人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

家事のプロに聞くアフターコロナの家事分担論「やりたくない家事は無理にやらなくてもいい」

2020.07.18

家にいる時間が増えたことで、発生する家事の量も増えている。家事代行サービス「ベアーズ」の創業者である高橋ゆきさんは、夫婦の家事分担についてどのように考えているのか?

高橋ゆきさん

家事研究家
高橋ゆきさん
ベアーズの取締役副社長。家事研究家としても活躍の幅を広げ、TBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』では、家事監修を担当した。

高橋さんの提言!

(1)家族内で家事会議を開き、家事シェアを提案
(2)家事分担決定後はそれぞれに任せて文句は言わない
(3)すべてを人でまかなう必要なし。家電、ツール、サービスを徹底活用

やりたくない家事は無理にやらなくてもいい

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の前に、全国の小中学校の臨時休校要請がありましたよね。その時、子供の面倒を見るシッターのニーズが増えると予想していましたが、実際に増えたのは圧倒的に家事代行のほうでした。そこで当社では100組限定で家事代行の無償提供を行ないましたが、特に宣伝もしていないのに、すぐに埋まったのです。それだけ皆さん、家族が家にいる時間が増えたことで、家事の負担が増えたと感じたのでしょう。

 確かに家にいる時間が長いと、部屋の汚れは加速します。よく使う部屋から汚れはじめ、移動の度にホコリが空中に舞う。それに加えていつも以上に家族の食事を作る必要があるし、洗濯物も増えますよね。私も自粛期間中は1日3回、洗濯機を回していました(笑)。

 でも、在宅勤務になったことでいいこともたくさんあると思います。まずは夫婦でお互いに家事はもとより、「こんな暮らしがしたい」という意見交換ができるようになったこと。これまではお互いに忙しすぎて、それすらも言えないケースが多かったのではないですか? だからこそ、このタイミングでまずは夫婦で話し合い、理想の暮らしに必要な家事分担について会議をしてほしい。そのうえでどちらもやりたくない家事があれば、私はやらなくていいと思います。家事代行などでアウトソーシングをすれば、できなかった自分を責めることもない。そうすることで夫婦はもっと仲良くなれるし、理想の暮らしに近づけると思います。

 会議はむしろ男性のほうが慣れているはず。旦那さんが率先して、話し合いを進めてほしいですね。

7割強の主婦が「家事の負担アップ」を実感

三日坊主防止アプリを開発するエーテンラボの調査では、76%の人が「家事が増えた」と回答。それを家事〝時間〟を増やすことで消化、「睡眠時間を削った」という人もいた!

Q. 外出自粛で家事の量はどう変化しましたか

外出自粛で家事の量はどう変化しましたか

Q. 増えた家事はどうやって消化しましたか

増えた家事はどうやって消化しましたか

出典/エーテンラボ『外出自粛要請時の家事育児』

在宅勤務時の家事分担・成功の秘訣

(1)「やりたい家事」「得意な家事」を選ぶ

家の家事全般を把握し、夫妻それぞれ「やりたい家事」「得意な家事」を話し合って役割分担を決める。お互いにやりたくない家事はアウトソーシングを考えるのも手。

「やりたい家事」「得意な家事」を選ぶ

(2)家事の出来にケチをつけない

夫が家事を〝手伝う〟のではなく、妻と〝一緒にやる〟感覚を持つ。夫婦の関係は対等なので、互いの家事について文句をつけるなどのダメ出しはしないこと。役割分担外のことについては口を出さず「あれやった?」もNG。

(3)「名もなき家事」について理解を深めよう

トイレットペーパー交換やシャンプーの詰め替えなど、日常には〝名もなき家事”が無限に存在する。誰かがやっていることを自覚し、気がついたら自分でもやる。

「名もなき家事」について理解を深めよう

(4)ゲーム感覚を取り入れて子供を巻き込んでしまおう

例えば兄弟で片づけの速さを競ったり、つまようじを渡してフローリングの目地を掃除してもらう競争など、ゲーム感覚を取り入れることで、子供も楽しく家事に参加してくれる。

(5)便利家電や代行サービスなどの助けを借りるのも手

「やりたい家事だけをやる」が高橋さんのモットー。家事のことで夫婦関係が悪くなるなら、代行サービスに頼ったり、便利な家電を使うことは贅沢ではない。家の生活が長くなる時代こそ必要な投資だ。

【 家事代行サービスでこんなことも頼める!】

・家事代行/掃除、料理、洗濯、アイロンがけ、買い物…etc.
・ハウスクリーニング/エアコン・換気扇、ワックスがけ、除菌…etc.
・料理代行/料理、作りおき、半調理、買い物…etc.
・キッズ・ベビーシッター/自宅内シッター、送迎、食事補助…etc.

[ こんなことも頼める!]
・片づけ、ベッドメイク、洗濯物たたみ、靴磨き、宿題サポート、
 ペットの世話、庭掃除、高齢者支援…etc.

取材・文/高山 惠 イラスト/藤田 翔

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。