人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

超広角20mmから標準域60mmまでカバーするパナソニックのライカLマウント用標準ズームレンズ「LUMIX S 20-60 mm F3.5-5.6」

2020.07.04

パナソニックは、Lマウントシステム用交換レンズ「LUMIX S 20-60 mm F3.5-5.6(S-R2060)」を7月22日に発売する。希望小売価格は74,000円(税別)。

本製品は、ライカLマウント用の標準ズームレンズ。非球面レンズ2枚、EDレンズ3枚、UHRレンズ1枚の特殊レンズの最適配置により、小型軽量ながら、超広角20mmから標準域60mmまでカバーする。

超広角の20mmワイド端においては、遠近感を強調した風景撮影はもちろん、屋内イベントやテーブルフォトなどの幅広い撮影が可能。動画撮影においても超広角を活用したダイナミックな映像表現が可能なので、Vlog(ビデオブログ)やドキュメンタリーなどさまざまな映像ジャンルで印象的な動画を記録することができる。

レンズ性能は、非球面レンズ2枚、EDレンズ3枚、UHRレンズ1枚のレンズを最適に配置・構成することにより、ズーム全域で優れた描写性能を発揮し、ステッピングモーターを用いた毎秒240回のAF制御で高速・高精度AFも実現する。

また、標準ズームレンズながら、最短撮影距離15cmのマクロ撮影が可能。最大撮影倍率は0.43倍となり、被写界深度が浅く大きなボケ効果を得られるので、植物やペット、小物などの身近な被写体も手軽に印象的な作品にすることができる。

さらに、小型・軽量なうえ、防塵・防滴仕様なので、さまざまな撮影に対応。レンズ最前面にはフッ素コーティングを採用し、レンズ表面に汚れが付着しにくく、付着した場合も簡単に取り除くことが可能だ。

レンズ構成は9群11枚(非球面レンズ2枚、EDレンズ3枚、UHRレンズ1枚)。マウントはライカカメラ社L-Mount規格準拠。焦点距離は20-60mm。開放絞りはF3.5~5.6。最小絞りはF22。撮影距離範囲は0.15m~∞(W端~焦点距離:26mm)/0.4m~∞(T端)(撮像面から)。最大撮影倍率は0.43倍(焦点距離:26mm)。フィルター径はφ67mm。最大径×長さはφ77.4×約87.2mm。質量は約350g。

製品情報
https://panasonic.jp/dc/products/s_series_lens/lumix_s_20-60.html

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。