人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

LINEのグループ通話に参加できる人数、最大500人に拡大

2020.07.07

LINEのグループ通話(ビデオ通話、音声通話)の参加上限人数を200名から500名に拡大した。

スマートフォン版「LINE」バージョン10.9.0、パソコン版「LINE」バージョン6.1.0以上で利用できる。

「LINE」のグループ通話はオンライン会議システムやオンラインコミュニケーションに馴染みがない人でも、誰でも無料で簡単に利用できることが特徴。

普段から使っている「LINE」のグループトークや複数人トークのメンバーと音声通話やビデオ通話を楽しめる。

このグループ通話の参加上限人数を、グループトークの参加上限人数と同様の500名へと変更した。

グループ通話(ビデオ通話、音声通話)の参加上限人数が500人になることにより、さらに大規模な人数でのオンラインコミュニケーションが可能。

500名が参加してグループ通話をしても、参加者みんなを確認しながら会話を楽しめる。グループで音声通話をする場合は画面を上下にスクロールして参加者全員のアイコンを、ビデオ通話をする場合は横にスワイプして参加者の顔や様子を確認することができる。

また、グループ通話の付随機能を活用すれば利用シーンが広がることも。グループ通話(ビデオ通話、音声通話)で「みんなで見る」機能を利用すれば、画面をシェアしたり、YouTubeを見たり、大勢で同じコンテンツを見ながら会話を楽しめる。

スマートフォンでグループビデオ通話中には各種フィルターやエフェクトなどを使用して雰囲気を変えて会話に参加することも可能だ。
※画面シェアはグループビデオ通話でのみ利用可能。

さらに、今回、グループトークや複数人トークで参加しているメンバーとライブ映像の中継ができるチャットライブの最大人数も500名へと拡大した。グループ通話の詳しい使い方は下記URLを見てほしい。

みんなの使い方ガイド【グループ通話をする方法】:https://guide.line.me/ja/beginner/group-calls.html

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。