人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外と女性に見られているヒゲの剃り残し!清潔感のある肌を生むシェービングテクニック

2020.07.04

ヒゲの剃り残しやヒゲ剃りによる肌あれは、意外に見られているもの。ここでは正しいシェービング方法から女性はどう見ているのか、スキンケアまでできる新商品もご紹介しよう。

スキンケアもできるシェーバーって?

モデル・美容研究家の有村実樹さんと元コスメ誌編集長が語る「男性美容論」とは?

近年、日本人男性の美容意識の高まりが伝えられているが、ニベア花王が日本・中国・アメリカ・イギリス・フランスの男性を対象に行なった調査でも、それを裏付けるように化粧水・ローションの使用率で日本は32%を記録。5か国中1位という結果が出ている。一方、顔色をより健康的に見せるメンズ用BBクリームも、店頭では珍しいものではなくなってきた。 というわけで、今回はスキンケアを中心とした男性美容や、さらに身だしなみ事情ついて、美容に深い知識を持つ女性による対談を企画。

【参考】https://dime.jp/genre/935827/

美容業界で話題のパナソニック「スキンケアシェーバー」をイケメン気象予報士・片岡信和さんがガチ検証!

近年、男性の美容に対する意識の高まりが指摘されているが、プラネットが実施した調査によれば(※)、「スキンケアで重視することは?」という質問に対して〝保湿〟が62.3%でトップとなり、それも2位の〝皮脂や汚れを落とす〟の38.1%を大きく上回った。 イマドキ男子にとってのスキンケアとは保湿が第一、ということなのかもしれない。それだけに先日パナソニックから発表されたスキンケアシェーバー ラムダッシュES-MT21がネットニュースなどを中心に大きな話題となったのも頷ける。

【参考】https://dime.jp/genre/921453/

ヒゲを剃りながら肌のお手入れができる話題のパナソニック「スキンケアシェーバー」の正しい使い方

男性特有の生活習慣として、日々欠かすことができないヒゲ剃り=シェービング。ヒゲは1日で約0.4mm伸びると言われており、また年齢を重ねるごとに太くなっていくという。実際、50代男性のヒゲは20代男性の約1.5倍にもなるとも言われている。 しかもヒゲは顔の部位によって生える角度が異なっており、口の周辺が約80度に対し、ノドは約15度とほぼ寝た状態。ノドに剃り残しが多いのも、そんな寝たヒゲをシェーバーの刃が捉えきれないことが、剃り残しの原因の一つだと考えられる。

【参考】https://dime.jp/genre/917532/

驚きの剃り味を実現するハイスペックシェーバー「5枚刃ラムダッシュ」を徹底解剖

多くの企業で新年度が始まって早くも10日あまり。平年であればオフィスもフレッシュマンを迎えて活気に満ちているはずだが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、現在は多くの方が在宅勤務となっている状態ではないだろうか。 先日の安倍内閣総理大臣による7都府県を対象にした「緊急事態宣言」は5月6日までの効力となっており、私たちも不要不急の外出自粛で人との接触機会を減らすなど、行動を徹底していきたい。 さて在宅勤務も1か月近くになると、懸念されるのが仕事とプライベートのスイッチの切り替え。ヤング男性向けコスメブランド「ギャツビー」を展開するマンダムが行った調査によれば、オフィス勤務時は52.0%がヒゲを剃っていたが、在宅勤務では21.7%と30ポイント以上も減少していることがわかった。

【参考】https://dime.jp/genre/892878/

外出自粛のこの時期だからこそ覚えたい!自宅で手軽にデザインヒゲ&ヘアーをカットする方法

止まらぬ新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「緊急事態宣言」が東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡などに続き、ついに全国へと拡大された。 期間は5月6日までで、これを受けて全国の大手百貨店や主要商業施設、外食チェーンなどでは休業や営業時間の短縮を実施。ただし期間の延長は十分に考えられる。 外出に関しても、安倍総理からも不要不急の外出を自粛するように再度の「要請」があった。この外出の自粛には強制力はないが、国民は対策に協力する努力義務があるので、しっかりと順守していきたい。

【参考】https://dime.jp/genre/897355/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。