人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

まるでお茶の遊園地!?お茶好きにはたまらない「ふじのくに茶の都ミュージアム」をエア訪問

2020.07.14

■茂木雅世のお茶でchill out!

この夏こそ行きたいと思っている場所がある。

“ふじのくに茶の都ミュージアム”。

日本一とも言われる大茶園、静岡県にある牧之原台地の一角に建つ、全国でも珍しいお茶専門のミュージアムだ。

2018年のオープン以来、お茶のパッケージや器を題材にした企画展などお茶好きの心をくすぐる様々なイベントを開催していることもあって、常々足を運びたいと思っていた。

コロナ禍の中、なかなか県をまたぐ旅行が出来ない日々が続いているが、そろそろ行きたい気持ちが抑えられない…という事で、今回は直接ミュージアムの方におすすめスポットのお話を聞きながら、エア回遊を試みた。

かつて、明治維新で職を失った武士達が開拓に入ったのが始まりだと言われる牧之原台地。

台地のおよそ半分が茶畑とも言われており、見渡す限り茶畑が広がる場所。

そんな大茶園の中に、ふじのくに茶の都ミュージアムがある。

静岡県産のひのきで作られた吹き寄せ壁で囲まれた建物の中には、日本のみならず世界のお茶についての基本的な知識や情報を楽しく知ることが出来る常設展がずらり。

ただ見て回るだけでなく“五感を使ってお茶を感じられる、知ることが出来る”というのもこのミュージアムの特徴だ。

中でも、世界各地から集めたという多種多様なお茶が並ぶ「世界のお茶」のコーナーは、気になっているスポットの一つ。

ここでは日頃私達がよく目にするお茶から、本の中でしか見たことがないようなお茶までがケースに入っており、見るだけでなく、実際に触れて、感触を確かめたり、香りをかぐことも出来る。

「お茶には様々な種類がある」というのはよく聞く話だが、実際に触れてその違いを感じることが出来る場所はあまり多くはない。

ここで様々なお茶に触れ、その香りをきっかけに、味わいを知りたくなるという人もいることだろう。

世界に誇るお茶の産地ならではの体験も出来る。

例えば、その人にぴったりのお茶をおすすめしてくれるアニメーションを交えたビジュアル体験。

デジタル画面の前に立つと、身体の気になるところに合わせ、おすすめのお茶とその淹れ方を教えてくれる。

また、アップデートし続けるお茶の“今”を表現したコーナーも。

ニュースタイルのお茶にまつわる商品や海外で販売されている緑茶商品の多くも、ここに来れば実物を見ることが出来るのだ。

度々ここを訪れるリピーターも少なくないというが、その理由の一つになっているのが、ここでしか味わえないイベントの数々だ。

常時開催の抹茶挽き体験や日本茶のいれ方体験といったスタンダードなものはもちろんのこと、期間限定の茶摘み体験や茶手揉み体験、透明の急須に色を塗り、オリジナル急須を作る体験や折り紙で急須を作る体験など、大人でも参加したくなるイベントが開催されている。

7月23日からは「浮世絵・蘭字にみるお茶の世界」という企画展がスタート予定。

浮世絵の中に登場する製茶の様子や喫茶風景を見ながら、当時どのようにお茶が飲まれていたのかを探るロマンあふれる展示で、こちらもお茶好きにとってはたまらないイベントになりそうだ。

その他、必ず足を運びたいと思っているのが、天気の良い日に開放されるという牧之原大茶園展望テラスミュージアムショップ

テラスからは約5,000haの茶園を望むことができ、何百枚でも写真に収めたい。

ミュージアムショップには個性豊かな静岡のお茶、お茶を使ったスイーツをはじめ、緑茶のリップクリームや100%天然の緑茶香水といったコスメも販売されているという。

新たなお茶グッズを探しに、こちらも長時間滞在してしまいそうだ。

公式サイトには“少しだけ行った気になれる”ミュージアム紹介映像も公開されているので、まずはエア訪問を楽しんでみるというのもおすすめしたい。

牧之原台地の茶畑を巡り、ふじのくに茶の都ミュージアムに行ける日が、今からとても待ち遠しい。

ふじのくに茶の都ミュージアム→https://tea-museum.jp/

文/茂木雅世(もき まさよ)

お茶好きが高じて、2009年仕事を辞めてお茶の世界へ。2010年よりギャラリーやお店にて急須で淹れるお茶をふるまい始め、現在はお茶にまつわるモノ・コトの企画・商品プロデュース・コラム執筆やメディア出演などの活動を行っている。
ゆるっとお茶を楽しもうが合言葉の“ゆる煎茶部”代表。
FMyokohama「NIPPON CHA茶CHA」では最新のお茶情報を毎週発信中。
煎茶道 東阿部流師範/日本茶アーティスト/ティーエッセイスト
オフィシャルサイト:https://ocharock.amebaownd.com/
Twitter:https://twitter.com/ocharock

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。