人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

サラリーマンはツラい職業!?6割以上が「仕事のやりがいや目標がない」

2020.07.05

サラリーマンが抱いている「将来のなりたい像」

夢や希望に満ちあふれていた少年時代。

今、サラリーマンとして働いている多くの人は子どもの頃とは違う、"今の時代だからこそ"と言える夢や希望を持っているのだろうか。

LENDEXがサラリーマン1,111人に聞いた「サラリーマン実態調査」では、「将来のなりたい自分像はありますか?」と質問したところ、4割近くが『はい(39.3%)』と回答している。

では、どのような自分像を抱いているのか。

「家庭円満でストレスのない生活」(20代/愛知県)

「お金に恵まれ、のんびりとした生活」(30代/岡山県)

「早期リタイヤして、金のためではなく興味のある仕事をする」(40代/埼玉県)

「老後は夫婦で旅行に行ったりして過ごしたい」(50代/神奈川県)

「投資によって老後の生活を支える」(50代/岐阜県)

などの回答が寄せられた。

夢や希望を持ちにくく、実現しにくい世の中かもしれないが、明るく前向きに諦めずに生きていきたいものだ。

さらに「仕事のやりがいや目指すべき目標はありますか?」と質問したところ、6割以上の方が『いいえ(62.9%)』と回答した。

6割以上のサラリーマンが、やりがいや目標を見いだせないまま毎日コツコツ働いていることが判明した。

家族を守るため、そして生きていくために必要不可欠な給料を得るためには、やりがいや目標がない仕事でも続けていかなければならないということなのだろうか。

続いて、「現在の生活に対してお金の蓄えや十分な収入はありますか?」と質問したところ、7割以上の方が『いいえ(76.0%)』と回答した。

貯金がいくらあっても足りないと言われるこのご時世、現代のサラリーマンにはやりがいや目標だけでなく、満足いく収入も蓄えもないことが判明し。

何かと暗いニュースが続く世の中。早急に日本を支えているサラリーマンたちの夢や希望となる何かを見出したいものだ。

『サラリーマン実態調査』

調査期間:2020年2月28日(金)~2020年2月29日(土)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,111人
調査対象:20代~50代の会社員
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。