人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

肉眼で見えないミクロの世界が楽しめる!DIME最新号の特別付録「90倍スマホ顕微鏡」の使い方   

2020.07.13

7月16日発売の雑誌DIMEの特別付録は肉眼では見えない細部の様子を楽しめるのが「90倍スマホ顕微鏡」だ。昆虫や植物の観察をはじめ、肌や毛穴をチェックしたり、日用品や趣味のコレクションなどの細部を拡大して眺めたりと、使い方は無限大! インスタ映えする写真や動画を撮りまくろう!

<ご購入はコチラ>
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B08C7KRMKJ/
楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/16379536/
7net https://7net.omni7.jp/detail/1220288214

※電子版には付録は同梱されません。

各部の名称

撮影の準備

LR44タイプの電池(別売り/3個)を入れた後、クリップ部分を90°回転させて、上下に動くようにする。その状態のまま、スマホのレンズ部と付録の接眼レンズを、重なり合うようにしてセットすれば準備完了。付属の吸盤を使うと、より安定した状態で観察できる。

電池を入れる

クリップを回す

スマホにセット

吸盤を装着するとスマホが安定する!

撮影方法

スマホのカメラアプリを起動後、付録の対物レンズを対象物に近づける。フォーカスダイヤルを回してピントが合うと、対象物の細部がカメラアプリ上に映る仕組み。周囲が暗くて対象物の細部が見えにくい時は、LEDライトを点灯させるのがおすすめ。

カメラアプリを起動

対象物に近づける

フォーカスを調整

暗い時にはLEDライトを点灯

あとはシャッターを切るだけ!

肉眼では見えないものが丸わかり!

脚の毛や羽の表面といった昆虫観察に大活躍! 人間の頭皮や肌の毛穴なども撮影できる。対象物が小さくてピントが合いにくい場合は、動画での撮影がおすすめ。録画状態のまま、フォーカスダイヤルを回したり、対象物との距離を変えたりして動画を撮影後、ピントが合ったところを切り出そう。

カブトムシの脚の毛

チョウの羽のウロコ

頭皮

細部まで見える!拡大鏡としても使える

ネイルの装飾のほか、マスクに付着した極小の汚れ、万年筆のペン先の摩耗具合、映画の鑑賞特典で配布されるコマフィルムの細部などが、確認できておもしろい。

ネイル

ペン先

マスク

コマフィルム

UV-LEDライトでおもしろい発見も!

ライトのスイッチを切り替えれば、UV-LEDライトが点灯。例えば、紙幣に当てると隠し文字が現われるなど、新しい発見を楽しめる!

単体の顕微鏡としても使える

クリップ部分のアームを左右に軽くひねれば、レンズ部の取り外しが可能。そのまま接眼レンズを覗き込むと、対象物の細部が見える。

<ご購入はコチラ>
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B08C7KRMKJ/
楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/16379536/
7net https://7net.omni7.jp/detail/1220288214

※電子版には付録は同梱されません。

文/DIME編集部 撮影/藤岡雅樹(本誌) 撮影協力/むし社 モデル/nacchan

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。