人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

オープンから完売続出!東京駅構内のベーカリーカフェ「BURDIGALA TOKYO」の魅力的すぎるイートイン限定メニュー&限定土産

2020.07.27

1936年に創業し、全国に約100店舗の喫茶やカフェ・レストランなどを運営する株式会社トリコロールのブーランジェリー「BURDIGALA(ブルディガラ)」。広尾に本店を構えるブルディガラは「日常生活を少しだけ上質に」を掲げています。こちらが2020年7月9日にJR 東京駅構内B1階GRANSTAに「BURDIGALA TOKYO(ブルディガラトーキョー)」を、リニューアル オープン。オープン初日から昼過ぎには完売商品が出るなど、好調なスタートを切っています。

BURDIGALA TOKYOはベーカリーカフェ業態がメイン。

通路スペースも広く取った密を避けたレイアウト

広尾店と同じ商品に加え、プライスカードに「TOKYO」の文字が入っているものは、こちらの店舗限定となっています。その代表格が、リニューアル前から人気の四角いメロンパン「TOKYOパヴェ」。パヴェとは、フランス語で石畳の意味で、石畳のように四角く、ややこぶりな大きさ。チョコミント、アールグレイなど6種類販売されています。店内厨房で一日3回焼き上げられていて、朝7時・10時半・13時半に店頭に並ぶのですが、オープン初日の取材時には人気のフレーバーは14時過ぎには完売していました。

オープントップ式の陳列棚から自分でピックアップするスタイル。

メロンパン6種類は東京駅の店舗限定。

手土産用の6個入りボックスも用意されています。

イートインも限定メニューが登場

こちらで提供するコーヒーは、喫茶業態の「トリコロール本店」のオリジナルブレンド豆を使用。中南米高地産の豆を使ったトリコロールオリジナルのアンティークブレンドは、味わい豊かなコーヒーです。

通常の販売レジで購入し、表示された番号の商品を「COFFEE TO GO」カウンターでピックアップするスタイル。イートイン専用のフードは運んでもらえます。

イートインスペースは店内奥と、手前にテーブルがあります。

東京駅構内で電源コンセントがある店舗が増えるのはいざというときに非常にありがたいですね。

コールドドリンクのカップは、エコの観点からストローなしで飲めるデザインのものを採用。

東京駅の店舗のリニューアルでは、イートインにも限定商品が登場。「モンブラン・ブリオッシュ」は、カシスリキュールを染み込ませた自家製ブリオッシュに、注文を受けてから絞りだす和栗クリームのパフォーマンスも注目の一品。最後にレモン果汁をひとふりすることで爽やかさも加わっています。

モンブラン・ブリオッシュ ¥750(税別)

同じく「TOKYO カレーパン」は、パンの上にスパイスが効いたカレーをかけて提供されます。ポイントは、真っ白なアクセントとなっているクロテッドクリーム。辛さは強くはないものの、じんわり効いてくるパンチをマイルドに包み込んでくれます。朝10時から14時までのランチタイム限定メニューとなっています。

TOKYO カレーパン ¥980(税別)

東京駅の新土産に躍り出た!「広尾のビスチィーヌ」はここでしか変えないフレーバーから消えていく

今回のリニューアルオープンにあたり、開発されたのがワンハンドスイーツ「広尾のビスチィーヌ(HIROO NO BISCHEENNE)」。ベーカリーカフェとは別の入り口に独立した販売コーナーを設け、手土産需要向けに販売しています。

商品開発コンセプトは「東京都港区・広尾在住の女性が、愛犬と散歩の途中に、広尾の憩いの場 有栖川宮記念公園のベンチで、ほっと一息、お気に入りのコーヒーと一緒に楽しむ、大人の手軽なご褒美おやつ」。クローブ、カルダモン、ナツメグ、ジンジャー、シナモンをブレンドして焼き上げたビスキュイ生地に、広尾本店・TOKYO 店にて販売の「クランベリーチーズ」では、クランベリーとチーズ ガナッシュを挟んでいます。ブルディガラ トーキョー店限定で「ピスターシュ」「焦がしキャラメル」が登場し、こちらも限定商品からすぐに完売していました。

オフィスで仕事の合間に片手で食べてもボロボロとこぼれず汚れないことにこだわって開発。まずは近隣のオフィスでの需要、そして地方への手土産へと拡大することを期待しているそうです。

落ち着いたトーンのピンクは、ベーカリーカフェとはリンクしながらも独立して販売。

「クランベリーチーズ」 「ピスターシュ」【TOKYO 店限定】 「焦がしキャラメル」【TOKYO 店限定】 価格:4 個箱 ¥800円、8 個箱 ¥1,600、12 個箱 ¥2,400(いずれも税別)

営業時間も朝7時からと早く、東京駅から他府県への出張の際などの駅構内での時間調整や急な手土産需要にも頼れるお店になりそうです。

BURDIGALA TOKYO(ブルディガラ トーキョー)
住所:東京都千代田区丸の内 1-9-1JR 東京駅構内 B1 GRANSTA
電話番号: 03-3211-5677
営業時間: 07:00 - 22:00 (平日・土) / 07:00 - 21:00 (日・祝) ※感染拡大防止の観点をふまえ、流動的に変更となる場合あり
http://burdigala.co.jp/

取材・文/北本祐子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。