人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界のバリスタチャンピオンによるドリップコーヒーの淹れ方を再現したコーヒーメーカー「iDrip」のお手並み拝見

2020.07.02

新しい生活様式。おうち時間が長くなり、外に出る機会は明らかに少なくなりました。

たまるストレス、あー、プロの淹れたおいしいコーヒー飲みたい!

そんな願いを自宅で手軽に叶えてくれるハンドドリップコーヒーメーカーが、6月30日に蔦屋家電にて発売開始!

実機を試してみました!

スマートハンドドリップコーヒーメーカー「iDrip」とは

iDrip(アイドリップ)は、 世界各国のバリスタチャンピオンによるドリップコーヒーの淹れ方を再現することができる、 スマートハンドドリップコーヒーメーカー。

iDrip本体(ブラック)

高さ48cm、直径19cmと、存在感のある美しい円柱形のコーヒーメーカーです。

特徴的なのは、こだわりの専用ドリップバッグがあること。

iDrip専用ドリップバッグは、 世界各国のバリスタチャンピオン13名が監修しています。

日本からは、PHILOCOFFEA バリスタ・焙煎士の粕谷 哲氏、CAFFE VITA オーナーバリスタの門脇 裕二氏、丸山珈琲 バリスタの鈴木 樹氏と、名だたるチャンピオンが参画しており、豆の種類や焙煎度、 豆の挽き方までの全工程を忠実に再現しています。

これらのドリップバッグにはそれぞれにバーコードがついています。

このバーコードをiDrip本体にかざすと、お湯の温度や、注ぐ位置・お湯の量・ 注ぐ速度・回数に至るまでプログラムされたレシピを読み込み、バリスタがハンドドリップで淹れた一杯、 そのままの味や香りをご自宅で楽しめるという仕組みです。

実際に淹れてみた

個人的に一番気になっていた、粕谷バリスタ監修のプレミアムコーヒーをいただいてみます。

ドリップバッグには焙煎度や味の印象が書いてあるので、味のイメージがしやすいです。

ドリップバッグを本体にセットしたら、抽出をはじめます。

本体デザインがとにかくかわいい。

操作ボタンは、レトロ感のある物理ボタン。

抽出ボタンを押すと、お湯がプログラムされた温度まで温められ、ドリップが始まります。

バリスタよろしく極細の注水ノズルがゆっくりと弧を描きます。

連動して、高級機械式時計のトゥールビヨンを模したという歯車も回転。

これが何とも美しくて癒やされます。

中央のガラス窓から回転する歯車が見えます

できあがったコーヒーがこちら。

部屋中に漂うコーヒーの香り、そしてこの色。美しい…。

おいしい!

浅煎りの軽やかなコーヒーは、フレッシュフルーツのような華やかさのあとに、優しいアフターテイスト。心が解けていきます。

私がこれまで毎日飲んでいた、気つけのようなコーヒーは何だったんだ…。

ゆったりと呼吸しながら余韻に浸る。

コーヒーってこんなに安らげるものだったんですね。

本体のお手入れも楽ちん。

抽出部が外に露出しているので、毎回本体からドリッパーを取り出して洗う必要もなく、水洗いするものと言ったら受け皿くらい。

水タンクは月一回のペースでカルキ除去すればよいそうです。

スマホ連携でコーヒーの楽しみ方が広がる

本体と「iDrip」スマホアプリを連携することによって、ドリップバッグのお気に入り登録や、購入、ドリップ記録を見ることができます。

アプリでは他にもコーヒーに関するニュースや豆知識、バリスタのストーリーも読めるので、コーヒーを飲みながら、知識を深めることもできます。

「コーヒータイムぐらい、どっぷりコーヒーに浸りたい!」そんな気持ちをサポートしてくれます。

本体に現在入っている水量もわかるので、使用前にわざわざタンクを確認する必要がないのも嬉しいです。

本体価格は11万円!コスパをどう見るか?

iDrip本体価格は、税込み11万円。

コーヒーメーカーの中では、群を抜いてハイエンドクラスです。

一瞬たじろぎますが、よく考えたらスマホと同じくらいの価格じゃないですか。

ということは、スマホくらいの利用価値があればいいというわけですね(極論)。

そこで私が感じたiDripのメリットを並べてみます。

・おうちで毎日簡単にバリスタの味が再現できる
・世界中の有名バリスタチャンピオンの監修コーヒーが飲める
・お手入れが楽

このあたりでしょうか。

ドリップバッグは、グレードが2つ。

Premiumが10個入で5,940円(税込)、Basicが10個入で3,780円(税込)で、現在は12種類展開しています。

Basicグレードのドリップパックなら一杯あたり378円。

有名バリスタの味がリーズナブルなカフェ価格です。

加えて本体代を日割りして1日100円とした場合、3年程で元がとれる計算。

…いよいよスマホと変わらないような気がしてきた…。

プロが淹れたような贅沢感を毎日味わえる。

世界旅行しなくても、世界中の有名バリスタの味が自宅で手軽に楽しめる。

そう思ったら、毎日のカフェ通いよりはコスパいいかも。

コーヒー好きの方にも、これからおいしいコーヒーと出会いたい方にも満足度の高いコーヒーメーカーと言えそうです。

【製品情報】
製品名:iDrip(アイドリップ)
本体価格:110,000円(税込)
ドリップバッグ価格(10個入):<Basic>3,780円(税込)、 <Premium>5,940円(税込)
電源:AC100V 50 60Hz 交流)
定格消費電力:1000W
水タンク容量:700ml
寸法:D190 × W190 × H480 mm
コード長さ:1.75m
重量:7.8kg
本体カラー:ブラック、 クリムゾンレッド、 シャンパンゴールド、 ブロンズブラウン、 スノーホワイト
保証期間:ご購入日より 1 年間

販売開始日:2020年6月30日(火)
販売店:二子玉川 蔦屋家電
二子玉川 蔦屋家電オンラインストア
T-SITEショッピング https://store.tsite.jp/
Yahoo!ショッピング https://shopping.geocities.jp/ftk-tsutayaelectrics/

ライター:蛯原天(フリーアナウンサー)
http://ebiharaten.com/

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。