人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

年収が少ない人ほど「がん保険」に加入したほうがいい理由

2020.07.02

安心して人生を送るための「保険」だが、年収が低いと思うように保険加入できない現状がある。 今回、justInCaseの「がん保険に関する調査」により、“がん保険加入率”と“年収”の関係が判明した。

がん保険の加入率、年収400万円未満は3割以下

400万円未満の加入率は29.2%、400万円以上の加入率は42.0%。年収によって12.8%のギャップが生じる結果になっている。

半数を超える55.7%が「保険料が高い」と感じる結果に。続いて、2位「安心感」52.8%、3位「手続きが面倒で煩雑」38.7%。

がん保険を検討した際の方法は「保険の営業の人に相談した」53.8%、「家族に相談した」47.2%、「インターネット検索」19.8%。「保険の営業インターネットで検討した割合は20%未満。新しい時代にも保険はまだまだアナログと言えそうだ。

ファイナンシャル・プランナー 吹田 朝子氏の見解

年収とがん保険加入率の調査結果は、実際の必要性と逆の実態を指していますね。実は、経済的な余裕の少ない方、貯蓄額が少ない方ほど、万が一のリスクに対する備えが重要です。若年層でもがんに罹患する方はある程度はいますし、特に女性は若いうちから乳がんなどの罹患率が高いため、最低限の保障でも備えておくと、安心です。

一方、万一の備えに、助け合いの仕組みの保険は効果的なのですが、保険料負担が高いと、収入の低い方にとってハードルが高くなるのも事実。生命保険や損害保険の他に、少額短期保険というカテゴリもあるので、自分のニーズやお財布に合わせて、手軽な保険を選んでうまくやりくりするのも一つの手です。

調査概要

がん保険に関する調査
調査手法:インターネット調査
調査対象:20~60歳の男女300人
調査期間:2019年12月20日

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。