小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

敷金も礼金も不要!8万2000円で世界中住み放題のサブスクサービス「HafH」はメリットだらけ!?

2020.07.07

2019年4⽉にサービスを開始したHafH(ハフ:Home away from Home)は、働く場所付き「第2のふるさと」を提供するサブスクリプション型コリビングサービス。

定額を⽀払えば、世界中の提携拠点に住み放題で、サブスク型住居サービスとも呼ばれている。⽇々拠点を拡⼤しているHafHは、2020年5⽉現在、20の国と地域、163都市の260拠点から、⾃分の家、働く場所を選ぶことができる。

敷⾦礼⾦不要、⽇本の慣習を変える。サブスク住み放題サービス「HafH(ハフ)」とは?

HafHは、毎⽉定額(光熱費・備品・インターネット費⽤・敷⾦・礼⾦・保証⾦・家具購⼊費等の諸費⽤及び初期費⽤がオールインワン)で、全世界に住むことのできるプラットフォームを⽬指す、新しいサブスクリプション型コリビングサービス。

3,000円/⽉〜82,000円/⽉のプランの中から、ご⾃⾝の⽣活スタイルに合わせて滞在⽇数を選ぶことができる。2019年4⽉サービス開始以来、順調に利⽤数は推移しており、9ヶ⽉で5,000泊を超える利用があった。

30代以下の利⽤者が71%を超え、特に20代が最も多いのが特徴。利⽤者の職業では、会社員の37%が⼀番多く、フリーランスの27%と続く。

■〈ユーザー例〉会社員の新しいキャリアを意識した「学び」「出会い」の場所などに

・英会話習得のために、「ちょっとハフ」プランで⽉5回都内の拠点に泊まり、外国⼈滞在者と英会話を楽しむ会社員
・バーに⾏く感覚で、⽉に数回拠点に滞在し、滞在者とコミュニケーションを楽しむ会社員
・フリーランスとして仕事をしながら、全国各地の拠点を泊まり歩くアドレスホッパー
・1年の半分を遠征で家をあけるため、残りの半分の家代わりに使うスポーツ選⼿

■2020年5⽉27⽇時点のHafH利⽤可能拠点がある国・地域

⽇本・インドネシア・韓国・カンボジア・タイ・台湾・フィリピン・ベトナム・マレーシア・ミャンマー・オーストラリア・アメリカ合衆国・グアテマラ・メキシコ・ペルー・ギリシャ・ジョージア・スペイン・ケニア・タンザニア

■HafHプラン⼀覧

多様な価値観を、多様なまま許容する社会のインフラを創造する

HafHは、「多様な価値観を、多様なまま許容する社会のインフラを創造する」をミッションに掲げ、住まいをシェア(Co-living)し、働く場所をシェアし(Co-working)、ふるさとをシェアする(Colocating)3つのCo(共有)を⼤事な価値観に据えている。そこには性別や出⾃はもちろん、国籍、⼈種、宗教、障害、性的指向などに、⼀切の差別はない。誰にでもオープンで、多様性とともに受け⼊れられるコミュニティづくりを⽬指す。

「HafH」の本社が⻑崎にある理由とは? 現代の「出島」を⽣み出したい

HafHは「旅をしながら、働く」をコンセプトに、最初の直営拠点を⻑崎にオープンし、HafHを運営するKabuK Styleは⻑崎に本社をおいている。

江⼾時代、⻑崎には出島という外国⼈居留区があった。出島に訪れる外国⼈、京都や江⼾の⼈々が、地元と交流することで、他にはない独⾃⽂化が新しい⾵⼟として育っていったのだ。

“⾵”のように旅しながら⽣きる⼈と、“⼟”のように地に根ざして⽣きる⼈がいるとするならば、⾵と⼟が出会うところに新たな「⾵⼟」が⽣まれる。HafHは、そんな2つの⽣き⽅が出会う仕掛けをる“⾵⼟コーディネーター”として、まずは⻑崎で現代の出島を甦らせ、地⽅活性化の⼀助になりたいと考えた。

そして、その仕組みを⻑崎だけに留まらず、世界中のHafHで展開していきたいと考えている。

「HafH」で滞在できる拠点例

●直営拠点「HafH Nagasaki SAI」(⻑崎)

新進気鋭の建築家、バリスタ、本のソムリエらによる、クリエイティビティを刺激する空間。

●直営拠点「HafH Fukuoka THE LIFE」(福岡)

九州の他県や海外を訪れる際のハブの存在として、2020年2⽉にオープン。

●提携拠点「HOTEL NUPKA」(帯広)

歴史ある建物をフルリノベーションして⽣まれたホテル。

●提携拠点「エンブレムフロー箱根」(箱根)

強羅駅より徒歩1分、温泉と⾃然が楽しめるホステル。

●提携拠点「Toojou Kota Kinabalu」(マレーシア)

コタキナバルの中⼼部に位置し、⼈間⼯学に基づいたワークスペースを展開。

●提携拠点「Stray Birds Hostel」(台湾)

カフェ⾵のインテリアが印象的な施設。

出典元:株式会社KabuK Style
https://www.kabuk.com/

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。