「Sシリーズ」や大画面でタッチペンの使い勝手が良い「Note」シリーズが代表的だが、近年は、Galaxyらしい高性能をミドルレンジ価格で実現した「Aシリーズ」の端末も多く展開している。

そんなAシリーズから新たに、「Galaxy A41」がドコモから2020年6月25日、KDDIからは7月8日に発売となった。なんでも、先立って発売されたミドルレンジスマホの代表格「iPhone SE」に勝るとも劣らない高性能とコスパを実現している端末だという。では、実際にGalaxy A41を試してみよう。

握りやすいボディと発色の良いディスプレイ!

左がGalaxy A41、右が旧モデルのGalaxy A30

まずはGalaxy A41のボディやディスプレイについて紹介していこう。旧モデルである「Galaxy A30」やミドルレンジスマホのライバルともいえる「iPhone SE」と比較しながら見ていこう。

約6.1インチながらコンパクトに感じる握り心地

Galaxy A41のディスプレイサイズは約6.1インチ。旧モデルのGalaxy A30は約6.4インチだったので、わずかながらコンパクトになった。しかし、このわずかな差が握り心地を左右しているように感じられる。というのも、ひと回り小さくなったGalaxy A41は、やや縦長に設計されているのか、しっかりと片手で握り込めるサイズ感となっている。

本体を重ねると、Galaxy A41の方がひと回り小さいことが分かる

iPhone SEよりも大きいディスプレイを採用

ミドルレンジスマホとしておそらくライバル製品となるであろう「iPhone SE」のディスプレイサイズは4.7インチ。1インチ以上サイズに違いがあるため、画面を見た感覚や持った感触はかなり違う。より小型の端末が欲しい人はiPhone SE、比較的小さく、片手でも操作できるサイズ感でも、そこそこの画面サイズのスマホを求めている人はGalaxy A41が適しているだろう。

発色の良い有機ELディスプレイを搭載

Galaxy A41のディスプレイには、Galaxy A30と同様に有機ELが採用された。有機ELディスプレイは、液晶ディスプレイよりも発色が良く、斜めから画面を覗き込んでも暗くならずにしっかり確認できる視野角の広さも特徴。当然、コストのかかる部分なので、ミドルレンジのスマホでは採用されない場合も多いのだが、そこはさすがGalaxyといったところだろう。また、Galaxy A30では背面に搭載されていた指紋認証センサーは、ミドルレンジスマホとしては珍しくディスプレイ中央下部に内蔵されているため、背面もすっきりしたデザインとなっている。

ミドルレンジらしからぬカメラ搭載! 肝心のスペックはいかに

ここからは、Galaxy A41のカメラ性能や、メモリ・ストレージといった内部のスペック面を確認していこう。

メモリ・ストレージはGalaxy A30と一緒!?

Galaxy A41のメモリは4GB、ストレージは64GBで、これは旧モデルであるGalaxy A30と変わらない。進化していないというよりは、「旧モデルからミドルレンジスマホとしては十分なスペックを持っていた」と捉えるべきだろう。iPhone SEのメモリは公式で発表されていないが、ストレージは64GB/128GB/256GBから選べるため、選択肢としては豊富だが、Galaxy A41は外部メモリ(MicroSDXC)を最大512GBまで挿入できるため、余裕があるとも考えられるだろう。(外部メモリは別売り)

本体サイズの小型化によりバッテリー容量も減少

バッテリー容量に関しても、iPhone SEは公表していないので、直接比較するのは難しい。旧モデルであるGalaxy A30は約3900mAhのバッテリー容量だったのに対し、Galaxy A41は約3500mAhと少なくなっている。コンパクトサイズのスマホには大容量のバッテリーを搭載しにくいという傾向があるので、仕方がないといえばそれまでだが、ディスプレイサイズが小さいほうが当然バッテリーの消費は少なく済むので、体感としてあまり違いはないだろう。また、旧モデル同様に急速充電に対応しているので、短い時間で充電が完了するのは、ありがたいポイントだろう。

※充電口はUSB Type-Cを採用

※本体上部にはイヤホンジャックを搭載

カメラ性能はiPhone SEを圧倒!?

※Galaxy A41で撮影

iPhone SEはシングルレンズでf/1.8絞り値の12MP広角カメラを搭載。一方のGalaxy A41はトリプルカメラで、f/2.0の48MP広角カメラ、f/2.2の8MP超広角カメラ、f/2.4の5MP深度測位カメラを搭載。もちろん写真の良し悪しは好みによって左右される部分なので、優劣をつけるのは難しいが、性能の数字だけを考えればその差は歴然。超広角カメラによる広い画角の写真や、深度測位カメラによる背景のぼかしなど、写真のバリエーションという意味では優位に立っているだろう。

※逆光の位置から撮影したが、しっかり文字が認識できる明るさで撮影できた

このクオリティでiPhone SEより1万円も安い!?

本体サイズが大きく、ディスプレイも発色の良い有機ELを搭載、さらにトリプルレンズカメラを搭載するなど、iPhone SEと比較しても勝る部分が目立つGalaxy A41。先に発売となるドコモでは、一括支払いでの購入で3万7224円。iPhone SEが公式サイトで4万9280円なので、1万円以上も安く手に入る計算となる。この価格であれば、仕事用スマホとプライベート用スマホを分けるための2台目としての購入も視野に入れやすいのではないだろうか。なお、よりハイスペックで快適な動作のスマホを求めているという人は、今年発売となった「Galaxy S20 5G」といった製品を合わせて検討してみるのもありだろう。

取材・文/佐藤 文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。