人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【5分でできるおつまみレシピ】鶏ささみの中華マヨ天ぷら

2020.07.05

■連載/ムッシュ・フジタの5分でできるおつまみレシピ

 今回はなかなかおつまみ偏差値が高い一品です。メニュー名の通りではあるのですが、具体的には「鶏のからあげ」「マヨネーズ」「甘辛味噌」といった飲酒欲がそそられる要素がたっぷり組み合わさったレシピ。作り方も至ってシンプルで、鶏のから揚げにいくつかの中華調味料を組み合わせさえすればしっかりと仕上がります! 最大のポイントは調味料をしっかり揃える事。普段冷蔵庫に常備してないような調味料たちですが、ぜひこの機会に買い揃えてみるのはいかがでしょうか。中華調味料を扱えるというのも、なかなかかっこいいですしね! この記事を読んで調味料の魔術師への扉を開いて頂ければと思います!

それでは作り方へ参りましょう。

用意する主な材料はコチラ!

鶏ささみの中華マヨ天ぷら

-材料-  原価
・鶏ささみ 3本 (190円)
・牛乳 100cc (20円)
・天ぷら粉 50g (20円)
・青ネギ 1/5束 (20円)
・マヨネーズ 大さじ2×2
・オイスターソース 大さじ1
・コチュジャン 大さじ1/2
・豆板醤 大さじ1/2
(材料費 約250円。調味料等は材料費に含めず)

それでは、お料理タイムアタック、スタート!

【0:00スタート】

1、青ネギを小口切りにする。

★POINT
青ネギは色みの追加の意味合いもありますが、味の添加としてもかなり効果が高いです。大葉などでも構いませんが、こういった甘辛系の味にはなにか薬味を追加するとさらに美味しくなりますよ。

【0:30経過】

2、鶏ささみの筋を取り、ひと口サイズに切って塩コショウで下味をつける。

★POINT
鶏ささみの筋は包丁の縁を当てて筋を引っ張れば抜き取れます。包丁で切るようにしてしまうと千切れてしまうので、あくまで包丁は肉を堰き止める役割として考えましょう。

【1:00経過】

3、ボールにマヨネーズ、オイスターソース、コチュジャン、豆板醤、青ネギを入れて混ぜ合わせる。

★POINT
味見をしながら好みの味に整えましょう。人それぞれに辛さの好みがあるので豆板醤だけはしっかり様子見しながら調味するといいでしょう。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。