人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「いつかやってやる!」の「いつか」は決して訪れない!?AI、BI時代の人生の決め方

2020.07.03

「21世紀は人類の歴史の中で最も大きな変化に直面する時代になるでしょう」とコンサルタントの山岸洋一さんは言う。

「未来学者のアルビン・トフラーは1980年に刊行された著書「第三の波」の中で、農耕社会への移行を第一の波、工業化社会の到来を第二の波、そして第三の波として情報と知識を中心にした社会への移行が起こることを予見しました。刊行から30年たった現在、インターネットが普及しスマートフォンやSNSの普及など、まさにトフラ―の予見は的中しています。そしてさらにはAI(人工知能)の誕生…。AIが人類の知的能力を超えてしまう「シンギュラリティ」が近い未来に訪れるのではないかという話も、まことしやかに語られる時代になりました」と山岸さん。

そんな時代の今だからこそ、あらためて考えたい「人生の決め方」とは?

「7つの習慣」のスティーブン・R・コヴィー、コーチングの神様といわれるマーシャル・ゴールドスミス、「チーズはどこへ消えた」のスペンサー・ジョンソンから直接教えを受けたコンサルタントの山岸洋一さんの「人生の決め方(総合法令出版)」より紹介する。

AI、BIにより生きるための労働からの解放

「太古の昔から、人は生きるために仕事をしてきました。しかし、AIの登場により人がいままで行っていた作業がAIに代替され、人の仕事がなくなっていきます」と山岸さん。

AIの研究を行っている米オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が発表した論文「雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか」によると、コンピューターによる自動化が進むことにより、20年後の将来には47%の仕事がなくなるという。

「これを「AIが人の仕事を奪う」と捉えるのか、「人が仕事から解放される」と考えるのかは、受け止め方の違いです」と山岸さんは続ける。

「AIが人の仕事を代替していくと、企業は人件費を払わなくてよくなります。すると先進国各国は、減った人件費分に対して、何らかの形で企業に課税するでしょう。そしてそれを原資にして、BI(ベーシック・インカム)のような制度を取り入れると予想されます。」

国民全員に生活費の給付を行い、働かなくても必要最低限度の暮らしを維持できるような社会構造に変化するのだという。

AI、BIによりチャンスの扉が閉ざされていく

「AI,BI時代が本格的に到来すると、私たちの収入源はBIが中心になります。BIにより最低限の生活は保障されますが、反対に大きく稼ぐこともできなくなる可能性もあります。いつか叶えたいと思い描いていた夢も、仕事が減り、最低限の収入だけでは、今よりずっと叶えるのが難しくなります。AI,BI時代の到来により、時間とともにチャンスの扉は閉ざされていくのです。だからこそ、チャンスの扉がまだ広く開かれている今のうちに改めて人生の決め方を振り返ってほしい。「いつかやってやる」と決断を先延ばしにしても「いつか」は決して訪れません」と山岸さんは言う。

AI、BI時代の人生の決め方

山岸さんは、理想の状態になるべく働きかけるプロセスのひとつを「イニシアティブシンキング」と呼んでいる。

「イニシアティブシンキング」で重要なのは、「時間」「コミュニケーション」「感情」。

1. 時間

時間管理をするために必要なことは「何をすべきか選択する」「成果を生まない行動を切り捨てる」など様々な方法があるが、そのうちの一つが「タイムモニタリング」。

1日のうち何をして過ごしたのかを記録する。予定ではなく、実際の行動を記録する。山岸さんは15分を一コマとして記録をしているという。記録をつけることで時間の使い方にメリハリがつくという。

2. コミュニケーション

山岸さんは人を分類するとき、4つのタイプに分類して考えるという。

・理論優勢タイプ(理論的で分析が得意)
・感情優勢タイプ(感情的で共感性が高い)
・発想優勢タイプ(発送豊かでひらめいたことをやりたい)
・ルーチン優勢タイプ(ルール通りに進めたい)

各タイプの良さを知り、タイプに合わせたコミュニケーションを図ることでコミュニケーションが円滑になり、物事がスムーズに運ぶようになるのだそう。

3. 感情のコントロール

どのような刺激に対してどのような反応をするかを自分で決めることができるようになることが大切。喜び、怒り、悲しさ、楽しさ、寂しさ、嫉妬など、感情が動かされるような様々な出来事に自分が支配されてはいけない。自分が「感情の主人」になることが大切だ。

山岸さんは上記の3つを「イニシアティブシンキングの3分野」とし、3分野に包括的に働きかけていくことが人生を成功に導くのに効果的としている。

AI、BI時代を生き抜くには

世界的名著「7つの習慣」の著者であるスティーブン・R・コヴィー博士は「最も大切なことは、最も大切なことを、最も大切にすることである」と山岸さんに伝えた。

最後に山岸さんはこう付け加えている。

「人生の成功は成果だけではありません。結果を求めることよりも、自分を知ることの方が大事です」

AI、BI時代の本格的な到来の前に、改めて自分自身の生き方を問う方法を知りたい時に、実践してみてはどうか。

【出典】
山岸洋一著
「人生の決め方(総合法令出版)」
https://www.amazon.co.jp/dp/4862807348/

取材・文/平塚千晶

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。