人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型コロナの影響で20代若者のテレビ視聴時間が急増、よく見られているジャンルは?

2020.07.17

Stay Homeの影響で若者がテレビに帰ってきた!

 緊急事態宣言は解除されたが、人との接触を減らすための努力はまだまだ続ける必要がある。自宅にいる時間が増えると交通費や外食にかかる費用は減らせるが、その分、嵩むのが光熱費。Data1を見ると、中でもテレビの利用頻度がかなり上がっており、その傾向は特に20代前半男女の土日に見られた(Data2)。彼らは最もテレビ離れが進んでいる、いわゆるデジタルネイティブ世代。3月は完全な外出自粛でよっぽどやることがなかったのかもしれないが、それでも新型コロナによって若年層がテレビを観ていたことは間違いないようだ。

 さらにData3によると、日々更新される新型コロナウイルスの情報をいち早く入手するツールとして、ネットよりもテレビのニュース番組や情報番組のニーズが上回っていた。時にミスリードで批判を受けることもあったが、テレビがこの問題を国民にわかりやすく伝えるための努力が実を結んだといえそうだ。

 とはいえData4では、本当に見たいテレビはニュースではなく、お笑いやアニメ、洋画という結果に。いわゆるコロナ疲れだろうか? 早くエンタメが思う存分楽しめる日が来ることを願うばかりだ。

Data1|外出自粛ではね上がる光熱費!!中でも一番増えたのは!?

■ 外出自粛により在宅時間が長くなったことによって
 使用頻度の増えた電化製品はありますか。(複数回答)

外出自粛により在宅時間が長くなったことによって使用頻度の増えた電化製品はありますか

テレビのニーズが一番増えたのは子育て世代。学校の臨時休校により子供が家にいる機会が増えたことも要因か。電子レンジが増えたのは自炊が増えたことも影響していそう。

Data2|外出自粛の土日はやることなし!
      20代前半の土日テレビ視聴時間が急上昇

■ 1日あたり平均視聴時間(分)─ 男性20-24歳/女性20-24歳 ─

1日あたり平均視聴時間

3月23日の週といえば東京オリンピックの開催延期が決定し、首都圏における週末の不要不急の外出自粛要請も。これ以降、平均視聴時間も急上昇しているのは偶然ではなさそう。

Data3|新型コロナの最新情報が知りたい時は
      とりあえずテレビを見る

■ コロナ情勢の情報を収集するために使用しているメディア

コロナ情勢の情報を収集するために使用しているメディア

夕方のニュース番組でその日の新型コロナの陽性者数を確認して一喜一憂したり、安倍首相の緊急記者会見をリアルタイムで見たりする人も多かったのかもしれない。

Data4|そろそろコロナ疲れ?見たい番組はお笑い・洋画・アニメ

■ 現在、よく見る番組ジャンル/もっと見たい番組ジャンル

現在、よく見る番組ジャンル/もっと見たい番組ジャンル

緊急事態宣言中は、古いドラマの再放送やバラエティー番組で芸能人のリモート出演が目立ったテレビ界。早く正常に戻ってほしい!

※2020年4月13日(月)-14日(火)調査期間 男女6才(小学1年生以上)-69才の1500人

取材・文/高山 惠 イラスト/トーマス・オン・デマンド

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。