人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

外出自粛で家庭ゴミが急増、みんながストレスを感じる分別作業TOP3

2020.07.05

ごみ収集作業員の方の手間を減らすため、そして、地球環境のためにやらなければならないゴミの分別。とはいえ、面倒くさくて、ついついおざなりにしてしまいそうになる人も多いのではないだろうか。

そんな「ゴミの分別」に関する意識調査がこのほど、全国の20代~50 代の男女400人を対象として実施されたので、その結果を紹介していきたい。

新型コロナウイルス感染症の影響で、約8割が家で過ごす時間が増加

「家で過ごす時間は外出自粛前と比べ、どれくらい増えたか」という質問では、約8割の方が「増えた」と回答、増えた時間が「8時間以上」と答えた方が約3割(27.3%)で最も多くなった。(グラフ1)

家で過ごす時間の増加に伴い家事の負担が増え、約7割の人がゴミの分別のストレスを実感

「外出自粛前に比べ、ゴミ分別のストレスは増えたか」という質問では、約7割(72%)が「増えている」と回答した。中でも、外出自粛を機に在宅勤務になった人においては約8割(83%)がゴミの分別のストレスが増加しており、よりゴミの分別のストレスを感じている傾向が高いことがわかった。(グラフ2)

2人に1人(半数以上)の人が、「名もなき家事」の存在を実感、それらに負担を感じていると回答

一般的に「家事」と言っても、家事の中には、細々とした作業ではっきり名前を付けられない「名もなき家事」というものが存在する。

「外出自粛前と比べて、名もなき家事の存在を実感したか」について尋ねる調査が行われたところ、約6割(57.8%)が「実感した」と回答した。中でも、外出自粛を機に在宅勤務になった人においては65.2%が「実感した」と答えた。

また、男女別に比較してみると、男性の 50%が実感しているのに対し、女性は 65.5%と、特に女性が実感していることがわかった。(グラフ 3‐1)

また、「外出自粛前と比べて、名もなき家事について負担を感じるか」と尋ねる調査が行われたところ、約6割(56.3%)の人が「感じる」と回答した。中でも、在宅勤務になった人の 60.5%が負担を感じているようだ。こちらも男女別に比較してみると、男性の 48%が負担を感じているのに対し、女性は 64.5%と、特に女性が負担に感じていることがわかった。(グラフ 3-2)

ストレスだと思うゴミの分別作業1位は「段ボールをつぶして・まとめる」

「ストレスだと感じるゴミの分別作業」について尋ねる調査が行われたところ、全体の1位は「段ボールをつぶして、まとめる(23.6%)」、同率2位「ペットボトルのラベルはがし(22.5%)」「びん、かん、ペットボトルのすすぎ (22.5%) 」となった。

男女別にみると、男性の1位は、「ペットボトルのラベルはがし(24.5%)」、女性の1位は、「段ボールをつぶしてまとめる(30.5%)」という結果になった。

また、「パートナーに手伝ってほしいゴミの分別」について尋ねる調査が行われたところ、 男性1位は「ペットボトルのラベルはがし(22.4%)」、女性1位は「段ボールをつぶして、まとめる(50.9%)」となり、「ストレスだと感じるゴミの分別作業」と同順位となりました。男女ともにストレスに感じている分別をパートナーに手伝ってほしい傾向にあることがわかった。(グラフ 4-3)

■<5>ゴミの分別が十分にできていない理由、1位は「めんどうだから、手間がかかるから」(29.5%)

行っていないゴミの分別作業があると回答した方にその理由について尋ねる調査が行われたところ、「めんどうだから、手間がかかるから(29.5%)」という回答が1位となった。(グラフ5)

<調査概要>
調査期間:2020/04/28~29
調査方法:インターネット調査
調査対象:20~50代の男女400人
調査エリア:全国

出典元:日本コカ・コーラ株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。