人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

話題のオンライン診療、受診から診療完了までの所要時間は「30分未満」が最多

2020.07.18

月経不順や月経異常、更年期障害など、女性が抱える様々なカラダのトラブル。こうした不調を診てもらいたくても、新型コロナウイルスが怖くて、なかなか気軽に病院に足を運べないという人も多いことだろう。

そこで需要が高まっているのが「オンライン診療」なわけだが、実際のところ、どれくらいの人が利用しているのだろうか?

そこで今回、産婦人科のオンライン診療に関する意識調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

産婦人科でのオンライン診療の経験者はわずか1.3%…!受診内容は「薬の処方」が過半数

最初に、産婦人科を受診した経験について尋ねる調査が行われたところ、「対面でのみ受診したことがある」49.1%が最も多い結果となった。

オンライン診療を受けたことのある人は、「オンラインでのみ受診したことがある」0.3%、「対面でもオンラインでも受診したことがある」1.0%を合わせても1.3%と、対面診療と比較するとまだまだ未経験の人が多いことがわかる。

次に、 対面とオンライン、それぞれの受診内容について尋ねる調査が行われた。

オンライン診療での受診内容は、「服用する薬の処方」50.5%が2位以降に差をつける形で1位となっており、対面診療の場合は、やはり「がん検診」41.6%、「妊婦健診」39.1%、「妊娠検査」37.8%などが上位となった。

オンライン診療の受診内容1位である薬の処方の内訳としては、「ピル処方(避妊目的)」44.6%、「ピル処方(月経困難症など治療目的)」39.3%、「緊急避妊薬(モーニングアフターピル)」16.1%となり、薬の処方に関してはオンライン診療に置き換わるケースが多いことがわかる。

オンライン診療を受けるきっかけは「感染症予防」が1位!新型コロナウイルスの影響?

オンライン診療を受診した動機について尋ねる調査が行われると、「感染症の予防になるから」39.6%が1位という結果となり、今回の新型コロナウイルスの感染拡大の影響がうかがえる。2位は「通院が面倒だから」37.4%、3位は「待ち時間が煩わしいから」28.6%と続き、移動時間や待ち時間が発生する通院を手間と捉えている人も多いようだ。

オンライン診療を経験した女性を対象に、受診した医療機関について尋ねる調査が行われると、「初診で、オンラインで受けられるクリニックを探して受診した」48.5%が最も多い回答となった。

一方でかかりつけの婦人科でオンライン診療を受けた人は17.5%にとどまっている。感染症予防の意識からか、かかりつけの医療機関ではなくわざわざオンライン診療を受けられるクリニックを探した人が多かったのかもしれない。

「時間短縮」、「安心感」……。オンライン診療・対面診療、それぞれの魅力とは?!

では、具体的なオンライン診療のメリットとはどのようなものなのだろうか。

メリットの1位としてあげられたのは「通院や待ち時間がなく時間が短縮できる」77.3%で、自宅などでも受けられるオンライン診療はやはり時間の短縮が大きな魅力のひとつのようだ。

2位は「薬が自宅へ届く」65.9%となり、産婦人科のクリニックは院内処方のケースも多いことなどから、処方までオンラインで行えるという利点が多くの患者に選ばれた。

オンライン診療を受診した動機としては1位だった感染症予防の観点は、3位の「感染症などのリスクが減る」46.6%であげられ、やはり上位だったものの、実際のオンライン診療患者からすると、時間の短縮や薬の郵送などの方がよりメリットとして感じられるようだ。

では、対面診療のメリットはどのようなものなのだろうか。

結果は、「対面で話せることで安心できる」73.5%、「触診などがあるため、診療に対する納得感が大きい」69.9%、「心配があれば予定になかった検査などもその場でしてもらえる」55.9%が上位にあがった。

やはり対面診療には医師と直接話せるからこそ得られる安心感や、その場で治療や検査などの様々な対応・選択ができる柔軟さがあるため、そこを魅力と捉えている人が多いのかもしれない。

実際はどのくらいかかる?オンライン診療と対面診療の所要時間

時間についての回答が多くみられたため、続いてはオンライン診療と対面診療の気になる時間について比較が行われた。

その結果、なんとオンライン診療の所要時間(受診から診療完了まで)は、「30分未満」64.0%が最も多くなり、「30分から1時間」24.4%と合わせると、約9割の患者が1時間以内で受診を終えられているようだ。

一方で対面診療の場合は、通院時間や待ち時間も含めて聞いているため、「30分未満」と回答した人は8.8%にとどまり、「1時間から2時間」47.0%が最も多い結果となった。3時間以上を要する人も10%以上にのぼるように、オンライン診療と比べると所要時間が2、3倍になることが多いようだ。

それぞれの診療形式における課題も比較!

次に、それぞれの診療における課題についても尋ねる調査が行われた。

オンライン診療を受診した際に不安に感じたこととしては「触診や検査がないため、不安が残った」、「薬がきちんと届くのか心配だった」が同率で27.9%と最も多い結果となった。

これは対面診療のメリットとしてあげられた回答の裏返しの結果となり、受診内容によってはきちんと医師にカラダの状態を確認してもらったり、検査をしてもらいたいときもあるため、オンライン診療だけでは不安なケースもあるようだ。

また、薬がきちんと届くかの不安については、まだまだオンライン診療の仕組みが日常生活に定着していないからこそ生まれる懸念点なのかもしれない。

一方、対面診療の課題としては、「診療や会計の待ち時間が長い」67.3%が1位となり、待ち時間が最大の懸念点であることがうかがえる。2位には「予約の時間通りに診療が始まらない」46.9%があげられ、そのときのクリニックの状況などによってなかなか時間が読めない点が、対面診療を受ける患者にとってのストレスとなっているようだ。

オンライン診療と対面診療、どちらにもメリットやデメリットはあることがルナルナユーザーの声により改めてわかったが、だからこそ今後はどちらかだけを選ぶのではなく、世の中の状況や自分が受診したい内容によってうまく使い分けることで、より自分にあった診療のかたちを見つけられるのではないだろうか。

産婦人科のオンライン診療、経験者は今後も利用したいが多数派。未経験者は受診への迷いが……

オンライン診療を実際に経験した人を対象に、今後もオンライン診療を利用したいか尋ねる調査が行われると、「対面診療が難しいときは利用したい」51.8%、「今後も積極的に利用したい」41.2%となり、合わせると9割以上の人が今後も利用したいと回答した。

利用したい理由としては以下のような自由回答が寄せられた。

●仕事をしながらの通院は難しため
●子連れでの病院通いが大変で、自宅に薬が届くと便利。また時間を気にしたり予定を合わせる必要がないため
●検査結果の説明程度ならば逆にオンライン診察の方が時間の無駄がなく働く女性にはとても良いシステムだと思ったため
●近くに産婦人科がなく、いつも電車に乗って行かないといけないのがすごく面倒だったが、オンラインなら家で話せて、薬も自宅に届くのですごく楽

まだ産婦人科のオンライン診療を受けたことのない人へ利用意向について尋ねる調査が行われると、「わからない」45.9%が最も多い回答となった。オンライン診療についてはまだ情報も少なく、判断に迷う人は多いのかもしれない。

「受診してみたい」と回答した人は37.7%となり、その理由としては「待ち時間が削減できると思うから」71.6%、「感染リスクが減ると思うから」56.3%が上位となった。

一方で「受診したくない」16.4%の理由としては、「診療は対面でないと不安だから」78.0%が最多の回答となっている。また「電話やビデオ通話は苦手だから」34.0%となり、コミュニケーションは対面の方が良いと感じている人も一定数いることがわかる。

今後のオンライン診療の行方は?

Q. 産婦人科のオンライン診療について望むことや、助けられた経験などあれば教えてください。

最後に、産婦人科のオンライン診療にまつわるエピソードや今後望むことについて尋ねる調査が行われると、たくさんの自由回答が寄せられたため、その一部を紹介していく。

【オンライン診療で助けられたこと】

●オンライン受診は待ち時間を家で過ごせるというメリットが大きいと思います。以前、不妊治療で3年間婦人科に通院しましたが待ち時間が長く、後で計算すると合計6日分となっていました。
●産婦人科はなんとなく行きづらいが、オンラインであれば気軽に相談や質問ができる。

【今後望むこと】

●ピルの処方などはオンラインで済むようにしてほしい。そのために仕事を休まなければいけないので。
●まずはオンラインで診断してもらって必要なら来院することで、待ち時間や通院の手間を省くことができると期待している。
●診療だけではなく、心のケアをしてくれるカウンセラーなどとセットで受診できるシステムがあるといい。

今回の意識調査では、8,000人以上の女性の声が集まり、産婦人科のオンライン診療についての注目度がうかがえる結果となった。オンライン診療はまだ情報が少ないこともあり安心感などの面で懸念点も多いことがわかった反面、拘束時間など対面診療における課題をクリアできるケースもあることも見えてきた。

<調査概要>
調査実施時期 : 2020年6月4日(木)~6月8日(月)
調査方法および人数 :『ルナルナ』、 『ルナルナ ベビー』にてアンケート調査。 10代~50代以上の女性、 8,241名

出典元:株式会社エムティーアイ

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。