人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

エメラルドグリーンの海と白い砂浜の絶景ビーチを望む「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」にオープンした3つの新棟をチェック

2020.07.12

エメラルドグリーンの海と白い砂浜の絶景ビーチを望む「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」は、2009年に開業した「オーシャンウィング」「コーラルウィング」の敷地内に新しく建設した新棟「クラブインターコンチネンタル」1棟と「ベイウィング」2棟の新館3棟を開業した。

ガーデンプール

開業したのは、既存2棟の西側にあり、中央のレセプションエリアを中心に東西に羽を広げるように建てられた「ベイウィング」2棟と、さらに西側に建設された「クラブインターコンチネンタル」の計3棟。

リゾート全体の客室数はこれまでの255室からほぼ2倍の全458室となり、総面積31ヘクタール(東京ドームの約6倍)の広大な敷地に5つの棟、9つの料飲施設、4つの宴会・会議施設、4つのプール(屋内外)などを有する国内屈指のラグジュアリーリゾートへと生まれ変わった。

「インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ」(「インターコンチネンタル」)は、さりげない心遣いと細やかなサービスで、利用者の心にそっと触れるような珠玉のエクスペリエンスを提供している世界最大のラグジュアリーホテルブランド。

そんな「インターコンチネンタル」の中で最上級の環境とサービスを約束しているのが「クラブインターコンチネンタル」だ。

「クラブインターコンチネンタル」では、予約の段階から帰りのモーメントまで、一人ひとりに合わせたパーソナルなサービスと期待を上回るきめ細やかな配慮、優雅な空間で、極上の寛ぎと体験を提供している。

新たなラグジュアリーの扉を開いたANAインターコンチネンタル石垣リゾートのコンセプトは、「豊かな自然と文化が根付いた島で心の琴線に触れる、出会いと発見に満ちたラグジュアリーリゾート」。

今回、国内初となる1棟全てが「クラブインターコンチネンタル」カテゴリーの新ウィングが誕生し、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートは、ワンランク上の「インターコンチネンタル ライフ エクスペリエンス」を提供するラグジュアリーリゾート デスティネーションへと進化した。

「クラブインターコンチネンタル」でワンランク上の新たなラグジュアリーを

クラブインターコンチネンタル 客室イメージ

クラブラウンジ

進化したラグジュアリーの象徴となるのが、極上のエクスペリエンスを約束する「クラブインターコンチネンタル」。「クラブインターコンチネンタル」では、予約から帰りまで、サービス、そしてその環境すべてにおいて、ワンランク上のラグジュアリー体験を提供。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの「クラブインターコンチネンタル」は、全86室が「クラブインターコンチネンタル ルーム」(スイート、プレミアム、プレミアムガーデン、デラックス、スーペリアの5タイプ)で占められている。

建物1棟がまるごと「クラブインターコンチネンタル」カテゴリーとなるのは日本初。また、専用のラウンジやプールを併設しているほか、専属スタッフがきめ細やかでパーソナルなサービスを提供し、特別な滞在を楽しむことができる。

海と山と太陽と石垣・八重山の自然を丸ごと食す、魅惑のダイニング「SALTIDA(サルティーダ)」

SALTIDA イメージ

新館「ベイウィング」1階に誕生したメインダイニング「SALTIDA(サルティーダ)」は、「塩」をメインコンセプトとし、大地の恵(LAND)と海の幸(SEA)をフィーチャーしたスペシャリティレストラン。

レストラン名は、「塩(SALT)」、「潮(TIDE)」、そして沖縄方言で「太陽」を意味する「てぃーだ」という3つの言葉を織りなした造語。

大地の恵みを提供する「LAND KITCHEN(大地)」の自慢は、ロティサリーとウッドファイヤーグリルを使った本格的な肉料理。

ブランド牛として有名な石垣牛、琉球長寿豚、山原チキン、地元で育った島野菜やハーブを、素材の味を生かした調理方法で堪能できる。

一方、サンゴ礁で育まれた新鮮な魚介類がアイスベッドに並ぶ「SEA KITCHEN(海)」では、ホールフィッシュを使った新鮮なアイテムがお薦め。

さらに海の幸・山の幸の味を引き立てる主役は「塩」。サルティーダの料理を完璧な一皿へと昇華させるのは、地元で塩づくり一筋に取り組む「石垣の塩」工房がANAインターコンチネンタル石垣リゾートだけのために作り、「にがり8年 珠塩(たまじお)」と名付けた希少な塩。

工房の塩壺の中で静かに眠り続け、8年間の時を経てテーブルに届く小さな丸い粒状の「珠塩」を添えた石垣牛のグリルは、旨味も歯ごたえも格別な味わい。名実ともにサルティーダでしか味わえない珠玉の一品だ。

シェアスタイルで楽しめる山海のメイン料理と多彩なサイドディッシュ、そしてサルティーダでしか味わえない珠玉の塩。旬の島食材を自分好みに贅沢にカスタマイズして、石垣・八重山の大自然の恵みを丸ごと堪能。

ショッピング、ツアー情報、トロピカルなフードやドリンクリゾート気分を盛り上げるカラフルな複合施設「パレットテラスラウンジ」

「ベイウィング」の2階には、アクティビティの合間やディナーの後など、ちょっとした隙間時間を楽しく彩る複合施設「パレットテラスラウンジ」がオープン。

午前7時から午後10時まで営業している施設の中には、終日軽食を楽しめるデリ&カフェ、南国らしいカラフルなアイテムを取り揃えたショップのほか、ツアー情報やアクティビティ情報にアクセスできるリゾートセンターなどがある。

ジェラートの世界大会で数々の優勝・受賞歴を有し、アジア人初の世界ジェラート大使も務めた柴野大造氏が監修したオリジナルのジェラートは、ここでしか味わえない絶品。

また、南国の太陽で火照った身体を冷やすフォトジェニックなシェイブドアイス、海を望むテラスで潮風を感じながら楽しむトロピカルドリンクなど、ビーチリゾートならではのマストアイテムが充実。

マリンスポーツやゴルフだけでなく、南十字星を望む「星空ツアー」や離島巡りまで石垣島ならではの多彩なアクティビティ

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートでは、遠浅で透明度の高いマエサトビーチで楽しめるシュノーケルやダイビングなど様々なマリンアクティビティのほか、島ヨガ、ゴルフ、テニスなどの多彩なフィールドアクティビティも用意。

また、ディープな八重山探索ツアーや近隣の離島めぐり、クルージングなど、多彩なツアーを用意。日本で唯一「星空保護区」に指定され、北半球ではなかなか見ることができない南十字星を観察できる「星空ツアー」は特にお薦めのアクティビティ。

また、子供向けには石垣島ならではの自然や文化を楽しめる体験型プログラム「プラネット・トレッカーズ」が人気。

ラグジュアリーの一歩先にある、進化したアイランド・デスティネーション、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートで、出会いと発見に満ちたラグジュアリーな島時間を楽しめる。
※7月7日時点で催行を休止しているアクティビティが一部あり。詳しくはホームページにて確認。
※南十字星を観察できるのは12月頃~6月頃。

【ANAインターコンチネンタル石垣リゾート 概要】

名称:ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
総支配人:柳島司
所在地:〒907-0002 沖縄県石垣市真栄里354-1
電話番号:0980-88-7111(代表)
アクセス:南ぬ島 新石垣空港 車・タクシーで約20分 石垣港 離島ターミナルより 車・タクシーで約10分
公式HP:https://www.anaintercontinental-ishigaki.jp/ja/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。